夏の高校野球 東海大相模 45年ぶりの優勝

高校野球100年と銘打たれた、今季の高校野球。
節目を迎えて、夏の大会は様々な出来事がありました。

一昨日の準決勝は、早稲田実&関東一共に敗退。
話題のヒーロー達は徹底したマークに遭い、力を出し切れないままだった気がします。

決勝戦は、東海大相模vs仙台育英の対決。
仙台育英は、昨年秋の明治神宮大会の優勝校、片や東海大相模 は神奈川県大会決勝で
横浜に勝利し、引退を表明していた渡辺監督の最後の甲子園行きを阻止して話題となりました。

両校共に投打のバランスが良いチーム、接戦となったのも頷けます。
最後に、野球の神様は仙台育英には振り向いてくれず、またもや深紅の優勝旗は白河の関を
越えられず。東北勢初優勝は、またもお預けに。
しかし、東北勢各校の勢いを感じた大会でもありました。

熱い夏は終わりましたが、来週末からはU-18野球W杯が関西で開幕、決勝戦はナント甲子園!
昨日、メンバーが発表されましたが、夏のヒーロー達が、世界を相手に何処まで通用するか、
楽しみです!!(^o^)
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
TVで観たスポーツ・ニュース等や、趣味の音楽・美術に関するコトを書いてます。
About me
小2の頃から母の影響で
プロ野球(巨人戦しか放映
されない田舎育ち)や高校
野球を見始め、相撲好きの
祖父の影響で大相撲を
見たのがそもそもの始まり。

オリンピック・世界選手権
等、メジャーな大会は
外せません!
ほぼ全ての競技をTVや
生で観戦しちゃいます。