世界卓球2013 パリ大会

既に、先週末に終了しましたが、時差の関係でテレビ東京系での録画放送を、
毎晩観戦していました。

今や、世界上位にも迫る勢いとなってきた日本の卓球界。
女子は、昨年のロンドン五輪 団体銀メダルが記憶に新しいところ。
がしかし、シングルスは福原 愛選手が、世界ランク100位台の選手に初戦敗退。
今や、日本のエースとなった石川 佳純選手他4選手が3回戦敗退とメダルには届かず。
ダブルスは、2ペア共にベスト8敗退と、残念な結果に。

逆に、男子は勢いありました!(^o^)
シングルスでは、松平 健太選手が、世界ランクトップクラスの強豪をなぎ倒し、
ベスト8入り!!しかし、世界ランクトップの中国・張選手に敗退。
ダブルスは、水谷 隼選手・岸川 聖也選手のペアがベスト4入りして銅メダルが確定するも、
中国ペアに敗退・決勝には進めず。

相変わらず中国の壁は高く厚いですが、男子もそれを突破できそうな光明が見え始め、
今後が楽しみになってきました!(^.^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment