全米オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手 初戦敗退&西岡 良仁選手 初の初戦突破

先月31(月)に開幕した、全米オープンテニス。

初日から錦織 圭選手が登場しましたが、一昨日の朝、まさかの初戦敗退のニュース。(・・;)
相手は、世界ではランキング41位でフランスのブノワ・ペル選手。
映像を見る限り、ペル選手のサービスの好調さに加えて、奇声を発して自身を奮い立たせ、
相手を威嚇し、審判に難癖付けてペースを乱したりと、良くも悪くも兎に角勝つことに
ガムシャラな様子が伝わって来たのは、私だけでしょうか?
それを受けるだけだった錦織選手、堂々と構えていれば良かったのに。
完全に気押されて、メンタルで負けてしまった気がしますね。
第4セットのタイブレークを落として、気持ちが切れたと言うコメントが、非常に残念です。
巻き返して欲しかった!(>_<)
ライバル選手達は、順調に勝ち上がっている様子です。

錦織選手のIMGアカデミーの後輩・西岡 良仁選手、予選から勝ち上がって、本大会初戦で
フランスのポール アンリ・マチュー選手に、3時間半近い激闘の末、全米オープン初勝利!(^o^)
マチュー選手は、一時世界ランキング12位まで上がったこともある選手。
33歳になり、予選会から出場とのこと。実力者を倒して、自信になるでしょう。(^^)
行けるところまで、頑張って欲しいです!!
関連記事

0 Comments

Leave a comment