陸上 世界選手権 代表選手決定

先週末の日本選手権の結果を受けて、最終的に決まった8月の世界陸上の代表選手
決定のニュース。男子の短距離陣は、ロンドン五輪と顔ぶれがガラリと変わりましたね~。

日本選手権は、競技場に連日1万人以上が詰め掛けたとのこと。
やはり、男子100m決勝の山縣 亮太選手vs桐生 祥秀選手の対決に一番の注目が。
ライバル対決&9秒台がいつ出るか?!、という期待感でしょうか。

男子ハンマー投げ 室伏 広治選手は、19連覇!達成と脅威的な記録。
私が子供の頃は、父親・重信氏の時代、それも10連覇を達成し、「アジアの鉄人」と
呼ばれていましたが。(@_@)

いよいよ世界陸上まであと2ヵ月、どんな結果が出るのかが本当に楽しみ~。(^.^)


週末に終わった大会と言えば、体操のNHK杯で、内村 航平選手が貫禄の5連覇達成。

そして、テニスの全仏オープン 男子シングルスで、ラファエル・ナダル選手が
4連覇・8度の優勝。クレーコートでは、本当に強い!
女子は、アメリカのセリーナ・ウイリアムス選手が11年ぶりの優勝!
姉のヴィーナス・ウイリアムス選手が初戦敗退し、どーなのかなと思ってましたが。
次は、いよいよウインブルドン・テニス。
錦織 圭選手は、最新の世界ランキングが13位に上昇し、第何シードでトーナメントの
何処の組み合わせに入るかも要注目かも。(^.^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment