FC2ブログ

サッカーU-22 ロンドン五輪最終予選 対バーレーン&シリア戦

えぬ(別HN・京青)

 先日のバーレーン戦、夜中にも関わらず、いつの間にか観てました。(^_^;)
私が観始めたのは、後半22分からで、既に日本が2得点先攻した場面。
相手のラフプレーが多く、挙げ句の果てには、倒された山田 直輝選手の顔を倒した
バーレーンの選手が踏みつけ、山田選手の額から?出血なんて事態にまで。
中東の選手は、流石に容赦無いですが、ここで怪我をしてはせっかく勝ち上がっても
意味無し。ましてや、伸び盛りの若手選手の怪我でのブランクは大きいし。
 先取点は、ドイツ・ボルシアGMの大津 祐樹選手。唯一の海外組ということで、
活躍が注目されてましたが、期待に応えた形に。

 今日は、国立競技場でのシリア戦。
前半41分から観ましたが、直後に先制点をゲット!
がしかし、後半はどっちのホームなの?というぐらい、攻め込まれてた印象。
うーん、中盤がイマイチ不安定というか。。
そして、シリアの10番の選手が抜け出して同点。。(+_+)
がしかし、終了5分前にまたまた大津選手がダイビングベッドで逆転に成功!!\(^o^)/
辛くも勝ち点3をゲット出来たのは、ラッキーかも。そして、今日もラフプレーは
多かったし。(-_-;)

 見てて感じたのは、日本代表内のチームリーダーの不在。
新聞で指摘された記事を読みましたが、確かにこれぞっていうアクの強さを感じる選手が
見当たらないし・・・、やはり草食世代なのか?!
 この世代は、U-17・20で立て続けにアジア予選で敗れ、世界大会に出られずじまいとか。
ユニバーシアードでは優勝しましたけどね。
ここで五輪を逃すことがあると、2018年W杯予選が不安だなぁ。

 次戦は、来年2月にアウェーでの試合が待ってます。山場は、まだまだ。
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply