プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

中日クラウンズ2016 いよいよクライマックス


28(木)に開幕した、今年の中日クラウンズ。
写真は、今月初めに会場前をランニングした時に撮りました。(^.^)

青木 功プロが初日にツアー最年長出場を果たすも、前日に切除した魚の目の跡が痛んで、
無念のリタイア。
雨の中のラウンド、スコアメイクに苦しんだ選手が続出。
がしかし、更に昨日は強風で更に大変なことに!(・・;)予選ラウンドで、メジャーな選手も
多数予選落ちした様子。。

今日になって、ようやく天候が落ち着き、戦況が見えてきました。
明日は午前中に仕事ですが、午後のみ観戦に行ってきます!(^o^)
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その6-河村 飛鳥&中山 順次ジョイントコンサート@クララザールじゅうろくホール音楽堂

昨日からGWがスタートしましたが、私はカレンダー通りになります。
明日は、午前中のみ仕事。

ぎふ清流ハーフマラソンまであと半月ですが、昨日は珍しく大会前に岐阜市へ。
通行止めの案内幕を見て、いよいよだなと感じました。


オーナーの高齢を理由に2014年秋に一度は閉館したクララザールが、十六銀行関係の
十六地域振興財団により昨年秋に名称を変えて
再オープン。音響は抜群だけに、嬉しいニュースでした。(^o^)
そして昨日、Sax奏者・中山 順次さんご出演の演奏会を聴きに、久々にクララザールへ。
東京音楽大学 ピアノ演奏家コース出身の若手ピアニスト・河村 飛鳥さんとのジョイント
コンサートでした。昨年秋には、河村さんの伴奏で中山さんのリサイタルやサロンコンサートが
名古屋市内で開催されましたが、都合で伺えなかったので、本当に久々でした。


前半は河村さんのソロで、ハイドンのロ短調ソナタ・ショパンのバラード1番・リストの
巡礼の年 第2集 イタリア ダンテを読んでと、横綱級のプログラム!
素晴らしい演奏に、もう圧倒されました。(・・;)
後半、中山さんの無伴奏ソロでデュボワのフランス組曲から始まり、一度は閉館した
このホールのオマージュ的作品と続き、
最後には中山さんの師匠に当たるゲストのSax奏者・小串 俊寿先生とのデュオ、そして
中山さんの兄弟子でSax奏者・小森 伸二さんのご登場に会場内は大いに盛り上がりました!(^o^)
クララザール、やはり良い響き。(^^)復活して、本当に良かった♪写真は、それぞれ終演後に。


こちらが、昨日のプログラム。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

演奏会のご案内(2016年4月)

♯2016年4月16日(土)18:00開演
  東京・墨田区 曳舟文化センター ホール
  ザッツ・サクソフォン・フィルハーモニー 第13回定期演奏会・・・終了★

♯2016年4月17日(日)13:30開演
  愛知・名古屋青少年文化センター アートピアホール
  ナゴヤサックスフェスタ2016・・・終了★
    ☆スペシャルゲスト:Sax・雲井 雅人・原 博巳
    ☆友情出演:トゥジュール・サクソフォン クァルテット
    ☆出演:東海地区のプロ奏者・音大生・100人のアマチュア愛好家
 
♯2016年4月19日(火)19:00開演
  東京・新宿区 東京オペラシティ リサイタルホール
  B→C バッハからコンテンポラリーへ181 上野 耕平(サクソフォン)・・・終了★

♯2016年4月20日(水)18:00開演
  愛知・名古屋市 揚輝荘「聴松閣」地下多目的室
  X[iksa]コンサート in 名古屋・・・終了★
   ☆出演:Vn・辺見 康孝&Harp・松村 多嘉代

♯2016年4月23日(土)14:00開演
  東京・港区 高輪区民センター 区民ホール
  クラシックサクソフォンの魅力・・・終了★
   ☆出演:Sax・野村 亮太、Pf・成田 良子

♯2016年4月29日(金・祝)14:00開演
  岐阜・岐阜市 クララザール 16プラザ 音楽堂
  河村 飛鳥&中山 順次ジョイントコンサート・・・終了★
   ☆出演:Sax・中山 順次、Pf:河村 飛鳥
   ☆ゲスト:Sax・小串 俊寿小森 伸二
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その5-第84回日本音楽コンクール受賞記念演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール

いよいよ明日からGW!(^o^)
がしかし、今日は朝から雨模様で肌寒く、ややブルーですが。(>_<)

さて、ちょうど1週間前に行ってきた演奏会について。


日本音楽コンクールの各部門優勝者の演奏会が、毎年4月末に名古屋でも開催されますが、
聴きに来たのは実に初めてでした。毎年、この時期は忙しいこともありますが、
Sax関係の伴奏ですっかりお馴染みの東京藝術大学 大学院生でピアノ部門優勝者の
黒岩 航紀さんがトリでご出演とくれば、伺うしかない!というところ。(^.^)
幸い仕事が早く終わり、ダッシュでホールに駆け付けたら、ギリギリ最初から聴くことが
出来ました。伴奏オケは、指揮・松尾 葉子氏&セントラル愛知交響楽団という布陣。

各部門の様子は、NHKのドキュメンタリーでチェックしており、生での演奏を楽しみに
していましたが、流石は日本最高峰のコンクール優勝者の皆様の演奏でした!(^o^)
黒岩さんの演奏、激アツ且つクールな怪演!!(^.^)
先月、名フィル定期で同じ作品を上原 彩子氏の演奏で聴いたばかりでしたが、また違う良さが
聴けました♪終演後、お会い出来なかったのが残念でしたが、また別な機会にお話し
しようと思います。(^^)2番目の写真は、黒岩さんご登場後の終演直後のもの。
1・2Fは満席と聞き、3F正面席から聴きました。

若い演奏家の皆様の、益々のご活躍をお祈りしたいと思います。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その4-バイオリン&ハープデュオ X[iksa]コンサート in 名古屋@揚輝荘

いよいよGW直前となりましたが、気温はグングン上がり、まるで初夏の陽気になってきました!
とうとう、昨日からクールウールのスーツに半袖カットソーで出勤しています。

さて、先週水曜日は先々週土曜日出勤の振替休みだったので、大学の後輩のバイオリ二スト・
辺見 康孝くん&ハーピスト・松村 多嘉代さんのユニットの初の名古屋での演奏会へ
行ってきました。


会場の揚輝荘は、松坂屋 初代社長・15代伊藤 次郎左衛門祐吉氏の別荘だった建物。
今は、名古屋市の管理になっています。今回、初めて来ました。また、見学に来なきゃ。

会場だった地下多目的室は舞踏場だっただけあって、Vn&Harpデュオには雰囲気もピッタリ
だったのでは?(^^)狭いスペースなので、Saxだったらうるさ過ぎでしょう。(^_^;)


アンコールは真田丸のテーマというのが、Vn奏者には美味し過ぎるところですねー。(^.^)
開演前に、2ショットをパチリ。(^^)
翌日、松村さんはちくさ座の演奏会にご出演とのことでしたが、残念ながら私は別の
演奏に行ってしまいました。(>_<)実は、今回はちくさ座の演奏会がキッカケで来名するからと
実現したコンサートだったそうです。今年で結成10周年とのこと、またの機会を是非
お待ちしています!(^o^)
関連記事

東京五輪2020エンブレム決定

一度は決定した東京五輪のエンブレム、ご存知の顛末で撤回された後、一般公募で再募集され、
1万点を超えた応募作品から最終4案が最終候補として公表されました。
広く意見が公募され、国内外約4万人から約11万件もの意見が寄せられたとのこと。

そして、昨年秋に組織されたエンブレム委員会の昨日の最終投票で、組市松模様の
A案に決定とのデザイナーは、私と同じ学年の野老 朝雄(ところ あさお)氏。
東京造形大学 デザイン学科建築専攻で卒業後、ロンドンのAAスクールに留学した経験も。
現在は、母校だけでなく桑山ファッション研究所や武蔵野美術大学 非常勤講師等を
務められているとのこと。
個人的には、野老氏のお名前もデザインを見るのも初めて でしたが、昨夜某SNSにて
ご本人のページを発見、過去5年間ぐらいの
作品を見て、感嘆しました。
緻密に計算された作品の数々、素晴らしいです。
きっと野老氏をご存知な方は、A案の作者をお判りだったことでしょう。
五輪の5色を使わないエンブレム、滅多に無いんじゃないかと思われます。

