春のセンバツ 龍谷大平安高校 初優勝&伏兵・豊川高校 ベスト4敗退

 今年の選抜高校野球、残念ながら一度もTV観戦しませんでした。
今日は、休みだったんですが、色々出掛けてしまい。(^_^;)


 優勝候補が早々に敗退する中、異彩を放った豊川高校
昨年のB-1グランプリ開催地として、地名が全国区になったばかり。
まさかこの高校が?と私が思うくらい、高校駅伝では超有名ですが、甲子園に出るイメージが
正直全くありませんでした。しかし、初戦で優勝候補の一角だった新潟の日本文理高校を撃破。
2回戦は徳島の池田高校を、ベスト8では昨秋の神宮大会 優勝の沖縄尚学高校を粉砕。
ベスト4では、残念ながら2番手で登板したエース・田中 空良投手の故障が災いし、
残念ながらここまで。 しかし、夏に戻ってくると甲子園の土は持ち帰らなかったとか。
主将でキャッチャー・氷見 泰介選手の研究・分析力もあり、次々と強豪を撃破する様は、
勢いのある若さを感じました。選手自身が、一番ビックリしてたのでは?

 今日の決勝戦、大阪の履正社高校と京都の龍谷大平安高校という京阪対決に。
前者は高校野球ではまだ新参、後者は春夏出場回数最多70回を誇る古豪。
結果、龍谷大平安高校がセンバツでは初優勝!夏を通じて、ナント58年ぶりの優勝。
京都からの優勝は、66年ぶり2回目とか。
ネットの記事を読む限り、龍谷大平安高校の方が優勝への執念が強かったのかなと感じました。
ちなみに、応援団賞は鹿児島の大島高校に決まったとか。

今大会、意外な学校が勝ち上がり、また勢力図が変わりそうな様相。
夏の大会が、楽しみです。(^.^)
関連記事

Comments 0

Leave a reply

About this site
TVで観たスポーツ・ニュース等や、趣味の音楽・美術に関するコトを書いてます。
About me
小2の頃から母の影響で
プロ野球(巨人戦しか放映
されない田舎育ち)や高校
野球を見始め、相撲好きの
祖父の影響で大相撲を
見たのがそもそもの始まり。

オリンピック・世界選手権
等、メジャーな大会は
外せません!
ほぼ全ての競技をTVや
生で観戦しちゃいます。