全仏オープンテニス閉幕&サッカー 欧州チャンピオンズリーグ FCバルセロナ優勝!

先月末から、一時期はかなり深夜まで観戦を頑張った全仏オープンテニス。

男子シングルは、バブリンカ選手が初優勝し、ジョコヴィッチ選手の生涯グランドスラムは、
またまたお預けに。準決勝でナダル選手を圧倒し、一時代の終わりを感じさせました。
ナダル選手の初優勝の中継は、確か観てた記憶がありますが。
しかし、同じスイスのフェデラー選手を準々決勝で、錦織 圭選手を破ったトゥンガ選手を
準決勝で圧倒したバブリンカ選手が、高速サーブに強烈なリターンで対抗し、
世界ランク1位の王者を寄せ付けなかったとのこと。
イラついたジョコヴィッチ選手が、ラケットを折るほどだったことが、決勝戦の速報として
ネットのニュースで流れてくるほどに。(^_^;)
錦織選手も、良いところまでは行き着くのですが、優勝を狙うとなると、武器になる
何かが欲しいところです。

女子シングルは、セレーナ・ウイリアムズが優勝。
姉のビーナス・ウイリアムズ選手や数々のシード選手が早々に脱落する波乱がある中、
セレーナ・ウイリアムズが順当に優勝したという感じでしょうか。

車いすテニスでは、男子シングルで国枝 慎吾選手が2連覇達成!\(^o^)/
ダブルスでも優勝して、2冠達成!!\(^o^)/\(^o^)/
女子シングルでは上地 結衣選手は残念ながらベスト4敗退、ダブルスで準優勝となりました。

いよいよ次はウインブルドン、どのような戦いになるのか楽しみです。(^o^)

そして、サッカー 欧州チャンピオンズリーグ決勝 FCバルセロナvsユベントス戦、日本時間の
日曜早朝ということで、関西サクソフォンフェスティバルの本番前の為、残念ながらTV観戦は
見送りました。
FCバルセロナの強力3トップ メッシ・ネイマール・スアレスの3選手が躍動、3-1と正に圧勝!
リーグ戦で、3選手合計122得点という破壊力は、GK・ブッフォン選手を始め、ユベントスの
ディフェンス陣でも止められなかったと。
バルセロナは、リーガ・エスパニョーラとスペイン国王杯と合わせて、3冠達成!
メッシ選手だけではない強力な攻撃陣を擁し、しばらくは黄金時代が続きそうな予感です。
関連記事

0 Comments

Leave a comment