実は、愛知県にも関わりがある作品が!
2005年の愛知万博では、トヨタ自動車のパビリオンをデザイン。
そして、このブログでもご紹介した、名古屋で今もっとも話題のスポット。

再掲載になりますが、大名古屋ビルヂングの2〜4Fのファザードガラスは野老氏のデザイン
ということが、昨日ニュースにも上がっていました。
モダンでシックな外観が気に入っていましたが、改めて観に行く楽しみが増えたかも?(^.^)
関連記事

テーマ : アート - ジャンル : 学問・文化・芸術

久々の金のしゃちほこマラソン参加

いよいよ、ぎふ清流ハーフマラソン2016が近づいてきました!(^o^)
スペシャルゲストに、先日現役引退を表明したばかりの野口 みずき氏、招待選手に
福士 加代子選手の参加が発表されました!(^.^)


昨日は、京都マラソン以来、久々にInterlarkenさんまでの往復ランを決行。
1時間程お店にお邪魔しましたが、23kmを走り切れて自信がつきました。
お店では、新商品も購入したり注文したり。(^.^)


今日は、恒例の名古屋城周回朝ランに参加後、偶数月第4日曜日開催の金のしゃちほこ
マラソンにも参加しました。昨日かなり走ったので、今日は15kmだけ走りました。
藤棚には、藤の花が満開に咲き誇って、本当に綺麗でした!(^o^)

いよいよ大会まであと3週間、左脚の調子も良くなってきたので、しっかり調整したいと思います。
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その3-TOY SPARK 名古屋公演@Live DOXY

ナゴヤサックスフェスタ終了から、早や1週間経ちました。
あー、今年も終わってしまったなぁと(>_<)、フェスタロス?!に陥る時期でもあります。(^_^;)


フェスタの2日の夜は、DOXYへ。
東京藝術大学 同級生ユニットのライブが、3年ぶりに名古屋であると知って、行ってきました。
前回は、DOXYが予約出来ず、THE Wizでしたっけね。


ゲストに、同じく芸大同級生で名古屋フィルハーモニー交響楽団 Fg奏者・三好 彩さん&
ピアニストの酒井 麻由佳さん。そんな訳で、名フィルメンバーの方々が多数ご来店されており、
豪華な客席の顔触れでした。(^_^;)


いよいよメンバーがご登場、オリジナル作品での数々を楽しみました♪(^o^)


最後は、5人揃っての演奏。正に、美女の競演!(^^)


終了後には、Sax関係者で撮りましたー。またの機会に、是非聴きたいです♪(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

訃報 歌手・プリンス

昨日の朝、起きて直ぐに見たYahoo!ニュースを見て、絶句。。(・・;)
アメリカの歌手・プリンス、急逝の報道。。(>_<) 嘘でしょ?!と言いたかった。

数週間インフルエンザに罹り、体調が思わしくなかったとのこと。
ミネソタ州の事務所エレベーター内で倒れたところを発見され、死因は未だ不明とか。

1980〜1990年代、MTVでのOAで、独特の世界観を表現した曲やPVに圧倒されました。
セクシーという言葉がぴったり、この歳になってから改めて観ても、益々魅せられます。
過激な表現で物議を呼びましたが、今の40〜50代には欠かせない存在だった筈。

このところ、1980〜1990年代を沸かせた洋楽アーティストの訃報が続いています。
マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、デビッド・ボウイ、
モーリス・ホワイト。青春時代に欠かせないアーティストばかり、まさかプリンスまでもと。
本当に、悲しいです。合掌。
関連記事

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その2-名フィル創立50周年 2015-2016シーズン開幕

ナゴヤサックスフェスタ2016を前後して、まとめて演奏会等に出掛けていますが、
順を追ってアップします。


先ずは、先週金曜日に名フィル定期へ。
今年が創立50周年という節目の今シーズンから、常任指揮者に小泉 和裕氏が就任し、
今月の定期はお披露目公演となりました。


プログラム冊子も一新、シリーズが違う演奏会も、まとめられて月単位に変わり、
メンバー表にエキストラの方々の名簿が無くなったのは楽しみ半減。
特に、管楽器は誰がいらっしゃったかを知るのは重要なんですが。


