プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

第21回アルフレッド・リード音の輪コンサートまであと6日♪

4月も、何だかあっと言う間に過ぎて行きました。
ナゴヤサックスフェスタ→ぎふ清流ハーフマラソンと、まさかの2大イベントが重なり、
気温が例年より低めに推移して、体調管理が正直大変でしたが、仕事が以前に比べて
楽になって助かりました。


最終日は、7時前の新幹線で一路川崎市へ。


東急東横線 元住吉駅から徒歩10分の場所にある、川崎市国際交流センターで音の輪
コンサートの練習に参加しました。9時前に到着したら、未だ誰もいなかった。(^_^;)
少し経ったら、事務局のSさんが会場を開けて下さいました。
そして、Harpの搬入業者さんも到着。


合奏開始前には、随分集合してきました。金管のメンバーは、やはり集まりが早い。


1月の結成式以来の合奏参加で、探りながら恐々吹きましたが、何とか個人練習を重ねてきた
成果はあったかなと。駆け込み乗車的な参加でしたが、5/3(水・祝)からの合奏で、バッチリ仕上げたいです。いよいよ、ジェームズ・バーンズ氏が指揮にいらっしゃいます。

今日は、A・リード博士のマリンバコンチェルトのソリスト・高田 亮氏との合わせも ありました。実は同い年、正に羨望の眼差しです。。
ソリスト自ら、バシバシと指示を飛ばしてました。実は、市民バンドの指揮者もされてます。


端午の節句が真近ということで、ロビーにはこんな飾りが。


夏日まで気温が上がり、外は暑いの一言!(´Д` )暑さに耐えきれず、新幹線ホームで乾杯!!(^o^)
今回も一緒に参加となった、大阪のSax奏者・辻本 剛志さんから、帰りの新幹線で
色々お話を伺いました。


名古屋駅に着いて、本格チャージ。(^_^;)

残り僅かですが、本番に向けて頑張ります♪(^o^)
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その7ーカルテット・リベル デビューリサイタル 名古屋公演@ドルチェ アートホールNagoya


GW初日。朝から四日市で仕事に行く前に、JR名古屋駅で翌日の川崎市行きの
新幹線の切符を購入。コンコースは、かなりの人出でした。


伊勢市で全国菓子博覧会が開催されていますが、ちょっと行く時間がないかも。。(>_<)
和菓子好きとしては、楽しみにしてたんですが。


午後は、ドルチェ楽器 名古屋店へ。開演には、何とか間に合いました。

Sax奏者・大和田 雅洋さんが、一緒に吹きたいメンバーを集めて結成したという、
カルテット・リベルのデビューリサイタル。
今までに無いようなタイプで、かつ難曲揃いのプログラムが並びながら、バチバチにカッコ良くキマってました!(^o^)
メンバーをご覧の通り、男性陣は 第一線でご活躍の方ばかり。
クローバーSQではアルトの田村さんが、テナーを吹かれてるのが、何だか新鮮で。(^.^)
バリトンの福井 健太さん、10年ぶりぐらいに演奏されるところを見たかも。
イベントの仕事で名古屋には来られていたそうですが、ホールの演奏会に出演されたのが、
実は今回が初めてとか。
鈴鹿市出身のアルトの儀賀さんは紅一点で唯一の若手ながら、堂々とした演奏でしたねー。(^^)
ご親族や知人の方々が、多数ご来場だったようです。
関東方面の皆様、来月の東京公演は是非に♪

店内にいる間、外は雷鳴&土砂降りの雨だったようですが、晴れ男を自認するMCを
されていた福井 健太さんが お話されていた通り、見事に上がってて助かりましたー。


ご出演の皆様のプロフィール&プログラム。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その6ーサクソーレ! スペイン×日本によるサクソフォンコンサート@千種文化小劇場

社会人2年目以降、毎年怒涛の4月を過ごして来ましたが、今年は残業さえ殆ど無かった
1ヶ月でした。派遣社員の方が年末以降更に1名増員となり、私がこの時期にしていた
業務をお願いしたところ、ガクンと残業が無くなったんです。世間の風潮として、長時間労動が真剣にようやく!問題視され、勤務先としては残業させないよう進めています。まぁ、残業代は高く付くし。

いよいよ明日からGW突入ですが、明日は午前中のみ仕事。
同じ部署の営業メンバーは、明後日まで出勤というメンバーばかりです。


月末締め日もサクッと終了し、千種文化小劇場へ開演前に到着。

Sax奏者・国枝 雅代さんが、フランスのリヨン地方音楽院で同期だったというスペイン人の
ホセ・カルロス・ガルシア・ベラハノ氏とのリサイタルでした。
実は、2014年のアドルフサックス国際コンクールのセミファイナリストという実力者。

前半は、ベラハノ氏のステージ。スペインと言えば、やはりフラメンコ。
ベハラノ氏はアンダルシア地方出身で、フラメンコはより身近なものだったとのこと。
前半は、フラメンコダンサー 服部 俊幸氏の素晴らしい演舞も交えてのスペイン作品中心に。
印象的だったのは、クリスチャン・ロバ氏の無伴奏エチュード「フラメンコ」。
作品イメージと実際の踊りがシンクロするなんて、もう最高です!(^o^)
服部氏の踊りは身体はもちろん、手の表現が素晴らしく。
スタイリッシュで妖艶さもあり、正に魅せられましたー。(^.^)

後半は日本のわらべ唄や、長崎の隠れキリシタンが歌い継ぎ、江戸時代当時にはスペインで歌われていたというグレゴリオ聖歌を、国枝さん・磯貝 充希さん・
竹下 眞理子さんの3人で。
国枝さんのソロは、リヨン時代の師匠 ジャン・ドニ・ミシャ氏が、日本文化を
イメージした無伴奏作品。まるで、尺八を聴いているかのようでした。
最後はわらべ歌変奏曲に、グラナドスやアルベニスの作品をカルテットで演奏。
スペイン&日本の、それぞれの文化のベースとなる音楽を堪能出来ました。


