フリースタイルスキー 全日本選手権 女子モーグル 上村 愛子選手優勝&現役引退

1998年の長野五輪では、まだ17歳だった上村 愛子選手。
初出場ながら初入賞した結果に加え、愛子スマイルと表された美しさでたちまち人気者に。

以来、ソルトレーク・トリノ・バンクーバー・ソチと、5大会連続出場&5大会連続入賞は、
夏冬五輪を通じて男子選手でも、沢山はいないはず。
五輪のメダルを、1度でも取れていたならば、もしかしたらこんなに長いキャリアと
ならなかったのでは?

幾多の試練を乗り越えながら常にトップを走り続けてきましたが、とうとう今日で最後の日を迎え、
しかも地元・長野県白馬村で優勝して終えられるという最高の形!

これからは、ソチ五輪前に現役引退を表明した夫でアルペンスキーの元選手・皆川 健太郎氏と、
ゆっくりした時間を過ごしていただきたいですね。長らくお疲れ様でした、と言いたいです。(^.^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment