柔道 五輪3連覇 野村 忠宏選手 40歳での現役引退表明&2015年アスタナ世界柔道選手権開幕

昨日から、カザフスタンのアスタナで開幕した、世界柔道選手権。
初日の軽量級から、金メダルを逃す結果となりました。
男子60kg級では志々目 徹選手が銅メダル、女子48kg級では浅見 八瑠奈選手が銀メダル&
近藤 亜美選手が銅メダル。中量級以上での金メダルが中々難しい中、痛いところ。
金メダル必須が当たり前の日本柔道界ら我が家の元柔道選手・えぬ夫のため息が、
また一段と大きくなりそうな。。
監督・コーチ陣は、今や30代になった金メダリスト揃いという、最強の布陣のようですが。

そして、昨日は五輪3連覇を果たした野村 忠宏選手の現役引退表明が発表されました。
ノーマークだった1996年のアトランタ五輪代表となり、いきなりの金メダル!
そして、2000年シドニー五輪・2004年アテネ五輪と金メダルを獲得し、3連覇達成!!(^o^)
しかし、その後は怪我との厳しい戦いに。
2008年北京五輪・2012年ロンドン五輪と続けて代表を逃し、満身創痍の中で現役続行。
しかし、実戦は2年ぶりにして今週末の全日本実業個人選手権が最後になるとのこと。
五輪や世界選手権の代表選考会の前には、必ず野村選手の動向がニュースになるほどでした。
今後、どのような形で柔道に関わるんでしょう?先ずは、最後まで己を貫いて頂きたいものです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment