2018年サッカーW杯ロシア大会 アジア2次予選組み合わせ決定

昨日、マレーシアのクアラルンプールで、サッカーW杯ロシア大会のアジア2次予選の
抽選会があり、組み合わせ決定しました。※こちらから。

日本はグループEに入り、アフガニスタン・カンボジア・シンガポール・シリア
との戦いに。シリア代表、活動してたんですね。。となると、最大のライバルは、
やはりシリアでしょう。がしかし、戦っていない相手にも要注意。
アジア大会やW杯予選では、これまで何度も手こずってる訳ですから。

他の強豪国では、UAE・サウジアラビアがグループA、オーストラリア・ヨルダンが
グループB、カタール・中国がグループC、イラン・インド・オマーンがグループD、
イラク・タイ・ベトナムがグループF、韓国・クウェート・レバノンがグループG、
ウズベキスタン・北朝鮮・バーレーンがグループHと、楽な組は1つもないという様相。

ダークホースは、意外にインドやベトナム辺りだったり。
奇跡の1次予選通過?!とニュースになったブータンは、グループCへ。
この組、実は香港も入ってたりします。

日本は監督の交代により、代表の顔ぶれはどのようになり、どういう戦い方になるのか。
関連記事

0 Comments

Leave a comment