吹上ホールで








3月、弥生。ここ数日、ようやく春らしい空気を感じられるようになりました。


昨日は、朝から緑区の客先へ。
地下鉄で向かう途中、facebookをチェックしていたら、先日の犬山ハーフマラソンで
ご一緒した建設会社社長のF橋さんが、吹上ホールで昨日から開幕した「ハウジング&
リフォームあいち2013」で、12時から住宅の耐震についての講演をされることを知り、
午前中の仕事の後、聴きに行ってきました。

会場は、地下鉄 吹上駅から徒歩で5分ぐらい。偶然、仕事で使った桜通線線の駅だったんです。
会場に向かう途中、いよいよ来週末に迫ったナゴヤ・マラソン・フェスティバル2013の
交通規制の告知表示が、道路の電光掲示板にも出てくるようになってきました。

さて、会場に到着した時には、既に講演は始まっており、席は多数のスーツ姿の方々で一杯。
初日の平日昼間だけに、出展企業の関係者の方々が多いのかなと。
最近、防災対策の1つとして「減災」という言葉が聞かれるようになりました。
いつ起こるかも解らない、予知が難しい地震の被害から、完全に逃れることは
難しいのが現実。講演は、住宅を耐震強化することで、生命や財産を失うリスクを、
数字を交えて如何に回避することが出来るかという内容でした。
昨年、南海トラフ地震による衝撃的な被害想定が発表されましたが、備えの意識は、
まだまだ低いんだなと感じます。
講演終了後は、F橋さんにご挨拶。他にも、ランニング仲間のO橋さんも来場されてました。

会場案内図を見ると、地元・島根県の出展ブースが大きく出てることを知り、覗いてきました。
声を掛けて下さったのが島根県庁の農林水産部 林業課 木材振興室の方で、県内の出展企業を募り、
大田市・浜田市・隠岐島の企業の方々と来場されているとのことでした。
しかも、この県職員の方は私より1つ上で、松江市内の別の高校のご出身と判り、私と同じ高校の
知っている先輩のお名前が飛び出してきたりと、超ローカルな話も。(^_^;)
まさか、名古屋でこんな話が出来るとは。どうか、良い商談が出来ることを、お祈りします!

昼休み時間帯を使って来たので、午後からの予定を考え、会場内の他のブースは
ザッと見て回る程度で会場を後にしました。
イベントは、明日までの予定。今日行けば、名古屋おもてなし武将隊が見れますが、
残念ながら今日明日は仕事なのです。 (+_+)
関連記事

0 Comments

Leave a comment