プロ野球 首位戦線大異変!

慌ただしかった4月も、今日でようやくおしまい。いやー、本当に大変な1ヶ月でした。。(ーー;)


今月、スポーツ関係で振り返るべきことと言えば、やはりプロ野球でしょうか?
セ・リーグ首位が広島&追う阪神、パ・リーグも首位がオリックス&追うソフトバンクという
両リーグ 西日本のチームが2強。(^.^) 投打共に、充実してることが共通点ですね。

広島は1990年代前半まで投手王国と呼ばれ、常に優勝争いに絡んでいました。
しかし、世代交代に失敗、FAで主力選手は流出し、資金的に大型補強も出来ず、
長らく低迷してきました。しかし、自前で若手を育て、年々順位を上げて、昨年度は
久々のAクラス入り。そして、今年は優勝争いに絡もうかという勢いです。
阪神も打線の勢いが止まらず、ゲーム差無しで肉薄中。
昨年のチャンピオンの巨人は、中々調子が上がらず、好不調の波が大きいような。
残念ながら、現在の居住地・中日も相変わらず低迷中。。

オリックスも、20年近く優勝争いから遠ざかり、監督は頻繁に交代・下位に低迷を続けました。
しかし、いきなり4月で18勝!イチロー選手が大ブレイクした、1996年以来の勢いを感じます。
ソフトバンクは、大型補強で優勝候補筆頭でしたが、さてどうなる?
昨年のチャンピオン・楽天は、打線の大幅入れ替え等で苦しんでます。
マー君がいなくなった穴は、やはり大きすぎるんでしょう。
そのマー君は、MLBでも無敗伝説継続中。しかも、あのヤンキースでというのが凄すぎ。(;゜0゜)
関連記事

0 Comments

Leave a comment