一般的にスペインの方は、ある意味暑苦しい?!というイメージがありましたが(^_^;)、
ベラハノ氏は日本人的感覚に近いんでしょうか?物静かな方で、ビックリしました。


今日の出演者プロフィール&プログラム。

スペインで同様の演奏会を開催したら、一体どんな反応になるんでしょう?(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その5ーQUATUOR PETILLANT CONCERT 名古屋公演@メニコン HITOMI HALL

GWスタートまであと3日、いよいよカウントダウン突入という感じに。


昨夜は、仕事の後にメニコン本社にあるHITOMI HALLへ。
こちらへは、年に一度行くか行かないかなので、千種駅からいつも迷います。。
建物入口には、いつの間にかこんなゆるキャラが。(^_^;)


東京音楽大学&名古屋音楽大学を卒業したメンバーによるカルテットに、ピアニスト・
大嶋 千暁さんという組み合わせの演奏会でした。
B・Saxの大野 香菜さんと大嶋さん以外のメンバーは、音大生の頃から知っており、
内声を担当するA・Saxの菊池 麻利絵さん&T・Saxの磯貝 充希さんは、共にフランスへ
留学経験者。カルテット名はフランス語から取った、輝きを意味する単語なんだとか。
各大学卒業時には、卒業演奏会・新人演奏会に推薦出演した経験者ばかり、正に新進気鋭の
メンバーによる演奏はプログラムの豪華さも相まって、素晴らしい内容でした!(^o^)
ちなみに、S・Saxの河原 翌真さんは、両方の音大を経験した唯一のメンバー&男性。(^.^)


28(金)には、名古屋音楽大学出身の国枝 雅代さん企画の演奏会に、T・Saxの磯貝さんも
ご出演予定ということで、演奏メンバーでの記念写真☆(^^)
今回は、国枝さんがフランスのリヨンに留学中に一緒だったという、スペイン人の奏者の方を
招聘しての共演とのこと。日本人フラメンコ・ダンサーとの共演もあり、熱い演奏会に
なるのでは?!こちらも楽しみです♪(^o^)


本題に戻って、今日のプログラム&アンコール。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート 国別対抗戦

毎年、何故か日本で開催(スポンサーの
関係でしょうか?)されているフィギュアスケートの
国別対抗戦。シーズンの締めくくりとして2009年からスタート、2014年ソチ五輪では、
正式種目に採用された程。GPシリーズから世界選手権のポイントにより、出場上位6ヵ国が
決まるという仕組み。今年は、日本・ロシア・アメリカ・カナダ・中国・フランス。
日本は、いつものように男女のシングルでポイント狙いです!(^^)

シーズンラストに国内での開催ということで、女子シングルは三原 舞依&樋口 若葉両選手が
自己ベスト更新の演技を連発!世界選手権の不調を振り払う、快心の演技でした。(^^)
しかし、世界歴代最高得点をまたまた更新したロシアのエフゲニア・メドベデワ選手、
ショートプログラムは80点越えって。。Σ(゚д゚lll)エレーナ・ラジオノワ選手は、
世界選手権の雪辱で2位に入りました。

男子は、羽生 結弦選手がショートプログラムでジャンプを失敗し7位スタート。
80点台という、信じられない点数に。しかし、フリーで挽回して、最後は1位フィニッシュ。
ピッタリ2位に宇野 昌磨選手が付いてきました。

総合で、日本は3年ぶりの優勝を飾り、シーズンを締めくくりましたー。\(^o^)/

エキシビションでは、村上 佳菜子選手が電撃引退を発表。
浅田 真央氏同様に、全日本選手権で決めたとか。
GPシリーズも全く振るわず、もしかしたらと思いましたが。。
今後は、山田 満知子コーチの下で指導者修行なんだとか。
いつか、素晴らしい選手を育てた姿を見てみたいです。お疲れ様でした!(^^)
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

第7回ぎふ清流ハーフマラソン 大会自己ベストを更新して完走!・その2


さて、大会当日のお話。

始発の地下鉄→JRを乗り継いで、JR岐阜駅に到着後、シャトルバスで岐阜メモリアルセンターへ。
ふれ愛ドームの噴水前で、ラン仲間の皆様と合流。


スタート地点へ向かう為、解散後はinterlarkenさんの集まりへ。
私は、onではなくasicsのシューズですが。(^_^;)


荷物預かり所へ行く手前で、先週ナゴヤサックスフェスタでご一緒したプロ奏者の
皆様にバッタリ遭遇!(^^)記念に撮ってみました♪


荷物を預けて、スタートブロックへ。今回、初のCブロックでした。
毎年、少しずつ前のブロックに変わっていってます。(^^)v


アップをする招待選手を、真近で見れたり。


9時前から、岐阜県立商業高校 吹奏楽部の演奏が始まると、いよいよという感じに。


初めて、スタートするのを目の前で見ることが出来ました。
スタート地点には、高橋 尚子&野口 みずきさんだけでなく、ボストンマラソン3位となって
一時帰国中の大迫 傑選手が!(^^)急遽、ゲストで招かれたとは知っていましたが、
やはり生で見るとおー!って感じに。

約3分遅れぐらいで、スタート。
JR岐阜駅までの折り返しは、キロ4分45秒をペースに走りましたが、6kmを超えたらアップダウンが激しくなるのと、カンカン照りでかなり暑かったので、キロ5分前後に
落としました。給水は全て取り、最初の給水から身体にもかけた程。ある程度のロスは、
こんな日の天気ならやむ無し。
7〜10km手前の細くなる道も、余り混雑なく通過して、ロスを防ぎました。

不思議と脚に痛みが出ることなく、大きくペースを落とさず18kmを過ぎ、高橋 尚子選手と
ハイタッチしそびれた。。(´Д` )この時点で、目標だった1時間50分は切れると確信、
もしかしたら45分を切れるか?!と思い、猛然と頑張りました。
19km過ぎに、ラン仲間で応援に回ったメンバーの方々が待ってくれてました!(^^)
最後の給水を終えて、スパート!!ラスト1kmは、4分45秒を切るペースでした。



競技場に入り、野口 みずきさんにハイタッチ。(^o^)
その後は、ラストスパートするのみ!完走証を受け取り、最終タイムを知りました。
45分切りはなりませんでしたが、去年のタイムを5分以上更新です!!\(^o^)/
ここ数ヶ月始めた大山式足指パット&Frog Handsの成果が、早くも現れたかも?(^.^)
フィニッシャータオルは、デザインが全面リニューアルされましたね。


ゴールした後は、コース途中にあった長良川温泉観光ホテル 石金へ。
温泉に入った後、約30人での大宴会でした。
初めての4月開催ということで、春らしい
メニューが。
2次会は毎年同様、JR岐阜駅構内のおらが蕎麦へ。
18時過ぎに岐阜を後にし、帰宅しました。

これで、今シーズンの大会は全て終了。秋のシーズンに向けて、身体をメンテナンス&
柔軟性を向上させて、更なるタイム向上を目指します!(^o^)


関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

第7回ぎふ清流ハーフマラソン 大会自己ベストを更新して完走!・その1

6回目の参加となったぎふ清流ハーフマラソン、目標だった1時間50分切りを大幅更新し、
1時間45分50秒の大会自己ベストで完走しました!\(^o^)/


前日の参加受付前に、午前中仕事→整形外科へ。右足踝辺りが痛み、大事を取って
リハビリの先生にみてもらいました。

岐阜市内へ向かう為、昼過ぎに名古屋駅へ。
全面オープンしたばかりのJRゲートタワーに、沢山の人が吸い込まれていきました。


JRのコンコースでは、5月に開催される大垣まつりのPRイベント中。
山車を利用した祭りが、ユネスコの無形文化財に指定され、力が入ってる様子です。高山祭や犬山祭は知ってますが、大垣まつりは知らなかったです。


大垣市のゆるキャラも登場。(^^)


JR岐阜駅に到着し、バス乗り場に向かおうとしたら、外に人だかりが。
岐阜文化センターの企画で、Jazz Sax奏者・野々田 万照氏が率いる楽市JAZZ楽団が、
偶然にもライブ中でした♪先週のナゴヤサックスフェスタでご一緒したばかりの平井 尚之さんが
バンドに参加、
アンコールではユースバンドを指導する粥川 なつ紀氏も加わって演奏。
翌日、入団オーディションが開催されるとか。結局、最後まで1時間ぐらい聴きました。


16時半に、ようやくバス乗り場へ。


こんな夕暮れ時に、岐阜メモリアルセンターに来たのは初めて。
先ずは、参加賞Tシャツの受け取り。
岐阜城450周年を記念して、岐阜城&織田 信長がモチーフになってました!(^^)


スポンサーブースも、ちらっと立ち寄り。


ふれ愛ドームに到着し、ようやくゼッケンを受領。
中日新聞の方々が、その横で完走者新聞の発売受付をされていましたが、今年はとうとう
記念撮影用パネルまで作られたようで、せっかくなので撮って帰りました。

結局、自宅に帰宅したのは、19時過ぎ。急ぎ夕食を取り、翌日の準備をして就寝。

その2に続きます。
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その4ー名フィル 4月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール

今シーズンは、市民会館名曲シリーズが10日前に終わり、定期がシーズンインという
雰囲気ではなかったですが、やはり初回は初回ということで。


仕事を終えてから、18時半過ぎに余裕で到着。今シーズンのポスター&チラシデザインは、こんな感じ。


この日は、やはり桐朋学園大学出身者によるウェールズ四重奏団の客演につきます!
名フィルとして、弦楽四重奏団のソリストというのは、初の試みとのこと。
カルテットの均一な美しさにも感動しましたが、終盤に向かってのエキサイティングな演奏、
素晴らしかったです!(^^)アンコールは、バッハのマタイ受難曲から。
是非、単独リサイタルを宗次ホール辺りで開催いただきたいです♪

冒頭のシューベルトの未完成と後半のエルガーのエニグマ変奏曲は、遅めのテンポ部分を
じっくりと味わうかのような指揮が印象的。 逆に、速いテンポは打点がハッキリ解るぐらいキビキビと。
オルガンが入ったエニグマ変奏曲のラストは壮大なエネルギー、全く違う作品みたいでした。
ちなみに、オルガニストは昨年秋の演奏会で聴いた石丸 由佳氏。

そう言えば、昨年3月の前常任指揮者のマーティン・ブラビンス氏のさよなら公演も、
エニグマ変奏曲でした。あれから、もう1年経つなんて。


翌日の土曜日マチネ公演開催の為、セッティングされたままになったパイプオルガンを
色々眺めながらホールを後にしました。


今回、定期では初めて聴いたオケのアンコールも。


5月は定期演奏会は無く、6月に2回開催予定となります。

5月末開催の名フィルウインドオーケストラでは、首席Tb奏者・香川 慎二さんのソロが
聴けるので、都合付けば伺いたいところです。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その3ー名フィル 第56回市民会館名曲シリーズ ベートーヴェン・ツィクルスI@日本特殊陶業市民会館 フォレストホール

仕事の新年度上りスタート月、無事過ぎて行きました。
今年は、派遣社員の方が1名増えたお陰なのと、昨夏からいらっしゃる派遣社員の方が
業務にすっかり慣れて下さってるので、残業せずに済んでいます。
これまで残業続きだったこの時期のことを考えると、何だか信じらません。


いよいよ明日、名フィル 新シーズンの定期演奏会がスタートします。

先週の火曜日は、先行して開催された市民会館名曲シリーズの初回を聴きに行きました。
勤務先からの出発が遅れ、開演1分前に駆け込む羽目に。(´Д` )何とか、自分の席で聴けました。


今年も、変わらず4F席。


前半、堀米 ゆず子氏の音が、くっきりと立体感を持って4F席まで飛んできたのには驚きでした!
決して音響が良いとは言えず、特に弦楽器はソリストの音がいまいち通らないということも
多いのですが、流石でした。音楽が素晴らしかったのは、言うまでもありません。

ベト8は、さすが小泉 和浩氏!という演奏。 伝統的スタイルを踏襲しつつ、小編成
らしからぬ、何処か大胆さえ感じました。

今年は年末の第9の指揮が小泉氏ということと、12月2週目開催ということで、セット券に
入れて購入済み。今から楽しみです♪(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ボストンマラソン 大迫 傑選手3位入賞!

「すぐる、初マラソン走るってよ。」というつぶやきを自らTwitter&Instagramで発信、
ハッシュタグにボストンマラソンの大会名が記載され、SNSでのボストンマラソンへの
参加表明で世間を驚かせた大迫 傑選手。

あれから2ヶ月後、初マラソンにしてワールドメジャーズの1つに数えられるこの大会に出走し、
2時間10分28秒で見事3位入賞!\(^o^)/トップとは50秒、2位とは30秒差という好タイムでした。

2015年にプロ宣言し、ナイキ オレゴンプロジェクトのサポートを受けて、アメリカを
拠点に練習中の大迫選手。昨年の日本選手権では、5000m・10000mで圧倒的な存在感を
放つも、リオ五輪では世界の壁に阻まれ、予選落ち。
しかし、元々マラソン挑戦を明言していただけに、今回のボストンマラソン挑戦は
どうなるかなと、楽しみにしていました。

奇しくも、日本陸連が東京五輪のマラソン選考について発表するタイミングに。
国内の実業団選手とのマッチアップが、楽しみです!(^.^)
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

競泳 日本選手権 in 名古屋


25年ぶりに名古屋で開催された、競泳 日本選手権。
写真は、地下鉄駅に貼られていたポスター。
4月開催とは何となく覚えてましたが、スケジュールまでキチンと見てなかった。(^_^;)
残念ながら、都合で会場観戦は叶わず、TVOAはNHK BS1のみのライブ中継、総合テレビは深夜の録画OAのみで、観れなかったです。(T_T)

今回は、世界選手権の代表選考会を兼ねていた為、熱い戦いが続きました。
初日から、男子 400m個人メドレーで萩野 公介選手vs瀬戸 大也選手が、0.01の争いを
繰り広げたことは、大きな話題に。結果、瀬戸選手が初優勝!
プロとして初の大会だった萩野選手は、5冠を達成。
男子 200m平泳ぎでは、小関 也朱篤選手がリオ五輪 銅メダリストの渡辺 一平選手を
抑えて3連覇を達成!

女子は、池江璃花子選手が日本新記録を連発して、5冠を達成!
新たなヒロインとして、女子 400m個人メドレーで日本新記録を出した大橋 悠依選手に
注目が集まりました。

見どころ満載だっただけに、ニュースを見ながら、やはり生で観たかったなぁと。(T_T)

世界選手権は、7月にハンガリーのブタペストで開催とのこと。
時差との戦いでのTV観戦は必至です。(^_^;)
関連記事

テーマ : 水泳 - ジャンル : スポーツ

ナゴヤサックスフェスタ2017終了!

嗚呼、今年も祭りが終わってしまった、という感じの昨日1日でした。
昨日は夏日となった暑い昼下がり、ナゴヤサックスフェスタ2017は開演、終演は19時を
回る程でした。(^_^;)


朝、会場に向かう前に、名古屋市長選挙の期日前投票へ。
来週末は、ぎふ清流ハーフマラソンの為、地下鉄の始発で出発です。
期日前投票、久しぶりでした。というより、区役所に来たのが引っ越しの転入手続き以来、
10年ぶりというのにビックリです。未だ、転出届を出す機会は無く。。


到着して、選抜オーケストラのゲネプロへ。ステージ向かう前に、パート写真を撮影。(^^)
ゲネプロは、ヒヤリとする場面が多過ぎて、ちょっと心配になりました。。(・・;)


100人オーケストラのゲネプロ終了後、昼食を取ってからホールへ入ると、エントランスで
ズラリCD販売のブースが。(^.^)


恒例のロビーコンサートは、今年もバリトンカルテット♪


1F席のメーカーブース。


開演前は、特に大盛況でした。


そして、2F席のメーカーブース。


オープニングのプロ奏者のオーケストラを聴いた後、選抜オーケストラの準備へ。
本番はヒヤッとする場面がありましたが、何とか切り抜けた?ということで。(^_^;)
何と言っても、満員のお客様の中で演奏出来るなんて、滅多に無いことですから。

中盤、今年で3回目となるナゴヤサクソフォンコンクールの各部門1位の披露演奏を聴きました。
アマチュア部門は、お知り合いのヨップさんが野田 遼氏のMAIを演奏。
技術的に高難度なだけに、凄いなぁと。
U25若手演奏家部門は、愛知県立芸術大学卒の石川 貴憲さん。
披露演奏の前には、ドビュッシーのピアノトリオを石川さんのS・SaxとVcという編成で
聴きましたが、輝きを放つ音色が本当に素敵でした♪
トリオの演奏も、非常に素晴らしかったです。(^^)

そして、3部の冒頭では、アリオンSQとの共演で江原 大介氏のインフニティを演奏したメンバーが。
羨ましいなぁと思いながら、聴いていました。。音の輪コンサートの練習もしなくちゃで、
インフニティに練習する時間がひねり出せる自信が無く、オーディションは見送りました。

最後の音大生合同オーケストラ、難曲のラ・ヴァルスでしたが、流石の演奏でしたね!(^^)

スペシャルステージでは、オーティス・マーフィー氏のソフィストケイトな音に
癒されましたー♪(〃ω〃)
モリネッリも聴きたかったですが、次の準備の為に泣く泣く諦め。。
100人オーケストラでは、いつもは間違えなかった部分を、当日になって余り楽譜に
目を通さなかったせいか、上手く行かず悔しかったり。まぁ楽しく吹けたから、良しとします!(^_^;)
オーティス・マーフィー氏のソロは、割と近くで聴けて、うっとりしてしまった。(^.^)
今日開催されたマスタークラスも、聴講したかったです。。(T_T)


20時前から、レセプションがスタート♪毎回恒例のプレゼント争奪ジャンケン大会は全敗。。(^_^;)

アマチュア吹き仲間で、フェスタ開催当初から連続参加していたクミコさんが、海外に
お嫁に行くことが決まり、最後になるとのことで記念に撮りました♪
10年前の参加当初から、ありがとうございました!m(__)m


そして、大人の打ち上げ♪(^^)


オーティス・マーフィー氏からも、素敵なスピーチが♪(^^)


実行委員長の瀧 彬友さん、ありがとうございました!


