FC2ブログ

サッカー アジア杯 対シリア戦

えぬ(別HN・京青)

 昨日は休み6日目。

 朝から名古屋駅方面へ出かけ、木曜日のレディス・デーを利用して
映画「ノルウェイの森」を観に行き、トラン・アン・ユン監督の世界を
堪能しまくりました。もちろん、村上 春樹氏の原作を読んでます。
 トラン監督の映画は、約15年前の「シクロ」以来。
独特の映像美が持ち味ですが、今回は原作のインパクトが大きいだけに、
賛否両論色々あるとのこと。
個人的には、監督の他の作品を観てからの方がいいのかもと思ったり。
やはり、青色の使い方が非常に特徴的。風景の使い方も素晴らしかった。
 
 午後からは近隣で色々買い物等し、夜はバンドの練習へ。

 休み中ということで、深夜の試合も全部観てしまいました。
あ、休みじゃなくても観てたか。(苦笑 しかし、体に悪い試合でした。

 予選2試合目はシリア。
シリアってどんな国だっけ?から始まりそうですが、高校時代に世界史を勉強したし、
中東戦争の主戦場だったこともある国と言えばある年代には通じるはず。

 試合詳細はこちらから。
前半から引き気味にくるかと思われたシリアが、予想以上に押し込んできて、
フォローに手一杯という印象。最後の最後に相手の守りを崩し、何とか1点取れて
良かった。それにしても、ボールが上手く繋がらない印象。。
後半も、シリアは前掛かり。
ゴール前へ飛び出したGK・川島選手が相手選手と接触、レッドカード・退場に!
PKとなり、交代したGK・西川選手は止められず、嗚呼同点に。。
10人になったこともあってか、途中香川選手が岡崎選手と交代。
このままどーなるか?!と気を揉んでましたが、岡崎選手がペナルティーエリアで
倒されてPKを取り、これのチャンスを本田選手がど真ん中へシュートを決めて逆転!!
こういう時の本田選手て、やっぱ強いなと感じました。
 ロスタイムが6分と、聞いたことも無いような長さ。
結局、笛が鳴ったのは後半52分とロスタイム7分を経過してからでした。

 不可解な判定も多く、レッド・イエローカードが乱発と荒れた試合に。
中東の笛、というべきものなのかどうなのか。
 中東の選手って、細いけど頑丈で当たりが強いしふてぶてしいし、
逆に日本選手に持ってて欲しい部分もあったり。

 次回17日(月)は、予選最終のサウジアラビア戦。
ヨルダン-サウジ戦は、ヨルダンが勝利と驚きの展開。
勝ち点4でヨルダンに並び、勝ち点3でシリアと続いてます。
サウジ戦は勝たないと、相当キツイ結果が待っているような。
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply