FC2ブログ

ライブ7題・その7-須川 展也 デビュー30周年記念コンサート 東京公演@東京文化会館 大ホール

えぬ(別HN・京青)










今日の上京目的は、須川 展也先生のデビュー30周年記念コンサートを聴く為でした。

せっかく上野の森に行くのならと、朝は平日と変わらない時間に起床し、10時過ぎには
東京駅へ到着・上野へ移動し、東京国立博物館で開催中の特別展・キトラ古墳壁画を
鑑賞しようと並んでみました。がしかし、予想以上の人出に2時間近く経っても
入館出来そうになく、演奏会の開演が迫ってきたので、入館出来そうな寸前で泣く泣く
諦めました。。(T_T)

そのまま徒歩数分で、東京文化会館へ移動。既に開場中で、沢山の人でごった返していました。
でも、意外にお知り合いな皆様等には、意外にサクサク会えちゃうのが不思議。(^_^;)
今日の演奏会のチケットは完売し、泣く泣く諦めたというお知り合いな皆様が多数いたことを、
今日になって知りました。。

演奏会は、様々な形態での演奏が盛り沢山。
須川先生のキャリアを凝縮したような、豪華なプログラムでした。
ジョン・マッキーのコンチェルトは、もう圧巻の一言で!(゜ロ゜)
Sax界のここまでの歩みを考えたら、須川先生の功績というのは、様々な意味で計りしれません。
30周年、本当におめでとうございます☆

須川先生のことを初めて知ったのは、1984年の中3の時に開催された管打楽器コンクールの記事を、
バンドジャーナルで見た時でした。
その後、1988年の大学1回生の時に川崎市で開催されたワールドサクソフォンコングレスで
初めて生演奏を聴き、翌年の冬に大阪で初開催されたリサイタルを聴きに出掛けました。
そして、1991年の大学4回生のヤマハ八ヶ岳サクソフォンセミナーで、レッスンをしていただく
機会にも恵まれました。あれからもう20年以上経つのかと思うと感慨深く、社会人になっても
Saxを続けていく力になった1つだということは、間違いありません。

帰りは18時台の新幹線で帰宅しましたが、その前にJR上野駅構内のカフェで、
Sax吹き仲間・ばーばるさんら数人の方々とお茶をしつつ、余韻に浸って話も色々弾んで♪
あ、須川先生の自伝本は、帰りの新幹線内で殆ど読んじゃいました。(^.^)
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply