カーリング女子 ソチ五輪最終予選 日本代表決定戦

このところのスポーツニュースの中で、勝負の行方を気にしていた1つに、とうとう結末が。

ソチ五輪のカーリング女子 世界最終予選に、北海道銀行が出場決定!
トリノ五輪で、チーム青森のメンバーだった小笠原(旧姓・小野寺) 歩選手・
船山(旧姓・林) 弓枝選手を軸に、ここぞというベテラン陣の強さを感じました。
中部電力は、美人アスリートとしてここ数年マスコミの注目を集めてきた市川 美余選手を中心に、
日本選手権を3連覇する等メキメキと力を付けていましたが、残念ながら完敗。

元祖・カーリング娘としてブームを巻き起こしたトリノ五輪から7年、小笠原&船山選手共に、
引退・結婚・出産を経て、復帰しての見事な復活劇!
他、チーム青森だったメンバーのトリノ・バンクーバー五輪後は、各々の道に。
マリリンと呼ばれて人気の本橋 麻里選手のように、バンクーバー五輪後には自身の地元でのチーム:
ロコ・ソラーレ北見結成等の新しい動きもありました。
そして、中部電力のように新たなチームが出てきたりと、ここ数年で様変わり。
海外では息長く続ける女性選手が多く、実際五輪を観ても他国は40~50代の選手が多数いる様子。
日本も、これからそういう競技として育っていくのかどうか、現役選手の皆さんに掛かっている
のかなと思います。

ともあれ、最終予選で勝ち残り、ソチ五輪に出られるのはたったの2ヵ国。
年末の試合の結果を、楽しみに待ちたいです。(^o^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment