柔道 世界選手権@リオデジャネイロ 終了

日本時間の明け方から、TV中継があった世界柔道。
このところの柔道界自体の騒動から、あまり前宣伝が無く、誰が出場するかさえ
知らなかったんですが。(^_^;)スター選手の不在は大きいなぁ。

という訳で、男女の個人戦はの金メダル3個・銀メダル1個・銅メダル3個。
男子の金メダル3個は、ロンドン五輪以降の新しい選手が出てきての獲得は、混乱極める
柔道界の新たな希望のような気がします!
しかし、男子は軽量級のみのメダルで、重量級はメダル無しの惨敗。
えぬ夫は、「相変わらずやな・・・」と、非常にガッカリしてました。
女子は、22年ぶりに金メダル無しに。48kg級で、浅見選手が3連覇ならずだったんですね。。

しかし、昨日の団体戦で女子は意地の金メダルを獲得!(^o^)
決勝は、地元・ブラジルに勝ったというのは、大きいかも。
男子は、韓国に勝利しての銅メダル!!

それにしても、柔道の新興国はどんどんと力を付けて、今やJUDOは世界の競技に。
体格差等から、日本選手が安泰とは言えない時代。特に、リオ五輪を控えるブラジルは脅威です。

日本柔道連盟には、体制を早く立て直し、我々ファンが期待の持てる組織に生まれ変わるよう
祈るばかり。騒動の影響で、各地の柔道場に新たなチビッコ柔道戦士が、中々増えないという
ニュースも聞いています。子供達に、どうか大きな夢と憧れがまた持てるようになりますように。
関連記事

0 Comments

Leave a comment