サッカーW杯ブラジル大会 G組・ドイツvsポルトガル戦

気が付けば、今月も折り返し。あっという間に、2014年が半分終わろうとしますね。

さて、昨日は18時半前勤務先を出たので、そのままジムを拠点に名古屋城ランを
目論んでましたが、ナント!肝心のシューズを忘れてしまいました。。(>_<)
やむ無く帰宅して、自宅近所をランニング。
大阪マラソンに向けて、更に定期的な練習が 必要ですが、まずは練習の習慣付けと
月間走行距離・100kmを目指します!


深夜25時からは、サッカーW杯のドイツvsポルトガル戦を観戦。
強豪ドイツと、クリスチャーノ・ロナウド選手のポルトガルとのマッチアップ、
楽しみな対戦の1つでした。
がしかし、試合はドイツの圧倒的な攻守の切替の上手さが目立ち、4-0と大差で完封勝利。
ミュラー選手が3得点に絡み、ハットトリックを達成し、マン・オブ・ザ・マッチも獲得。
えぬ夫が前半まで一緒に観戦してましたが、ドイツの選手達は、常に動き回って、
何をしなければならないかを解っているし、残念ながら日本代表とはレベルが違い過ぎると。
FIFAのデータを見ると、ドイツはポルトガルより、パスの回数だけでも100は違うという
数字にも表れていました。

ポルトガルは、ロナウド選手までボールが供給出来ず、孤立することがしばしば。
ロナウド選手自身が、怪我で調子が今一つということもあり、シュートを打っても
FKを打っても、枠を捉えきれず。
途中、怪我で2選手が交代・1選手が退場という、ポルトガルにとってマイナスな面しか
目立たなかった、残念な試合でした。

この組は、ガーナ・アメリカが控え、ポルトガルに取って難しい試合になっていくことは
間違いなし。アメリカは、ドイツの名選手だったクリンスマン氏が監督なんですよね。(^.^)

昨日の日本時間7時から試合開始となった、F組のアルゼンチンvsボスニア・
ヘルツェゴビナ戦は、2-1でアルゼンチンが勝利。 メッシ選手が、ようやくW杯初得点を
挙げたとのこと、これからエンジンが掛かってくるでしょうか?
関連記事

0 Comments

Leave a comment