プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

【追記あり】サッカーW杯ブラジル大会 6大会・24年ぶりのドイツ優勝

今朝は、何とか4時前に起床。本番翌日でしたが、よくぞ起きれた。(^_^;)


今大会最後の選手入場から国歌斉唱を見届け、いよいよW杯トロフィを賭けた戦いが開幕。
劣勢と言われたアルゼンチン、何度も先制のチャンスがありましたが、何故かドイツの
GK・ノイアー選手と1対1になるとシュートを外しちゃうのは、どうしてだったんでしょう。。
互いに牽制し合いつつ、拮抗した90分が過ぎ、延長戦へ突入。

後半中盤、カウンターでドイツの22歳・ゲッツェ選手がゴール!(^o^)
盛り上がるスタンドのドイツ・サポーター!!
対照的に、 沈み込んだ大勢のアルゼンチン・サポーター。

アディショナルタイムで、アルゼンチンのFKのチャンスがありましたが、シュートを
打ったメッシ選手のボールは、無情にも浮き上がって、ゴールの遥か上に。
そのままホイッスルが鳴り響き、ドイツ優勝の時を告げました。
歓喜のドイツ選手&サポーター、涙のアルゼンチン選手&サポーター。
優勝だけを夢見て戦ってる訳ですから、目の前にあるチャンスがモノに出来なかったという
悔しさを噛み締めているアルゼンチン選手達が印象的でした。

そして、表彰式。個人賞は、ゴールデングローブ賞に、ドイツGK・ノイアー選手、
得点王は、コロンビアのロドリゲス選手、MVPはアルゼンチンのメッシ選手に。
その後、アルゼンチン選手にシルバーメダルの贈呈後、ドイツ選手へゴールドメダルと
黄金のトロフィが!それぞれの選手達が、高々と掲げる誇らしげな姿。
優勝は24年ぶりということですが、ベルリンの壁が破られて25年、東西ドイツ合併後の初快挙。
そして、北中南アメリカ大陸での大会で、欧州勢初優勝という異例尽くし。
様々な出来事が絡んだ、快挙とも言えます。

今回、中継はNHKだったので、解説は岡田 武史氏でしたが、ドイツ低迷期からの
復活へ向けた選手強化についての話を詳しく解説していました。
あのまま日本代表監督を続投していたら、どういう結果になったのかなと思わずに
いられなかったのは、私だけでしょうか。。

前日に開催された3位決定戦は、3-0でオランダが完勝。
ブラジルは、攻守共に精細に欠けており、スタンドからはブーイングの嵐。
最後まで観戦せず、帰宅するブラジル・サポーターがいた程。
自国開催が、こんなに後味の悪い結末になるなんて。
オランダは優勝出来なかったものの、選手達は一様にホッとした表情に。
インタビューでは、ロッベン選手が決勝に出られないことを、盛んに悔しそうに
話す様子が印象的でした。

次は、2018年ロシア大会。今日の決勝では、スタンドにプーチン大統領の姿がありました。
日本代表はがこの大会に参加出来るよう、祈るのみです。
関連記事

テーマ : FIFAワールドカップ - ジャンル : スポーツ

<< ライブ6題・その3-名古屋音楽大学 第36回定期演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール | ホーム | ご来場ありがとうございました >>


コメント

>アジシオ次郎さん

只今、TBSのハイライト番組を観ています。

いやー、アルゼンチンは勿体なかったですね!優勝が、片手に架かってましたが。。

ブラジルの結果は、悲惨と言うには、あまりに簡単過ぎる一言のような気がします。

日本代表は、誰が監督になるんでしょう?新たに海外に羽ばたくのは、柿谷だけですよね。。

 こんにちは。

 ドイツの優勝で幕を閉じたブラジルワールドカップ、ヨーロッパ勢が初めてアメリカ大陸で開催された大会を制し、ドイツとしては東西再統一後初の優勝、2つの初づくしだったことは快挙ですね。
 敗れたアルゼンチン、メッシはマラドーナと肩を並べられなかったが、これが現実です・・・。

 ブラジルに関してですが、3位決定戦でも惨めな結果には目を覆いたくなりますね・・・。ネイマールに依存し続けてああなった感じだ。これは本田に依存し続けた日本も同じだが。本来香川や柿谷も軸とならねばならないのに、なぜ本田に固執したのか? です。

 この話題ですが、私のブログでも取り扱ってますので是非身に来て下さいませ。 → http://deskou.blog87.fc2.com/blog-entry-4208.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP