2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.02.14 (Fri)

ソチ五輪 フィギュアスケート 男子ショートプログラム 羽生 結弦選手 世界最高得点で首位に!


ソチ五輪も、いよいよ折り返しに差し掛かってきました。
写真は、昨日のニッカンスポーツの朝刊一面。歓喜の瞬間が、今更ながら思い出されるような。

さて、昨夜から今日の明け方までは、フィギュアスケート 男子ショートプログラムに釘付け。
終わった時には、明け方4時半近く。(^_^;)2時間程寝て、会社に行きました。

前半の山場は、ロシアのプルシェンコ選手。
がしかし、登場早々から表情が固く、6分間練習でも、全くジャンプが飛べない。(((・・;)
結局、演技開始前にジャッジに歩み寄って一言二言告げて、手を振ってリンクを去ってしまった。
棄権のアナウンスが流れて、ビックリ。数時間後には、このまま現役引退との発表が。。
団体戦で調子が良かっただけに、個人戦も楽しみにしてましたが。
長きに渡り世界のトップに君臨してきましたが、31歳という年齢・腰痛との戦い・
地元開催の重圧。色々抱えた中で迎えたこの五輪、充分役目は果たしたと思います。
彼の本当の時代の終わりを見せ付けられた感じ、お疲れ様でしたと言うしかないですね。

後半に登場した日本人3選手は、それぞれに輝いてました☆
まずは、羽生 結弦選手が、非の打ち所がないのでは?と思う程。
そして、ショートプログラム世界最高得点・101.45点をマーク!(゜ロ゜)
その時、Twitterには有名無名な皆様問わず、多数のつぶやきが並びました。。
高橋 大輔選手は、4回転ジャンプにミスがあったものの、年末の全日本選手権とは格段の違い!
いつもの高橋選手が戻ってきたな、という感じでした~。(~_~)
86点台をマークし4位、まだまだ上を狙える位置ですっ。
最終滑走の町田 樹選手、4回転が回転不足になり、3つ目のジャンプが2回転になる等、
らしくないミスが。(>_<)83点台ながら、フリーでの挽回は可能!
演技後のインタビューでは、「逆バレンタインで頑張ります」と、町田語録が爆発でした~。(~_~)

日本人選手の最大のライバル・カナダのパトリック・チャン選手。
団体戦同様、やや精彩を欠くも、4-3回転ジャンプを決めて97点台にまとめるところは流石。

金・銀メダル争いは、羽生選手とチャン選手が頭1つ抜けた予想通りの展開。
銅メダル争いは、更に熾烈。3~11位までが約3点差しかなく、フリーの結果次第で全くわかりません。
いやー、今夜も寝られないこと間違いなし。(^_^;)
関連記事

テーマ : ソチオリンピック - ジャンル : スポーツ

21:14  |  その他SPORTS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://souplesse.blog17.fc2.com/tb.php/4939-7947a63a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |