陸上 世界選手権 男子200m予選 サニブラウン・A・ハキーム選手鮮烈デビュー

中国・北京での世界陸上、早くも折り返しに入りかけています。

昨日は、男子200m予選が行われ、有力選手らは問題なく予選通過。
そして、日本人3選手共に予選通過となりました!(^o^)
特に、サニブラウン・A・ハキーム選手は、この種目で史上最年少の16歳での出場。
先月、コロンビアで開催されたユース五輪で100m・200mで2冠を達成!
200mは、ボルト選手が持っていた大会記録を更新するオマケ付き。
今回、この結果を受けての追加招集でした。

予選同組には、あのガトリン選手が。サニブラウン選手が大外9コースから走りこんでくるのを見て、
ゴール直前で流していたガトリン選手が焦った様子も。(^_^;)
見事2位に入り、ユース五輪でマークした自己ベストに近いタイムで予選通過!!
観客席にいた元陸上選手のサニブラウン選手のお母様、モデル並みにカッコ良い素敵な方。
予選通過に、飛び上がるほど大喜びされてました。(^^)

レース後は、各国メディアの取材が殺到!途中、ガトリン選手が「サニ、サニ!」と
サニブラウン選手を呼んで、並んで取材を受けるという信じられないシーンも。(^.^)
「アメリカでは、16歳なら車が運転出来るよ。」と冷やかしつつ、サニブラウン選手を絶賛。

準決勝では、またまたガトリン選手と同組。
ボルト選手と走るところも観たかったのですが、またのチャンスがあれば良いですね!(^o^)

一方、男子5000m予選は、箱根駅伝を賑わせた大迫 傑・村山 こう太両選手共に予選落ちとは、
非常に残念です。
関連記事

0 Comments

Leave a comment