シャガール展@愛知県美術館




やっと!、GWに突入しました~。\(^o^)/

初日の今日は、所属バンドで7月に開催予定のサマーコンサートのの宣伝活動の為、
愛知県芸術劇場コンサートホールで開催された、名古屋市内・近郊5校の高校吹奏楽部
合同演奏会のプログラムへ、昼前からチラシの挟み込み作業に出掛けました。

午後は、同じ建物内にある愛知県美術館で開催中のシャガール展へ。
シャガールと言えば、男女の愛を描いた作品を主に思い浮かべますが、今回は日本未公開作品
250点を含め、後期のモニュメント的な作品を集めた内容でした。
パリ・オペラ座の天井画の下絵の数々、バレエ「ダフニスとクロエ」の舞台美術・衣装の下絵や
本物の衣装の展示、ユダヤ人のシャガールが必然とした旧約聖書をテーマに描かれた作品の数々に、
ステンドグラス・陶器・彫刻作品と、本当に見処満載。
こんな作品があったのか!と、驚きの連続でしたね。いやはや、貴重な作品の数々ばかり。。
途中には、シャガールが製作したステンドグラスやモザイク画を映像で見せる試みも。
BGMには、ラヴェルの「マ・メール・ロワ」「亡き王女のためのパヴァーヌ」が流れていました。
一昨日鑑賞した松坂屋美術館のシャガール展では、タピスリー作品が非常に印象的でしたが、
今回も非常に興味深いものでした。

今回の巡回展、昨年春から札幌市→仙台市→広島市→静岡市と回り、ここ名古屋市が最後。
何故か関東・関西エリアで開催されていないのが、かえって面白いかも?
6/8(日)までですから、まだまだ間に合いますよ!(^.^)

その後、ジムでトレーニングし、名古屋城を1周だけ走ってきました。
夕焼けに映える名古屋城が、とても美しかったです☆
関連記事

0 Comments

Leave a comment