第90回箱根駅伝 東洋大学2年ぶりの総合優勝

帰省の出発時から車内で、箱根駅伝の復路を観戦してました。
残念ながら、昨日の往路は親戚ゴルフコンペの為、全く観戦出来ず、昼休憩中に途中経過を
チラリと観たぐらい?午後になって、東洋大学の往路優勝を知りました。

今年は出雲・全日本と、駒澤大学が2冠を達成していたので、箱根もやはり駒大優勢と
思ってましたが、往路でエース級を注ぎ込んで貯金を作り、復路は中堅選手が快走。
特に、昨年の高校駅伝優勝メンバーで、豊川高校出身の1年生・服部 弾馬選手が、
初出場でしかもトップでの襷ながら、名前の如く弾けるように正確なピッチでしっかり
走りきったのが印象的。

追う立場の駒大は、復路メンバーが不発。差を詰めるどころか開く一方、結局2位でゴール。
そして、往路3位だった早稲田大学、アンカー勝負で日本体育大学に抜かれて4位に。
更に、6位だった青山学院大学がアンカーで明治大学に大逆転し5位に。
7位以下は、シード圏争いが熾烈で見応えありました! (゜ロ゜)

箱根に出場出来る大学の陸上部にいられるだけでも凄いと思いますが、過酷な練習を積み、
試合のメンバーに選ばれるだけでも更に大変なことだと思います。
人生掛ける程の大一番、選手の皆さんにはお疲れ様と言いたいです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment