avatar image

ライブ6題・その3-上野 星矢フルートリサイタル@名東文化小劇場

台風11号が過ぎ去り、午前中まで雨が降ってましたが、
午後からようやく晴れてきました。今日から3連休ですが、
関西方面はJRの運転見合わせが続き、大きな影響が出てた
ようです。



さて、一昨日になりますが、昨年秋に続いて、フルーティスト・
上野 星矢氏のリサイタルに行ってきました。
残念ながら開演には間に合わず、1曲目はロビーで聴く羽目に。
自主公演ではなく、今回は名古屋市文化振興事業団の主催なので、
専門的に音楽に取り組んでいる層だけではなく、文化振興事業団の
友の会の方々等、いつもの客席とは違う雰囲気だったような。

プログラムも、自主公演よりはオリジナル作品でもポヒュラーな
作品が加わったり、CD「into Love-ポピュラーソング・カヴァーズ」
収録曲の美空 ひばりや尾崎 豊の曲などが入ったりと、広い層を狙った
選曲になってました。舞台衣装もいつもの黒一色というハードな雰囲気
ではなく、グレーのスーツにパープルのネクタイという柔らかな出で立ち。
ダマーズ「演奏会ソナタ」は、2楽章がSaxの「ヴァカンス」に雰囲気が
似てました。
フォーレ「ヴァイオリン・ソナタ」は、エスプリ満載の美しさ!
アンコールは、松任谷由実「海を見ていた午後」。

演奏は、いつものように素晴らしかったのですが、自主公演で聴いている
電気文化会館 ザ・コンサートホールの音響の良さと、どうしても
比較してしまいます。ホールの環境で、こうも違うのかと驚きました。
関連記事
Theme: ライヴレポ・感想 | Genre: 音楽

You Might Also Like

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback