女子サッカーW杯 なでしこJAPAN準優勝


楽しみにしていた、今朝の大一番。
2011年W杯•2012年ロンドン五輪に続く、3大会連続の顔合わせとなった、
今回の女子サッカーW杯決勝戦。
なでしこJAPANにとって、W杯連覇が掛かった試合でした。
スタジアムは9割以上がアメリカサポーターという、完全アウエー状態。

しかし、前半早々に思わぬ展開が。。
開始早々に、立て続けに2失点。アメリカのスピードに、守備が追い付いて
なかったような。その後の2失点は自らのミスによるもの、たった20分余りで
4失点はちょっと想像してませんでした。。
何とか2点返したものの、アメリカの追加点も加わり、2-5で敗戦、準優勝。
もっと接戦を期待してましたが、残念です。

アメリカのロイド選手のスピード・破壊力は凄まじく、日本の守備が全く対応
出来なかったのが一番の敗因でしょう。
4大会ぶりの優勝を狙う執念、ホームでは負けられないという想い、そして、
前日が建国記念日で、国内が非常に盛り上がっていた中の試合というのは
大きかったでしょうね。
澤 穂希選手と同様、アメリカのレジェンドと呼ばれるワンバック選手が、
試合終盤にピッチに入った際、キャプテンのロイド選手がキャプテンマークを
譲ったという話題がニュースなってます。
年齢的には最後のW杯、優勝を果たし、感無量だったでしょう。

しかし、日本のここまでの活躍、正直予想外でした。まさか、決勝まで進むとは。
下を向かず、堂々と帰国して欲しい!来年は、リオ五輪があります!!
宮間 あや選手は、MVP3位に当たるブロンズボールを、見事に獲得しました☆

3位決勝戦は、イングランドが勝利。対ドイツには初の快挙で、国内が大いに
盛り上がったとか。世界ランク1位のドイツは、メダル無しで終わったという現実。。

南米では、男子サッカーの南米選手権が開催されていましたが、一昨日の日本時間の深夜、
決勝戦があり、開催国のチリが初優勝・アルゼンチンが準優勝。
メッシ選手は、去年のW杯に続き、代表チームでタイトルに恵まれず、本当に不運かなと。
関連記事

0 Comments

Leave a comment