FC2ブログ

ライブ8題・その2&3-満月の夜の伝説 クラリネットとピアノが織りなす一夜の音の物語@杉並公会堂 小ホール&トルヴェール・クヮルテット 結成25周年コンサート@第一生命ホール

えぬ(別HN・京青)







カレンダーの3連休は、今日が最後。

ということで、この連休のメインのお話。 一昨日昨日と、2つの演奏会に行ってきました♪

土曜日は、大学の3つ下の後輩のCl奏者・人見 剛氏出演の演奏会の為、杉並公会堂へ。
実は、東京在住時にはチャンスが無くて行ったことがなく、今回は小ホールでしたが、
初めて入りました。 写真のようなモダンな雰囲気、カッコいいなぁ~。(^.^)
人見くんの演奏は、名古屋に引っ越す直前、赤坂見附のライブハウスカーサ・クラシカで
聴いて以来、しかも、ホールリサイタルは初めてでした。

作曲家でピアニスト・林 晶彦氏主催のリサイタルでしたが、プログラムは写真の通り。
林氏作品をメインとして、Clの近・現代作品を織り混ぜた構成。
管楽器吹きには、中々興味深いClのオリジナル作品が並びました。
パウル・クレーの絵画を元に、詩人・谷川 俊太郎氏が創った2編の詩が、
林氏の音楽と共に語り手・朗読家の野田 香苗氏の素晴らしい語りで表現されました。
これだけ感動した朗読、生まれて初めてだったかも。(((・・)
アンコールは、同じく林氏の作品から。
林氏の作品は、どの曲も何かの情景を想像させる美しいフレーズが印象的でした。

終演後には、久々に人見くんと再会。実は、facebookでのやり取りはあるのですが、
やはりリアルに会うと感慨深いです。(^_^)


そして、昨日はお昼過ぎからトルヴェール・クヮルテットの結成25周年リサイタルを聴きに、
晴海の第一生命ホールへ。このホール、約10年前にフランスのハバネラ・クヮルテットが
初めて来日してリサイタルが開催されたホール。その時以来の来場でした。

プログラムは、写真の通り。クラシックSaxの古典的作品をメインでしたが、
期待していた通りの圧倒的完成度の演奏!(((・・)あっという間の2時間でした。
終演後には、サイン会に並び、ご挨拶。
次は、30周年記念に期待したいです♪(^^)

トルヴェール・クヮルテットがデビューしたばかりの頃は、既に私の大学時代。
前半のプログラ、トルヴェールの彗星以外は中高生時代にキャトル・ロゾーSEや
東京サクソフォンSEやファイン・アーツSQの音源で聴いたものばかり。
当時のことをまざまざと思い出さずにはいられませんでした。

会場では、あまりお知り合いの方々をお見掛けしませんでしたが、それでも何人かの
皆さんに再会することが出来ました。(^o^)
特に、北海道のsumiママさん&みっかさんとは20周年記念リサイタル以来!
ホールを出てからは、カフェでみけやま姉さまと2時間程お喋り。
その後東京駅に向かい、帰途に着きました。

来週末は、静岡AOIホールでのクロード・ドゥラングル氏のリサイタルを聴きに行きます♪
フランスのlLCMとの演奏、非常に楽しみ!
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply