プロ野球 ドラフト会議2014

昨日の夕方から夜に掛けて開催された、今年のドラフト会議。
マスコミは、目玉選手がいないと書き立てましたが、いやはや甲子園に出場経験の無い
無名の高校生から、即戦力の社会人・大学野球の選手達まで、楽しみな選手が
多数いるじゃないですか! スカウトの方々は、色々な情報を元に全国各地の学校・企業や、
試合を観戦に歩いていると聞きますが、ホント凄いですねー。※こちらから

個人的に注目したのは、京都大学 野球部・田中 英祐投手。
千葉ロッテが2位指名し、京大初のプロ野球選手誕生となりました!
実は、えぬ夫と同じ出身地。このエリアの有名私立中高一貫進学校から、京大へ現役合格。
万が一ドラフトに掛からなければ、一流商社からの内定も取得していたとか。
企業人の道を蹴ってのプロ入り、伊東監督の元で大化けするでしょうか?

他、注目選手は、何故かパ・リーグに集中しちゃいましたね。(^_^;)
中日は即戦力の社会人・大学生、育成枠で高校生という、チームの実情を反映した人選に。

晴れて入団となっても、10年後に残る選手は3分の1という、厳しい世界。
どの選手にも、1軍の晴れ舞台に立てるよう、幸あれと願うばかりです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment