ライブ8題・その2-名古屋芸術大学音楽学部 2012年度研究生終了演奏会@電気文化会館 ザ・コンサートホール



今日の名古屋市内、天気は悪くないですが、昨日とは一転して気温が急降下。
とにかく寒い。。 (+_+)


さて、昨日の続きみたいな記事になりますが、クリムト展を駆け足観賞した後は、
勤務先近所のジムにて加圧トレーニングの体験レッスンを受けました。
実は、血管年齢を上げる効果があり、困っていた肩凝りにも効果テキメン! (((・・;)
レッスン後には、名古屋城を2周走りましたが、腕は軽いし、坂道はキツくないし。
マラソンを始めてはみたものの、やはり体が固いのがネックになり始めています。
ストレッチ系のリフレと平行して加圧トレーニングにも通うのを、本気で検討中。


ジムを出た後、急いで伏見の電気文化会館へ移動。
いよいよ各音大の卒業&修了演奏会のシーズンに入りましたが、昨日は名古屋芸大の
研究生修了演奏会でした。偶然チラシを見つけて、Sax・横地 眞弘さんご出演と
お見掛けしたので、ご本人に出演時間を確認し、ホールには20時過ぎに到着。
そんな訳で、聴けたのは声楽→Sax→声楽の最後の3人の方のみ。

横地さんは、ゴトコフスキーのブリランスを演奏。
去年、しらかわホールで開催された卒業演奏会以来になりましたが、とても綺麗な
良い音にビックリ。ホールのせい、だけではないでしょう。(^.^)
曲の持つテンションを考えたら、1・4楽章はもっと大見得切っても良かったかなと。

終演後、屋外に出ようとしたら、三日月 孝先生をお見掛けしたので、ご挨拶して
しばしお話。今月末や5月のクレセント・カンパニーの演奏予定等などを伺いました。
特に5月は、南の方からゲストをお迎えするということで、これは中々楽しみです。(^_^)


そして、今夜はまたまた電気文化会館へ行く予定。(^.^)
関連記事

0 Comments

Leave a comment