フィギュアスケート 全日本選手権&ソチ五輪代表決定!織田 信成選手&安藤 美姫選手 現役引退発表

昨日・今日と、TVニュースやワイドショーでは、朝からフィギュアスケートの話題で満載!
21(土)から昨日まで開催された、フィギュアスケートの全日本選手権。
しかし、まさかまさかのドラマが待ってるとは・・・。(((・・;)

男子シングルでは、羽生 結弦選手がショートプログラムで驚異の100点越え! (゜ロ゜)
フリーでは、4回転ジャンプに2度目挑戦するも、1度は失敗。
しかし、合計であと約3点で300点という、見たこともない点数で圧勝!!(@_@)、
初の五輪出場が確定☆
町田 樹選手はグランプリファイナルから立て直し、ショートプログラムで
2度の4回転ジャンプを成功!(^o^)フリーでは4回転ジャンプの着氷の乱れがあったものの2位に。

さて、問題は前回のバンクーバー五輪代表だった3選手。
小塚 崇彦選手は3位、織田 信成選手は4位に。
そして、高橋 大輔選手。ケガを押しての全日本出場、しかし、ショートプログラム5位と出遅れ、
フリーでも4回転ジャンプは全て失敗。しかも、転倒した際か何かで右中指を切る
アクシデントで!右手が、みるみる真っ赤に染まる様子が。(((・・;)
それでも、3回転半ジャンプは綺麗に決まって、スピン&ステップで魅せる独特の世界観は健在。
終了後のインタビューでは言葉に詰まり、一旦ブースを離れ号泣。
「もう、今日が最後かもしれない。」、と言う言葉が出てくる程。。
前回のバンクーバー五輪の前年にも大ケガから復活という、大きな試練を乗り越えましたが、
今回ばかりは神様は何と言う試練を与えるのか?と思いました。。

そして、運命の代表発表。
羽生選手・町田選手の名前が呼ばれ、一呼吸置いて呼ばれたのは高橋選手!
代表発表前には、小塚選手と並んで女子のフリーを観ていた様子がネットのニュース写真に
アップされていましたが、代表発表直後の対照的な表情が何とも言えないところで。。(>_<)
小塚選手・織田選手は、ここ数年での国際大会の成績や世界ランキングの順位が振るわず、
落選となったとのこと。高橋選手の昨年までの実績や、現段階の世界ランキングを考えたら、
順当な選出でしょう。しかし、それだけ羽生選手・町田選手急成長が凄かったということ。
前回代表メンバーを目指してきた選手達が表に出始めて、女子に遅れて層が厚くなった
日本の男子選手陣ってところでしょうか。

そして、女子も劇的な展開が。
鈴木 明子選手が、ショートプログラム・フリー共にジャンプを完璧に飛んで、
合計で210点を越え、28歳にして涙の初優勝☆五輪代表が確定し、長久保コーチも大喜び!
村上 佳菜子選手はグランプリシリーズでは表彰台に1度も乗れず、昨シーズンまでの
3番手のポジションが危うくなってましたが、背水の陣で望んだ今回、ショートプログラム・
フリー共にこちらも完璧滑り切って、トータル2位!
特に、ショートプログラムの演技後のくしゃくしゃ顏の号泣ぶりが、会場内の笑いを
誘ってました。(^_^;)
ショートプログラムで首位だった、浅田 真央選手。
3回転半ジャンプが回転不足となり、フリーでは2回の3回転半ジャンプを失敗。
点が伸びず、3位に。
代表は、浅田 真央選手・鈴木 明子選手・村上 佳菜子選手が選出。
昨シーズン・今シーズンまでの成績や、男子と違ってジュニアが伸び悩み、過渡期に当たったのか、
ライバルが少なかったのはかなり小さい文字大きかったかも。
しかし、もしかしたら行けたかも?!という4位の宮原 知子選手他ジュニアのメンバーには、
3-3回転ジャンプやビールマンスピンが当たり前に出来る高い技術を持っている選手が
沢山いました。世界レベルに追い付ける選手が、これから何人出てくるでしょうか?

そして、公私共に世間を騒がせてきた7位の安藤 美姫選手。
個人的には、よくぞここまで戻ってきた!と思いますが。
今回限りでの、現役引退を発表。スクール開校のプランがネットのニュースになってましたね。
同じく、代表を逃した織田 信成選手も、昨日のエキシビションで現役引退を発表。
織田 信長の末裔と言う意味でも注目され続けましたが、今や2児の父。
今後は、コーチ業に専念したいとのこと。
2選手の新たな出発に、エールを送りたいです。
いずれは、彼らの教え子達が五輪代表になる日が来るでしょうか。

いよいよ、ソチ五輪まで約40日です!
関連記事

0 Comments

Leave a comment