2020年夏季五輪 東京開催決定!&U-18 野球 W杯 日本代表準優勝


日本時間で昨日の明け方、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたIOC総会で、
2020年夏季五輪の開催地が東京に決まりました!(^o^)写真は、今朝のニッカン 朝刊から。

日本時間で土曜日の夜に開催された最終プレゼンテーション、後半からNHKの生中継で
観てました。終了後、ハイライトで唯一皇族から出席された高円宮 久子様の優雅で
気品に溢れたフランス語のスピーチに感動。そして、陸上のパラリピアン・佐藤 真海選手の
病気で足を切断するに至った経緯や、東日本大震災の被災地出身者としての
想いを語る場面に涙。世界のミズノ 元会長・水野 正人氏のユニークなアクション。
特に欧州で人気競技でもあるフェンシング・太田 雄貴選手が、アスリートとして
熱い想いを語り、キャスターとしての経験を生かした滝川 クリステル氏が、
フランス語で日本人の「おもてなし」の心を語るスピーチ。
そして、JOC・竹田会長や、自治体&国のトップとして語った猪瀬都知事&安部首相。
今回の決定までに、最終プレゼンテーションだけではなく、それまでの皇族や政治による
トップ外交はもちろん、水面下のロビー活動も色々展開されたと思われます。

NHKだけではなく、テレビ東京以外の民放各局までもが生中継で発表の瞬間をOAし、
昨朝からの情報番組はこの話題でもちろん持ち切りに。

アスリートの皆さんにとって、国内選抜に勝ち残りさえすれば、開催国は予選無く
出場出来る訳で、今の小学生から高校生世代には、夢が持てることでしょう!(^.^)

現実は、政治・経済・国際情勢に加え、東日本大震災後の現況を考えたら、
正直素直に喜んで良いものか?と思えてしまうところは無きにしもあらず。
我々の税金を五輪に使うなら、被災地の復興は?と思ってしまうのです。。
但し、様々な困難が、より早く解決出来る方向に向かうのなら、大歓迎ではありますが。

大人の事情として、これから五輪特需の恩恵に向けて、各所様々な思惑が飛び交う
ことになるんだろうなと思っちゃいます。(^_^;)

そして、昨日深夜に2020年東京五輪で実施される最後の種目に、レスリングが決定。
日本のお家芸でもあり喜ばしいのですが、野球&ソフトボールは落選の憂き目に。
やはり、格闘技は世界の共通語的強さがあります。
他2種目の野球&ソフトボールはアジアと北中米・スカッシュは欧州と、やはり地域的な
普遍性という意味では?でしょうね。野球はプロ野球があっても、ソフトボールは
五輪種目から外れた後は注目度・予算も下がって、正に正念場ではないでしょうか。

そんな中、昨夜は台湾でU-18 野球 世界選手権決勝の日本vsアメリカ戦、2-3で逆転負け。
夏の高校野球には出られなかった神奈川・桐光学院 松井 裕樹投手の好投もありましたが、
アメリカの投手の方が1枚上手。攻め方は日本の野球を見ているようだったし、
守備力も光ってましたし。やはり、WBCの大会やMBLで活躍する日本選手の影響は
大きいでしょう。
ゴールデン・エイジと呼ばれる彼らを東京五輪で観られないのは、何だか惜しい気もします。
関連記事

0 Comments

Leave a comment