陸上 世界選手権 女子マラソン 伊藤 舞選手7位入賞

世界陸上 北京大会、昨夜閉幕しました。

昨日の最終日は、早朝から女子マラソンが開催され、伊藤 舞選手が粘りの7位入賞を果たし、
リオ五輪代表が確定しました!(^o^)但し、スタート時の気温21度という涼しさで、
アフリカの選手が余力があり、最後はあっという間に置いてかれてしまいました。。(・・;)
今年のナゴヤウィメンズマラソンで優勝し、期待された新鋭・前田 彩里選手、
残念ながら終盤早くに脱落し、14位でした。

最終種目の男女別の4×400mリレーは、男子はアメリカ、女子はジャマイカが金メダル。
アメリカは、最後の最後で一矢報いました。
ちなみに、選手登場&紹介の段取りは、前日から随分良くなって、決め決めノリノリでした。(^.^)

今大会、日本には非常に厳しい結果でした。本当に来年のリオ五輪では、これより良い結果が
出せると言えない有様では?
メダルランキングトップがケニアと言うのも、時代を感じます。逆に、アメリカの勢いを感じなく
なってしまいました。
関連記事

0 Comments

Leave a comment