フィギュアスケート グランプリシリーズ開幕

ソチ五輪まで、いよいよあと約3ヶ月半。
ギリシャからロシアへ聖火が到着し、国内でのリレーが始まっています。

そして、前哨戦となる大会が続々とスタート中。
日本国内で特に注目されるのは、やはりフィギュアスケートでしょう。
日本国内の代表が決まるグランプリシリーズがアメリカ大会から始まり、
シングルスでは男子は町田 樹選手&女子は浅田 真央選手が揃って優勝!\(^o^)/
町田選手はショートプログラムで4回転-3回転の連続ジャンプを決め、
フリーでは靴のトラブルがありながらも、トータルで自己ベストを30点以上
上回る飛躍ぶり! 高橋 大輔選手と小塚 崇彦選手は4回転ジャンプが決まらず、
4位と6位に沈んだのとは対照的。
これは、今後の代表争いに大きなアドバンテージとなる予感。(^.^)

浅田 真央選手は、3回転半ジャンプが安定し始めて、200点越えの断トツ優勝!!
プログラム自体が既に五輪仕様と言うことですが、審判への事前アピールもばっちり。
次回は11月のNHK杯に出場、12月のグランプリファイナル、そしてソチ五輪と
スケジュールも綿密に作戦を立ててのことでしょう。
今季での引退を宣言し、自ら集大成というだけの仕上がりぶりでは?
インタビューでは、今までに無い良い笑顔が弾けちゃってます♪(^o^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment