FC2ブログ

第31回管打楽器コンクール Sax部門 本選結果

えぬ(別HN・京青)

今週の月曜日から1次予選がスタートした、管打楽器コンクールのSax部門。
3日間で約320人の方々が参加し、10分の1の約40人に絞られ、2次予選の課題曲審査で更に半分に、
自由曲審査で5人の方々が本選に進出されました。
※1次予選の結果はこちらから、2次予選課題曲審査の結果はこちらから。

公式HPには、夕方17時頃にようやくアップされ、結果を知ることが出来ました! ※こちらから。
1位は、今年東京芸術大学を卒業されたばかりの中島 諒さん。
中学時代からSax協会のジュニアコンクールに出場し、奨励賞を受賞されていたので、
お名前だけはかなり前から知っていました。なので、ついに!という感じです。\(^o^)/
2位は、先月タイで開催されたジャン=マリー・ロンデックス 国際サクソフォンコンクールで、
日本人初の1位となった東京芸術大学 大学院生の松下 洋さん、管打コンでも入賞とは流石!(^^)d
3位は、洗足学園音楽大学 4年生の齊藤 健太さん。
一昨年聴講に行ったYAMAHA浜松国際管楽器アカデミーの須川先生クラスで、初めてお目に掛かり、
レッスンも聴講させていただきました。現役音大 学部生で唯一の入賞、素晴らしいです!(^o^)
入選は、東京芸術大学 1年生の住谷 美帆さん&同じく東京芸術大学 大学院生の竹田 歌穂さん。
女性の1位はまたならずというところでしたが、前回に続いて女性が2人も本選に残られたので、
次回はこそは!?(^.^)

残念ながら、このコンクールで結果が思うように出せず・・・という書き込みをSNSで
多数お見掛けしましたが、コンクールだけが全てでは無いでしょうし、信じる音楽の道を
各々進んでいただきたいと思います!(^_^)

それにしても、海外のコンクールのように、映像配信ってしてくれないのかなーと思ってるのは、
私だけではないと思うのですが。。

そして、秋はいよいよベルギーのディナンで開催されるアドルフ・サックス国際コンクール2014。
今年に入り、国際コンクールで日本人1位が続いていますが、ディナンではどうなるんでしょうか?
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply