御嶽山噴火

名古屋から、直線距離で僅かに100km超しか離れていない岐阜県・長野県境にある御嶽山が、
27(土)昼間に突然噴火したというニュース。
麓には、温泉・キャンプ場・スキー場が点在し、今年の2月に行ってきたばかりの
岐阜県・下呂温泉も近隣に存在します。

紅葉シーズンに入り、東海地区を中心として各地から多数の登山者が集まり、頂上付近で
お昼時という事で昼食を取るなど、その雄大な風景を堪能していた矢先の出来事でした。
前触れ無く、まるで突然牙を向くかのうよう。
ニュース記事を読む限り、爆風により火口近くにいた方々はかなり厳しい状況、
登山・下山途中の方々でも、一瞬の運・不運で生死を分けたと言えるのでは?
生還出来た方々でさえ、死を覚悟したという地獄。(;´д`)
ニュースを見る限り、その猛威は想像を遥かに超えていました。。。(;゜0゜)
2次災害を避ける為、捜索活動は難航を極めている様子。
山頂に、あと何人残されているかも、はっきりとは確認出来ていないようです。

奇しくも、28(日)には先月末の広島の土石流被害に遭われた方々の四十九日の法要が
行われたという今朝の朝刊記事を読みました。
天災侮るなかれということを、改めて実感する次第です。(>_<)
関連記事

0 Comments

Leave a comment