100人オーケストラを指揮いただいた、三日月 孝先生!ダンディで、シビれますー。(^_-)


パーカショニストの山田 信晴さん、最後のアドリブソロはスパークしまくり!(^.^)


今春、愛知県立芸術大学を卒業した、小前 奏人さん。卒業演奏会では、素晴らしい作品を
聴かせていただきました♪フェスタでは、2年連続で音大生オーケストラのアレンジと指揮者を。


まだまだご紹介したい方々がいらっしゃいますが、お許し下さい!m(__)m

最後は、実行委員長 瀧さんの音頭で、関東5本締めでお開きに。


今年のプログラム。

関係者の皆様&ご一緒した皆様、本当にありがとうございました!
来年は、またまたえぬ夫の転勤の有無次第になるので、どーなんでしょう。。
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

演奏会直前情報-4/16(日)ナゴヤサックスフェスタ2017@名古屋市青少年文化センター アートピアホール

フェスタ2017
 今年も、この季節がやってまいりました♪
今回で10回目の参加となりますが、私はT・Saxを
アマチュア選抜オケ&100人オケ吹きます。初の海外ゲストにも、ご注目!
ご来場をお待ちしております。

      ナゴヤサックスフェスタ2017
 *日時:2017年4月16日(日)13:30開演
 *会場:愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
 *入場料:学生2,000円・一般2,500円(当日500円増し)
 *スペシャルゲスト:オーティス・マーフィー
 *出演者:東海地区のプロ奏者・音楽大学学生・アマチュア奏者100人
 *内容:
  オープニングアンサンブル
  アマチュア選抜サクソフォンオーケストラ
  ゲストによるスペシャルステージ
  100人のアマチュアサクソフォンオーケストラ
  野外演奏ロビーコンサート
  吹奏楽コンクール 課題曲講習会
  ワンポイントレッスン
  アレクサンダーテクニークミニワークショップ
  
   
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

演奏会のご案内(2017年4月前半)

♯2017年4月1日(土)19:00開演
  東京・新宿区 アーティストサロン“Dolce”
  波多江 史朗×河西 麻希 サクソフォンコンサート・・・終了★

♯2017年4月2日(日)13:45開演
  愛知・名古屋市 愛知県芸術劇場 コンサートホール
  マスターズ・ブラス・ナゴヤ 第2回定期演奏会・・・終了★

♯2017年4月4日(火)18:30開演
  京都・京都市 京都文化博物館 別館ホール
      4月8日(土)19:00開演
  愛知・名古屋市 5/R Hall&Gallery
  NOK Saxophone Quartet 2nd Concert・・・終了★
   ☆出演:S・Sax​福田 彩乃、A・Sax坂井 利絵、T・Sax佐藤 杏奈、B・Sax西田 早希

  
♯2017年4月7日(金)19:00開演
  東京・町田市 和光大学ポプリホール鶴川
  原 博巳&SAXCIPLE 第2回定期演奏会・・・終了★
   ☆出演:原 博巳
        SAXCIPLE(赤木 俊祐・中島 麻美・塚田 奈緒子・川越 明由美・
               大木 麻衣・大野 香菜・石川 弘樹・湊谷 采加・
               木下 祐奈・飯塚 恭平・遠藤 清太朗・米良 亜苑)

♯2017年4月15日(土)16:30開演
  東京・江東区 豊洲文化センター ホール 
  ザッツ・サクソフォン・フィルハーモニー 
         第14回定期演奏会・・・New!Coming soon!
  *お知り合いのSax吹き仲間が、ご所属です♪

♯2017年4月16日(日)13:30開演
  愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
  ナゴヤサックスフェスタ2017・・・New!Coming soon!
   ☆スペシャルゲスト:オーティス・マーフィー
   ☆出演:東海地区 プロ奏者・東海地区 音楽大学学生・アマチュア奏者100人他
  *今年も、T・Saxで参加します♪

関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

卓球 アジア選手権 女子シングルス 平野 美宇選手初優勝!

実質の卓球世界一決定戦と言われるアジア選手権が中国ので開催され、女子ジングルで、
世界ランキング1・2・5位の中国選手を次々と撃破した平野 美宇選手が、ナント優勝!\(^o^)/
1月の全日本選手権で優勝し、今一番勢いがあるなと思いましたが、まさかまさか。(^.^)

中国のナショナルチームも、今後は平野選手を研究しなくてはと言わしめた程。
10代は伸び盛りだけに、これからがますます楽しみでーす!(^o^)
関連記事

テーマ : 卓球 - ジャンル : スポーツ

ライブ6題・その2ーNOK Saxophone Quartet 2nd Concert@5/R Hall&Gallery

早いもので、4月も間もなく折り返し。
今週に入って急に気温が下がったせいか、まだまだ桜は綺麗に咲いています。(^^)


先週の土曜日、午後からはかなりの雨が降り出しました。午前中、天気が持って良かった。

夕方、ドルチェ楽器 名古屋店に寄ったところ、レジにSax奏者・小森 伸二さんの
CDが山積みに。実は、小森さんご本人がレッスンで来店されていたことが判明!
CDを即購入してサインをいただき、右側の小森さんの生徒さん・Eさんと一緒に
写真まで撮っていただきましたー♪(^^)めちゃラッキー!!
Eさんは、週末のナゴヤサックスフェスタでもご一緒している方です。


夜は、千種の5/R Hall&Galleryへ。意外も、久々に来たかもしれません。


この日は、NOK Saxophone Quartet 2nd Concert 名古屋公演を聴きました。
メンバーが愛知県立芸術大学・大阪音楽大学・京都市立芸術大学の出身&在学ということで、街の名前の組み合わせでカルテット名が付いたとか。
京芸の福田 彩乃さんは同じ國末 貞仁先生門下でもあり、応援の意味もあります。(^^)

まだ結成2年ながら、既にカルテットとしての形が出来つつあるのが凄い!です。(^.^)
一方で、Saxとしては古典的なプログラムが並んだことに驚きもありました。
若さ溢れる演奏ではありますが、強いて言えば緩急のある表現や音色が、もっとあればなと。
これからの展開に、期待大なのは変わりませんが。


メンバーの皆様、お疲れ様でしたー♪(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート 浅田 真央選手 現役引退発表


一昨日の夜、テレビ朝日「報道ステーション」終了直前、突然飛び込んできたフィギュア
スケートの浅田 真央選手 引退報道。23時前に、自身のブログで発表があったとのこと。
ネットでも、直ぐにこの話題で騒然となりました。翌日、テレビ朝日が早速緊急特番をOA。
写真は、昨日の朝日新聞 朝刊&夕刊一面から。


そして、今日の昼間に記者会見が開かれ、浅田選手本人から引退に至るまでの心境が、
直接語られました。写真は、朝日新聞 夕刊一面から。晴れやかな笑顔が、非常に印象的。

全日本選手権が12位に終わり、年明け以降の国際大会不参加の意向とニュースで聞いて、
個人的にはなんとなく引退するような予感がありました。
国内外の若手選手が急成長し、トリプルアクセルが飛べない状態までに左膝が悪化したことで、
踏ん切りが付いたのでは?平昌五輪では、230点近くをマークしないと、金メダルは
先ず難しいでしょう。それだけのことを可能にするのは、もう難しいと。

これまでは、物心付いた時からフィギュアスケートだけに捧げた人生だったと思いますが、
新たな世界に飛び込んで、どんな姿を見せてくれるのか?楽しみにしたいと思います。(^^)
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

第81回マスターズトーナメント セルジオ・ガルシア選手初優勝!

ゴルフのアメリカツアーで大活躍中の松山 英樹選手、賞金ランキング4位まで上昇し、
今年はいよいよマスターズの優勝争いに絡んでくるか?!と楽しみにしていましたが。

蓋を開ければ、初日からいきなりマスターズの洗礼を浴び、予選通過を危ぶみましたが、
2日目は良い位置に付けて3日目へ。しかし、ムービングサタデーに乗り切るどころか、
再度スコアを大きく落とし、優勝争いからは脱落。最終日、11位タイまで戻し、
12位以内となる来年のシード権を獲得。出入りの多かった、今年の結末でした。

松山選手と同じように、同世代の若手選手が伸びなかった中、優勝争いを演じたのは、
イングランドのジャスティン・ローズ選手とスペインのセルジオ・ガルシア選手の
タイガー・ウッズ選手世代。特に、ガルシア選手は19歳で鮮烈な印象を残し、神の子と呼ばれ、
ウッズ選手の好敵手と呼ばながら、あと一歩というところでメジャータイトルを逃し
続けていました。しかし、今回はゴルフレポーターの婚約者が帯同し、精神的な充実が
あったのでしょう。落ち着いてプレー出来たとインタビューで語っていたようですが、
とうとう!37歳にして初のメジャータイトルとなるマスターズで優勝!!(^^)
世界中のゴルフファンが、この日を待っていたと思います。
結婚後も、更なる活躍を期待したいです。
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

体操 全日本選手権 内村 航平選手 個人総合10連覇達成!

それは、まさか?!の事態でした。

体操 世界選手権代表2次選考を兼ねた全日本選手権で、体操選手初のプロ宣言をしたばかりの
内村 航平選手でしたが、リオ五輪後の復調が思わしくなく、試合勘の鈍りからくる不調?てま、
個人総合予選ではまさかの4位。代わりに台頭しつつある白井 健三選手ら大学生メンバーが
上位を独占、若手世代との新旧交代か?!と思いました。

しかし、蓋を開けてみれば、決勝では悪いなりにしっかり決めてくるところは流石!(^.^)
僅差ではありましたが、内村 航平選手が10連覇を達成!!\(^o^)/
2位には予選6位の田中 佑典選手、3位は予選トップの白井選手という、結局はリオ五輪
代表メンバーが表彰台を独占でした。

しかし、新世代の演技も観てみたいものですが。(^.^)来月のNHK杯が楽しみです!
関連記事

テーマ : 体操 - ジャンル : スポーツ

ナゴヤサックスフェスタ2017 第3回練習会@名古屋市青少年文化センター

現在、2番目の記事に告知をアップしているナゴヤサックスフェスタ2017。
開催が、いよいよ来週末に迫ってきました!(^^)


今日は、最後の練習日。今年も、奇跡的に?!全ての練習に参加出来ました。

午前中は、選抜オーケストラの練習。
今回は、技術的な問題以外に、和声感や曲の解釈のバラツキやアンサンブル力と、
例年以上にまだまだ難問が多いかも。。
本番、何とかなれば良いなと思いますが。


ランチは、久々にAloha Tableへ。


お昼過ぎからは、100人オーケストラに打楽器セクションが加わっての初練習。


15時からの約30分間は、7th Cafeでサックスフェスタ実行委員メンバーを中心とした
アンサンブルを、休憩がてら聴いてみたり。

練習回数はこれまで通りでしたが、練習間隔が1ヶ月半と短かったせいか、あっと言う間に
本番が来てしまうような感覚が。社会人メンバーは、学生に負けじと仕事の合間に
一生懸命練習してますので、お時間ありましたら、是非お待ちしております♪(^o^)


帰りに、名古屋ゼロゲートにあるスーパースポーツ ゼビオで、再来週末に迫った
ぎふ清流ハーフマラソンの補給食&リカバリー食を買っておきました。
こちらも、間もなく迫ってきてます!(^.^)


帰宅後は、近所のお店でえぬ夫の誕生日祝い。(^^)誕生日月だと、こんな感じにデザートを
いただけるんだとか。大半、私が食べてしまいました。σ(^_^;)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

豊国神社参拝ラン&お花見ラン

天気予報より早く、前日の昼過ぎから降り出した雨。
今日は、豊国神社まで参拝ランをすべく、心づもりしていただけに心配していましたが、
夜になって明け方には止みそうと判り、7時過ぎには起床し、9時過ぎには出発出来ました!

