ラグビーW杯2019年 日本大会 開催地決定


一昨日の夜から昨日の朝に掛けて、ローカルニュースでも大きく取り上げられた
ラグビーW杯 開催地決定のニュース。愛知県・豊田市は、見事に当選となったようで、
関係者の皆様には、お祝いを申し上げたいと思います!写真は、昨日の朝日新聞 朝刊から。
流石は、トヨタグループでトヨタ自動車と豊田自動織機の2チームを抱えるだけはあります。
もちろん、自治体や企業体の資金力を当てにされているのも大きいとは思いますが。(^_^;)

東京都の新国立競技場、高校ラグビーの聖地・花園ラグビー場の拠点となる大阪府・
東大阪市や、神戸製鋼の地元の神戸市、旧・新日鉄釜石が存在した宮城県釜石市も選出。
他、札幌市、埼玉県・熊谷市、神奈川県・横浜市、静岡県、福岡市、熊本県・熊本市、大分県と、
ラグビーの強豪エリアや、競技場施設が充実しているエリアが順当に選ばれたという印象。
中・四国・北陸地方からはゼロというのが、競技人口等の地域性を表している気がします。

とは言え、一般の国民にこの大会が知られているかと言えば、疑問符が多数。
東京五輪のプレ大会的イベントになるのは間違いないのですが、これからの課題ですね。

ちなみに、東海エリアのもう1つの大きなニュースが、百貨店の売上ランキングの
首位交代・松坂屋→JR名古屋高島屋でした。JR名古屋高島屋開業15年での快挙、
これも時代の流れでしょうか。
関連記事

0 Comments

Leave a comment