FC2ブログ

3月のライブ4題・その4~持田 崇 サクソフォン1stリサイタル

えぬ(別HN・京青)

 4月も間もなくおしまいですが、先月行った演奏会について。

         持田 崇 サクソフォン1stリサイタル
          2008年3月30日16:00開演
        島根・出雲市 ビックハート出雲 白のホール
        *Pf:富山 里紗
        *曲目:バッハ/イタリア協奏曲
             ベリオ/セクンツァⅨb
             デザンクロ/プレリュード,カデンツァとフィナーレ
             ドビュッシー/小組曲                 
             プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」
             ガーシュイン/ラプソディー・イン・ブルー
            
 ネットで検索したら、リサイタル直後の島根日日新聞の記事が引っかかりました。(^^

 実は、今回帰省を絡めて出かけたこともあり、荷物の片付けと共にプログラムも何処かにしまい込み、
記載した内容で多分合っているはず、です。(^^;

 さて、会場は持田さんのご親戚・知人の皆さんらしき方々でホールはほぼ満席!
プログラムは、前半オリジナル2曲・しかもベリオとデザンクロ(ヒンデミットのヴィオラ・ソナタから変更に
なっていました。)という力の入った選曲に。
さすがにこの2曲の時には、途中帰ってしまったご年配の夫婦等もいらっしゃいましたが、
概ね皆さん舞台に集中されていたのではないでしょうか?(^^;
特にこの2曲で惜しいなと思ったのは、fやffの時のパワー・テンション・音の密度がもう一つというところ。
やはり、インパクトに欠けてしまうのはもったいないと思います。
しかし、ベリオは見事な演奏でした!こういう曲が得意なんでしょうか?
後半は、ご本人もややリラックスしていた雰囲気でした。
 全体的には、特定のピッチの低い音・高すぎる音が気になり惜しいところですが、
逆に滑らかな音の繋がりやpやppの美しさが印象的でした。
師匠の・大城 正司さんゆずりなところも垣間見えたり。(^^

 今年は先日も詳細が発表になった、管打楽器コンクールの年。
地元出身者として、持田さんには是非頑張っていただきたいなと思います!
関連記事
Posted byえぬ(別HN・京青)

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply