夏の高校野球 北信越勢席巻

台風11号の影響で、2日遅れの開幕となった今年の夏の高校野球。
大会は、既に中盤戦に入っています。

今大会、北信越地区5校が、史上初の全校初戦勝ち・4校が3回戦に進出という、
台風の目になっています。特に、石川・星稜は、県大会決勝を大逆転勝利して
話題となったのは記憶に新しいところ。
このまま、決勝進出となる学校は出てくるでしょうか?

残念ながら、地元・開星は大阪桐蔭に初戦で力負け。
都合で、中継を観られなかったのですが、序盤はリードしてたんだとか。
その勢いで、番狂わせを演じて欲しかったなぁ。(^_^;)
東海勢は、3校共に初戦勝ち。2回戦では、ナント三重vs大垣日大という
組み合わせになり、三重が3回戦に進みました。東邦は、残念ながら2回戦敗退に。
今回出場3校の中で、同じ少年野球チームに所属したメンバーが其々の学校に
所属していることが、朝日新聞 朝刊で紹介されていました。
学校が違っても、一緒に甲子園へという夢を果たせるなんて本当に凄いです!
関連記事

0 Comments

Leave a comment