がしかし、雨上がりで湿気が強く、前日までの水分補給が足りなかったこともあり、
かなりの汗をかきながら、早々にスポーツドリンクが無くなることに。(>_<)


今回、名古屋市街地を横断するに当たり、若宮大通を選択。


今や全国区の、矢場とん 本店。


名古屋駅に近づいてからは、洲崎神社へ。
境内には、廣井城址があった場所を記す看板があります。
ネットで調べたら、名古屋市史から調べた方がいて、城主だった中村氏は今川→織田→
豊臣→松平と、時の権力者に上手く付いて家を存続してきたということが解りました。


12時前には、大鳥居に到着。


大鳥居前の和菓子屋さんと桜。


豊国神社へ向かう参道も、桜並木が綺麗でした。(^.^)


豊国神社到着後、2月の泉州国際市民マラソン完走御礼&ぎふ清流ハーフマラソンの完走祈願し、
絵馬も奉納。入口の看板が前回来た時は工事中でしたが、リニューアルしてました。


参拝後は中村公園内を散策して、地下鉄で帰宅しました。

いよいよ近づいて来たなという感じですが、昨年よりひと月早い開催で、脚が充分休めて
ないままなのが少し不安。出来る限り、あとわずかな期間を頑張ります!(^.^)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

ライブ6題・その1ーマスターズ・ブラス・ナゴヤ 第2回定期演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール

新年度が始まって1週間、勤務先内外で人事異動の発表やら、挨拶周りに来社があったりと、
この時期らしい動きがあったりします。


日曜日の午前中は、仕事でまたまた四日市市へ。
急いで名古屋市内へ戻り、マスターズ・ブラス・ナゴヤの演奏会に行ってきました。
昨年は、ナゴヤサックスフェスタの最終練習日と
重なった為、断念したのでした。


3F正面ブロック席はほぼ満席だったので、やむなく下手側から。


左開きのはずが、印刷ミスで右開きというレアなプログラム冊子。(^_^;)

冒頭のメンデルスゾーンが一番楽しみでしたが、鳴らしすぎ・力入りすぎ・後半テンポが
速すぎて、個人的には好みの演奏ではなかったのが、ちょっと残念でした。
最古の吹奏楽作品の1つ、もっとシンプルな響きが好きですが、何だか盛り過ぎ感が。。

2曲目は、一気に編成が大きくなった作品に。
初めて聴きましたが、なるほど和声学の大家の作品だけはあります。

後半冒頭は、武満 徹の金管アンサンブル作品。滅多に聴けないだけに、興味深かったです。
中高生が多数来場していましたが、どう感じたんでしょうか?

メインは、伊藤 康英氏の交響詩「時の逝く」。
17年前にアマチュア吹奏楽団のグラール・ウインド・オーケストラが初演したという作品。
当時は、グラールの団員メンバーが合唱部分も歌ったと伊藤先生のHPに記載がありましたが、
今回はアマチュア合唱団 2団体による合唱、一部メゾ・ソプラノの石戸谷 芙美子氏の
ソロ歌唱での演奏に。歌詞は、詩人・林 望氏の無宗教レクイエム「鎮魂十二頌」より
第1頌『時の逝く』から。
まるで、人生を達観したかのような歌詞の内容に、しみじみとしてしまいました。
ブラスも、この作品でようやく無駄が削ぎ落とされた良い音に。ソロ&合唱隊も好演でした。

アンコールは、無伴奏合唱で武満 徹「小さな空」。美しい歌詞に響き、本当に良かったです。
ちなみに、作品名がロビーに出ておらず、Twitterで出演団体宛に問い合わせました。
ブラスは、「ふるさと」を。


新年度前にプロオケ・プロ吹奏楽団・音大指導者・フリーランス奏者等のメンバーが集合して
開催されていますが、関西のなにわオーケルトラルウインズに負けない演奏会になって
いけば良いなと思います♪(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

カーリング男子 平昌五輪出場決定!

長野五輪が開催されたのが1998年、その時日本代表は開催国枠でカーリングに出場しました。

その頃、小学生だった少年達が長野五輪の試合を観戦。
大人になってSC軽井沢を結成し、日本代表として世界大会の日本代表として、ニュースでは
よく名前を聞くようになりました。

先週、カナダのエドモンドで開催された世界選手権では、1次リーグ敗退となるも
7位以内に入り、自力での平昌五輪出場決定となりました!\(^o^)/
カーリングと言えば女子代表のイメージでしたが、男子代表も試合を観てみたいです。(^^)

関連記事

テーマ : ウィンタースポーツ - ジャンル : スポーツ

名城公園お花見ラン

いよいよ、ぎふ清流ハーフマラソンまであと20日を切りました。


今日は、2部練習を決行。先ずは、自宅近所の川沿いを朝ラン。


先週火曜日の開花宣言後、中々開花が進まず、いつになったらお花見出来るかなと
ヤキモキしていましたが、数日で気温が一気に上昇し、あっと言う間に8分咲きに。
ウォーキングやランニングをしながら、お花見する方々が多数いらっしゃいました。


