2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.08.20 (Tue)

【追記あり】陸上 世界選手権 男子マラソン 中本 健太郎選手5位入賞&男子4×100mリレー 6位入賞

一昨日、モスクワで開催された世界陸上が終わりました。

日本は、残念ながら女子マラソンで福士 加代子選手が獲得した銅メダルのみ。
メダル獲得数では、開催国・ロシアが元々の底力+αを発揮して首位に。
2位アメリカ・3位という結果。
ジャマイカン旋風が吹き荒れ、ウサイン・ボルト選手&フレーザー・プライス選手が、
各々男女100m・200m・4×100mリレーで3冠を獲得。
アフリカ勢が、長距離だけでなく短距離でも躍進。
世代交代を告げるように、10代・20代前半の選手の活躍も目立ちました。

先週の土曜日に開催された男子マラソンは、酷暑の中でタイムは平凡でも、
やはりメダルはアフリカ勢が独占。金メダルは、ロンドン五輪の金メダリストで、
ウガンダのキプロティッチ選手。銀・銅メダルと4位までがエチオピア勢と、
アフリカの選手は暑さが苦手と言われながら、底力を発揮しました。

 そんな中、日本選手は中本 健太郎選手が最後まで先頭集団に付き、
途中で振り切られましたが、また追い付く大健闘で5位!
ロンドン五輪では6位、メダルまでホントあと一歩でしたが、自分自身走り始めて
実感してますが、ホント足が追い付かないんですよね。。(^_^;)
 他、藤原 正和選手・前田 和浩選手・川内 優輝選手が、各々14・17・18位に。
男子は、今や世界のベスト10に入ることさえ至難の技になってきてます。

 そして、最終種目の男子4×100mリレーの日本チームは、予選2位で決勝へ。
同組のアメリカが、慌ててトップで駆け込むドタバタも。
決勝は、ジャマイカvsアメリカという構図でしたが、あっさりジャマイカが圧勝。
日本は、1→2走のバトンパスがもたつき、7位フィニッシュ。
 しかし、銅メダルの筈だったイギリスの失格で、繰り上げ6位に!(^o^)
以前、銅メダルを取った大会も、上位の失格やバトンパスミス等などで棚ぼたでしたが、
中々真の実力ではまだまだ難しいかと。
 バトンパスミスと言えば、女子のリレーで、ジャマイカの追い上げを焦ったアメリカ選手が、
タイミング的に早く走り出し過ぎて、バトンが上手く受け取れず、銅メダルに終わる波乱が。
 数日前には、アリソン・フェリックス選手が200m決勝の最中に故障・棄権というトラブルに
茫然自失だったばかり。アメリカは、大会前のドーピング問題もありましたし、
今一つパッとしなかったですね。

 次回2015年は中国の北京大会と、またまたアジアでの開催の模様。
リオ五輪の前年でもあり、熱い戦いになること間違いなし。
関連記事

テーマ : 世界陸上 - ジャンル : スポーツ

08:14  |  その他SPORTS  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://souplesse.blog17.fc2.com/tb.php/4788-fbdd511b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |