FC2ブログ

第87回箱根駅伝 早稲田大が18年ぶりの総合優勝!

えぬ(別HN・京青)

 昨夜は、いつも楽しみにしていたTBS「SASUKE」が観られずじまいでした。(T_T)
流石に疲れ果て、ブログを携帯から更新するのが精一杯。。

 昨朝は車中泊後、車が動き出すのを待ちながら箱根駅伝を観ていました。
移動中もカーナビでルートを確認する合間に観ていたのですが、流石にゆっくり
観戦とはいかなかったです。
5区の山登り辺りで迂回ルートを順調に進み、ようやく先が見えてきたところでしたが、
山の中を走ったせいで画像か観られず、音声のみで様子を追い掛けました。
東洋大・柏原 竜二選手の走り、ちゃんと観たかった。(T_T)
でも、2位の早稲田大とは約30秒差しかなかったんですね。

 今朝は9時半に起床し、復路を最後まで観戦。
すでに7区も中盤というところでしたが、6区をやはり観たかったなぁ。
逃げる早稲田大・追う東洋大の展開、タイム差が1分半から最後は約20秒差まで詰まるも、
早稲田大が逃げ切り18年ぶりの総合優勝!出雲・全日本と合わせ、3冠達成☆☆☆
早稲田大は、主力選手のケガ人続出で、どーなるか?と言われてました。
 しかし、蓋を開けたら、各メンバー区間2・3位のタイムという安定感、
特に1区の大迫 傑選手の区間新の快走・5&6区の山登り&山下りの2選手がポイント
だったかと。

 OBでもある渡辺 康幸監督、就任7年目の快挙。
市立船橋高時代、高校駅伝でぶっちぎりの走りで世間を驚かせ、早稲田大入学後も
常に駅伝シーズンの話題の中心に。
将来は五輪代表かと言われてたものの、実業団では結果が振るわないまま引退。
 しかし、その直後の母校監督就任。中々結果が伴わない中、徐々に順位を上げ、
現在エスビー食品・竹澤 健介選手のような学生現役五輪代表を輩出。
正に、期が熟しての見事な復活優勝。

 東洋大は、大会新の結果ながら2位という、何とも残酷な結果。。

 トップ争いと同時に気になる、シード権争い。
激しい順位変動の結果、日体大・青山学院大・国学院大学までがシード獲得、
たった3秒差で城西大はシード落ちという厳しい結果。
国学院大は初シード獲得!前田 康弘監督は駒澤大学OB、監督本人が現役時代に
箱根を走った方。就任2年目にして、大きな結果が出ましたね。

 いやはや、今年の箱根も様々なドラマがありました。
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 3

There are no comments yet.
えぬ  

>わんこさん

そうでした、母校でしたね!残念ですね~。
しかし、意外な試合展開でした。

>へびじーじおじちゃんさん

早稲田は、伏兵の勝利という感じで。
最初から、箱根を想定した練習をしてたのではないかと思ったりはします。

2011/01/04 (Tue) 19:35 | EDIT | REPLY |   
へびじーじおじちゃん  

個人的には、1年の時から注目されている柏原と、4年になって初めて箱根メンバーに選出された猪俣の対決という、(TV解説きいて、)今回は猪俣を応援してました。

下りで追い上げたときは、ちょっと興奮してました

2011/01/03 (Mon) 23:58 | EDIT | REPLY |   
わんこ  

あらあら?
わが母校東洋大学は、往路優勝でしたが総合優勝は早稲田大学にさらわれて?しまいました。

ま、早稲田は3冠を達成するほど充実していたという事で…

参加各校の選手、応援の皆さんにお疲れ様とお伝えしたいですね。

2011/01/03 (Mon) 19:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply