ライブ10題・その1-トルヴェール・カルテット with 小柳 美奈子~ドルチェ・スペシャル・コンサート@ドルチェ・アーティストサロン Nagoya





2月も気が付けば6日目、明日はもう最初の週末です。早いなぁ。(+_+)


さて、一昨日は去年から待ちに待った!TQのリサイタルに行ってきました!\(^o^)/
私が申し込んだ時点で、既に70席が埋まり、その後あっという間に完売したらしいです。
ドルチェ楽器さんへのチケット予約は、とにかく先ずはメールが良いですよー。(~_~)
良い席を確保しようと急ぎ勤務先を退社し、開場ギリギリに到着、ホール真ん中より
後ろの下手側の席を何とか確保出来ました。到着した時には、既にかなりの行列で。

何と言っても、長生 淳氏編曲・トルヴェールの「四季」の再演と判れば行くしかない!(^.^)
最初の名古屋生活をしていた1998年3月、近鉄特急に乗り、奈良県橿原市まで出掛けて、
この曲を聴きました。TQのリサイタルでも、「四季」を演奏したのは4公演目だったとか。
※詳細は、こちらから。
演奏途中、寸劇風な?メンバー同士のやり取りがあったりと、爆笑しながら聴いた記憶が。
当時、TQメンバーは30代半ば、エネルギッシュな演奏を聴かせていただきました。

あれから17年もの年月が流れ、TQメンバーは50代に。
流石に、以前のように勢いで演奏するという様相ではなく、演奏後はふぅーという
大きなため息が聴こえる程でしたが(^_^;)、それ以上に最高峰のテクニック・
アンサンブルを聴かせていただきました!(^o^)
冒頭には、真島 俊夫氏編曲の「マイ・フェイバリット・シングス」の演奏も。
アンコールは最新CD「With You」から、佐橋 俊彦氏のCDタイトル曲。
終演後のサイン会も、長蛇の列に。私は、写真の2枚のCDにサインをいただきました。

TQは、再来年で結成30周年とのこと。記念リサイタルがどのような内容になるか、
今から非常に楽しみです♪
関連記事

0 Comments

Leave a comment