ライブ10題・その6-SAXIDENT!!VOL.7~愛知県立芸術大学サクソフォーン専攻生による~@東文化小劇場






今週末から、月内にあと5つの演奏会に出掛け済&予定です。
急ぎ、順次アップして行きたいと思います。(^_^;)

先週金曜日は、愛知県立芸術大学 Sax科の演奏会へ。
今年は、東文化小劇場というナゴヤドームにほぼ隣接している名古屋市東区の
市の施設内にあるホールが会場でした。 勤務先から割と近いからと余裕で
仕事してましたが、気が付けば18時半に勤務先を出てしまいました。
慌てて向かったものの、結局到着したら1曲目のチューニングが始まってしまい、
例年同様に1曲目はロビーで聴くことに。(+_+)

2曲目から、ホール内へ。
特に、リュエフを取り上げた2・3年生カルテットは、1~3・6楽章の4楽章を演奏。
色彩や緩急をも感じる見事な演奏だっただけに、全曲聴いてみたかったですねー!
後半2曲は、毎年恒例の作曲専攻生から募集した中からの作品。
テーマは、学生らしく個人的な経験・想いを元にした作品でしたが、曲の構成・
モチーフがしっかりしていて、例年以上に聴き応えありました。(^.^)
ちなみに、2作品共に女子学生さんでした。

ラストは、学生6名+非常勤講師・田中 靖人氏を交え、7重奏でのガーシュイン
「パリのアメリカ人」、これも毎年お馴染みになりつつある作曲科卒業生・
平岡 聖さんによるアレンジで。
各ソロはもちろん、指揮者無しでも完璧にバチッと合わせられるところが流石!(゜ロ゜)
アレンジも考え抜かれてて、素敵でした!!と言うか、吹いてみたい♪

終演後のロビーは、大学関係者や出演学生さんの保護者・お知り合いで一杯。
挨拶するにも、一苦労でした。(^_^;)
記念写真は、間もなく卒業となる4年生の細川 玲朱さんと一緒に。(^.^)
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
TVで観たスポーツ・ニュース等や、趣味の音楽・美術に関するコトを書いてます。
About me
小2の頃から母の影響で
プロ野球(巨人戦しか放映
されない田舎育ち)や高校
野球を見始め、相撲好きの
祖父の影響で大相撲を
見たのがそもそもの始まり。

オリンピック・世界選手権
等、メジャーな大会は
外せません!
ほぼ全ての競技をTVや
生で観戦しちゃいます。