ネパール大地震

世界の屋根と言われ、8000m級の山々がそびえるヒマラヤ山脈のお膝元のネパール中部で、
25(土)現地時間の正午前にM7.8の大地震が発生。
約80年前にも、同様な規模の地震で、1万人もの方々が亡くなったとのこと。
今回も、被害の全容が未だ明らかにならないほどの甚大な様相を見せてきました。

日が経つにつれて、次々と配信される地震発生時の映像。(゜ロ゜)
この時期はエベレスト登山のアタックに最適な時期ということで、ベースキャンプに
1000人もの登山者が滞在していたとのこと。
地震直後の大規模な雪崩がベースキャンプを襲い、多数の犠牲者が。。
中国で録音技師として長年活躍されてきた日本人男性の方が、残念ながらお亡くなりに
なったようです。中国の登山家のドキュメンタリーを撮影する為、高山病を押して
ベースキャンプに滞在されていたとのことでした。
雪崩の映像をニュースで観ましたが、凄まじい破壊力に絶句。。((((;゚Д゚)))))))

ネパールの首都・カトマンズ辺りは映像が届くものの、ヘリコプターでしか行けない
ような山岳集落が多数あり、携帯電話の電波が届かない地域や、徒歩でしか辿り着けない
地域もあり、被害の全容すら解明出来ないようです。
被害は中国・インド国境にも及び、被災者は800万人という本当に多数の方々が今日も余震に
怯えて生活しているのかと思うと、胸が痛みます。

日本からも救援隊が派遣され、自衛隊派遣も検討されているようですが、地震発生から
3日以上が経過してしまい、生存者が見付かるかどうか。。(+_+)
昨夜は、80時間ぶりに救出された男性がいたというニュースが報道されてましたが、
そろそろ厳しくなってきそうな状況では?
とにかく人手が足りないのではと思いきや、ネパール政府は海外からの受け入れを
中止するとのニュースが。一方で、物資が全く届かないという悲痛なエリアがある
という報道があり、政府が事態を本当に把握出来ているのかどうか。

昨夜、アルピニスト・野口 健氏のTwitterの書き込みを見ましたが、偶然にも現地に滞在中
とのこと。地震発生前までは、緑化プロジェクト等の打ち合わせの話等が多数書き込まれて
いました。今年のエベレストは、例年より雪が多かったとも。
ご本人は無事で、地震発生後は様々な地域へ状況確認に出向かれている様子。
今回の地震に対する基金も設立されたようなので、是非寄付を検討したいと思います。
こちらから
関連記事

0 Comments

Leave a comment