全英オープンテニス 開幕&サッカー コンフェデレーションズ杯 準決勝 ブラジルvsウルグアイ戦

今月も、とうとうあと3日となりました。ようやく梅雨らしく雨が続いたり、
涼しくなったり。


さて、今週からウインブルドン・テニスが開幕。
世界ランクを11位まで上げた錦織 圭選手、メイン・インタビュールームで記者会見が開かれたり、
マネージメント会社の意向もあったようですが、上位ランクの選手と練習したりと、
これまでに無い立場での試合に。記者会見では、いよいよベスト10が見えてきましたね?
なんていう質問も出たらしく。
初戦は、世界ランク110位の選手に危なげなく勝利。
しかし、ベスト16まで行けばデル=ポトロ選手と、勝ち進んでも、ジョコビッチ選手と
当たるトーナメントサイドにいる訳ですが。。
クルム=伊達 公子選手も、初戦を44分で終わる圧勝。今回は、何処まで行けるか?
全仏で優勝したばかりのナダル選手、芝のコートは今季初ということや、全仏の直後だからか、
「情熱を持てなかった」というコメントを残して、まさかのプロ転向初の初戦敗退。
去年も、2戦目で敗退でしたが、流石に2週間しか時間が無いというのは、
このクラスの選手でもやはり厳しい?


そして、今朝後半から観戦したばかりのサッカー コンフェデ杯の準決勝。
ブラジルが、前半終了間際に先制するも、ウルグアイが後半の立ち上がりで同点!
一進一退が続くも、終了間際のCKから、パウリーニョ選手が見事な決勝ゴールで勝利!!
ウルグアイは、前半序盤にPKを取ったものの、GKに止められ、ゴールが決まらず。
あれで、流れを作ったら判らなかった。
両チーム共に攻守の切り替えは早くスピーディー、タフな走力、正確なパスやクロス(GKでさえも!)、
日本代表に無いものが総て揃ってると唸りながら観戦した朝でした。
関連記事

0 Comments

Leave a comment