仕事の後は、ラン仲間との夜ラン&宴会へ。集合前に、名古屋城周回をしながら撮影へ。
19時過ぎで、既に多数のお花見客で賑わっており、ゆっくり走りながら撮影。
ウェスティンキャッスルホテルでは、屋上の灯りを点灯し、真向かいの桜並木を
ライトアップしていました。


名古屋城 正門前は、圧巻の一言。


更に、追手門から東門へ。雲が多く、空は朧月夜風。


19時半に名城公園に集合、普段は10人も集まらないのに、宴会があるということで、
20人以上集まりました。先ずは名古屋城を半周後、護国神社へ。
灯りは少なめでしたが、綺麗でした。その後、名古屋能楽堂にも行きましたが、
灯りが殆どなく、見事な桜が撮れなくて残念でした。


名古屋城周回を更に半周後、名城公園での宴会へ。屋台で一杯ぐらいのイメージでしたが、
水曜日の夜ランの主宰の方々が、かなり本格的な準備をして下さり、正に宴会でした!
ギター伴奏での歌(1960〜70年代)も飛び出し、楽しいひと時でした♪
宴会のみの参加の方もいて、最終的には40人近い大宴会に。


帰る頃には雲が晴れて、月と名古屋城のコラボが!(^^)

翌日以後は雨予報なだけに、正にジャストタイミングでしたー。
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

春のセンバツ 大阪桐蔭高校優勝&プロ野球開幕

春のセンバツについて、タイミング悪く書きそびれていました。。
今年、東海地区からは愛知県名古屋市の至学館高と静岡県から静岡、21世紀枠で
岐阜県の多治見高が出場。
しかし、至学館は初戦敗退、多治見は大敗したのが原因で、21世紀枠の意義を問う声が。。
他の21世紀枠 2校も大敗し、今後は枠の存続に向けて様々な意見が出るでしょうか。

東京の早稲田実業の清宮 幸太郎選手には大きな注目が集まりましたが、残念ながら不発だった様子。
兵庫の報徳学園は、負けたら監督が引退すると宣言した中、ベスト4まで進出。
残念ながら、優勝での花道は飾れませんでしたが。

決勝は大阪桐蔭vs履正社という、初の大阪府内の学校の対決に。雨で順延し、土曜日開催になったお陰で、満員の中、
個人的には監督の経験値から、大阪桐蔭の優勝を予想しましたが、やはりというところ。
しかし、秋季大会の大阪大会優勝・近畿大会 2回戦敗退の上宮太子のような学校もあり、
神奈川県同様、夏の甲子園は1校しか出られないなんて厳し過ぎます。。(・・;)

そして、プロ野球も先週末に開幕!WBCの盛り上がりそのまま、シーズン突入です。(^^)
開幕直前に、アメリカから川崎 宗則選手が電撃帰国&ソフトバンクに電撃移籍。(・・;)
年々、契約条件が悪くなる一方、チームメイトにもファンにも愛されてたのに。
年齢的な問題、家族を帰国させていた上に、2人目のお子さんが生まれたなら、
当然の選択なのかもと思わなくはないかなと。
FAでベテラン勢も動きがありましたが、さてペナントレースはどうなるでしょうか?
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

フィギュアスケート 世界選手権 男子シングル 羽生 結弦選手逆転金メダル&宇野 昌磨選手銀メダル!!

日本フィギュアスケート界が、新たな金字塔を打ち立てました!\(^o^)/


フィギュアスケート世界選手権 男子シングル フリープログラムで、羽生 結弦選手が
自身の持つフリープログラム 歴代最高得点を更新し、321点台を出してトップに!(・・;)
ショートプログラム同様に最終グループの一番手の滑走、全てが完璧な演技は圧巻の一言!
4回転ジャンプは出来栄え点が全て2点以上!!
いやー、ショートプログラムを観て、厳しいかなと思っただけに、なんてタフなんでしょう。。

これがこの後の選手に大きく影響し、特に最終滑走のハビエル・フェルナンデス選手は
ショートプログラムとは別人のよう、4位に沈みました。
パトリック・チャン選手もミスが目立ち5位、ネイサン・チェン選手はジャンプの修正が
上手くいかず、2度の転倒があり6位。今シーズンの台風の目だっだけに残念でしたが、
ジェイソン・ブラウン選手が7位に入り、アメリカは五輪枠 3枠確保となりました。

一方、自分自身の演技が出来ていたのが宇野 昌磨選手と金 博洋選手。
宇野選手は、ジャンプが完璧なら金メダルだったなぁと。(・・;)
フリープログラムの自己ベストを更新
僅か2点ちょっとまで羽生選手に迫ってきました!(^.^)
金選手は表情豊かに演じ、得意のジャンプも完璧に決めての銅メダル。

4回転ジャンプの種類と演技後半での組み合わせがないと、もう表彰台には立てないという、
高難度な時代に突入。平昌五輪に向け、羽生選手の連覇なるか?が楽しみになってきました。(^^)

女子シングルは、エフゲーニャ・メドベージェワ選手が、自身の持つ歴代最高得点を
更新しての金メダル!そして、カナダのケイトリン・オズモンド&ガブリエル・デールマン
両選手が、それぞれ自己ベストを更新しての銀メダル・銅メダル。
三原 舞依選手は5位に入りましたが、樋口 新葉選手が11位だった為、五輪枠 2枠を確保。
大きなプレッシャーの中、それぞれが死力を尽くした大会だったんじゃないでしょうか?
この経験が、きっと糧になるよう祈ります。

ロシア勢は、マリア・ソツコワ選手が8位、アンナ・ポゴリラヤ選手が13位と精彩を欠き、
五輪枠 3枠を確保ですが、国内の代表争いは激化必至でしょう。
アメリカは、新鋭のカレン・チェン選手が4位、アシュリー・ワグナー選手が7位で、
やはり五輪枠 3枠を確保。チェン選手、今シーズンは一度も観てないのですが、
来シーズンは要チェックかと。

それにしても、平昌五輪の女子シングルのメダル獲得、日本勢には宮原 知子選手が
本調子に戻っても、かなり厳しい戦いになりそうです。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP