FC2ブログ

名古屋城 本丸御殿見学

えぬ(別HN・京青)











夏休み初日。台風11号の影響で、名古屋市内も朝から雨が降り続き、夕方以降は
場所によっては段々と雨足が強くなりました。

そんな中、昼前から外出し、所属バンドのホルン吹き・M谷さんがお勤めされている
名古屋城へ。M谷さんは、正門横にある総合案内所に勤務していらっしゃいます。
いつもイベントを絡めたチケットを頂きながら、中々予定が合わなかったのですが、
今回の休みに思い切って出掛けてきました。(^.^)

いつもなら、名古屋おもてなし武将隊のメンバーが昼前から演舞を披露し、かなりの数の
女性ファンが城内に殺到するようですが、今日は演舞は中止。
武将隊のメンバーが甲冑ではなく着物姿で交代で歩いていましたが、偶然にもセンターを
務める織田 信長殿をお見掛けしました。(^^)v

今回の一番の目的は、本丸御殿の見学でした。
現在、名古屋市が管理している名古屋城。終戦直前の1945年5月14日、アメリカ軍からの
空襲被害により、名古屋城の天守閣・本丸御殿は全焼しましたが、戦前に実測された
設計図・写真・襖絵・障壁画・砥石等は事前に疎開保管がされていて、これらの資料を元に、
約20年前から準備が進めてきたんだそうです。そして、昨年5月に第1期工事が終了・完成、
一般公開が始まりました。当初は、物凄い人数が入場待ちをしているとニュースで
報道されていたものですが、今日は待ち時間無しで入れました。

応接間として利用された玄関は、見事な虎のが描かれた狩野派の襖絵の復刻作品が。
表書院には、四季の絵が4つの部屋毎に描かれていました。
本当に、絢爛豪華という言葉がピッタリ。現在公開されているスペースは1000㎡ですが、
完成すればナント3000㎡!にも及ぶ壮大な御殿が観られるとのこと。(+_+)
完成まであと4年、第2期は2016年・第3期は2018年に完成予定のようです。
普段なら、工事の様子が見学出来るようですが、残念ながらこの悪天候で叶わず、
代わりに工事に関する材料や宮大工の皆さんが使用する道具等が展示されたコーナーへ。

その後、天守閣にも登ってきました。実は、前回名古屋に住んでいた約15年前以来。
当時は、私の両親が旅行にやって来て、一緒に登りました。
7階の頂上はガラス張りになっていて、直接外気に触れることは出来なくなっています。
天気がこんな状態なので、残念ながら遠方の風景を見渡すことは叶いませんでしたが、
天気が良ければ岐阜城・犬山城辺りや、遠くの山々も眺められるようです。

普段は名古屋城の周囲をランニングすることが多いのですが、改めて広大な敷地を
眺めてみて、徳川御三家と言われた尾張徳川藩の力をヒシヒシと感じました。
そう言えば、近隣の徳川園や徳川美術館には未だ一度も行けてないので、
近日行ってみたいと思います。
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply