20年目の1.17

この日が、とうとう20年目を迎えました。

今、えぬ夫実家に帰省する度に神戸市内を通過する為、阪神高速から街並みを
眺めることが出来ます。しかし、道路や建物は新しく変わって行っても、
亡くなった方々は戻ってくる訳ではない。大事な人を失った、辛く深い悲しみを
抱えたまま、これまでの20年を過ごされて来られたんだと、新聞・TV・ネットの
記事を読んで、改めて感じました。

今朝、Yahoo!JAPANのトップページには、当時の写真と共に、今後の教訓として
備えるべきことを提示していました。今住んでいるエリアは、南海トラフ地震が
そう遠くない時期に来ると言われています。
地震だけではなく、あらゆる災害に対して、より敏感にならなければと思います。
関連記事

0 Comments

Leave a comment