前半ベト4&後半R・シュトラウスの家庭交響曲という、編成は真逆・年代的に
約100年間を置いた2作品というプログラム、中々面白かったです。(^^)
家庭交響曲はSaxセクションが席の真下だったので、残念ながら殆ど見えません
でした。(^_^;)トゥッティでの演奏が殆ど、Saxセクションとして目立った箇所は無い様子。
その代わり、Hrセクションの超絶技巧を目の前で堪能できました。
流石はリヒャルト!(・・;)、と言うしかありません。

今シーズンからプログラミングが一新され、バランスを取ったと思われる作品が
並んでいます。新作初演や邦人作品が無いのは、個人的には残念なところですが。
ともあれ、ようやくまた始まったんだなぁと思った一夜でした。(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

訃報 作・編曲家 真島 俊夫氏

今日の仕事の昼休憩中、Sax奏者・田中 靖人先生のSNSでの書き込みを見て、
えっ!?と思わず声を上げてしまいました。。
吹奏楽界には欠かせない作・編曲家の真島 俊夫氏の訃報、今でも信じられません。。(>_<)
享年67歳とのこと。

私は、吹奏楽コンクールの1985年課題曲「波の見える風景」が初めて演奏した作品
でした。
実写を思わせる表現の数々、これまでの課題曲とは一線を画した作品でした。

その後、真島先生作品を演奏するチャンスがなかったのですが、1月末のバンドの
定期演奏会で、「THE EARTH〜美しき惑星」をしたばかり。曲中、ホルストの組曲「惑星」のフレーズだけでなく、「波の見える風景」のフレーズも織り込まれてた気がします。

真島先生を通じて、まだまだ新たな世界を見たかったです。ご冥福をお祈りします。

関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

九州中部の大地震から1週間

この度は、熊本県から大分県と、九州中部エリアを震源とした大地震の被害に遭われた皆様には、
心よりお見舞い申し上げます。今まで風水害の被害は聞いても、まさか準備?!という
感じでした。14(木)夜はバンドの練習直後の発生、そして、16(土)深夜はちょうど
熊本県内にいる大学時代の先輩と状況についてネットでやり取りしている正にその最中でした。(・・;)
両日共に、一夜明けて被害は甚大。(>_<)阿蘇山の麓にある九州東海大学の学生さんらが、
学生マンションの崩落で、若い命を落としました。もう、言葉もありません。。

1世紀もの長い間、全く動かなかった活断層の活発化で、熊本県から大分県までの広域に
被害は広がり、特に山間部は道路の寸断が救援活動や物資の輸送を阻んでいるとか。
熊本市内も大きな被害を受け、行政側がかなり対応に苦慮しているようです。
ライフラインはガタガタとなり、シンボルの熊本城はボロボロに崩れるほど。。(>_<)

今回、国の対応の稚拙さが目立ち、自衛隊の派遣や激甚災害の即日指定の見合わせ、
そして、鹿児島県にある川内原発の運転に関する見解、本当にどうかしてます。(ー ー;)
来春の消費税増税も、予定通りって。。

未だ行方不明の方々が多数、車中泊した方からも亡くなった方が出ました。
大きな余震が各地で続き、何万と避難されている方々の心境はいかばかりかと。
Sax吹き仲間の方や大学時代の先輩が熊本県内にいるだけに、TVやネットを見ながら、
本当に心配な毎日です。

しかし、10年経たず大地震がまた発生しました。明日は我が身と、真剣に受け止めねば!(・・;)
関連記事

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

【追記あり】ナゴヤサックスフェスタ2016終了!

2008年の初参加以来、今年で9回目の参加になった15回目のナゴヤサックスフェスタ、
大盛況にて閉幕しました!(^o^)明け方まで雨が降っていましたが、昼から晴れた名古屋の空でした。(^^)


開演前には、お出迎えのバリトンサックスアンサンブル。
そして、アリオンSQ結成10周年ツアーチラシを、メンバーの方が配布される姿が。


今年も、当日券は完売したとのこと。満員のお客様の中で演奏出来るのは、幸せなことです。(^^)

選抜オーケストラは、ガーシュインのパリのアメリカ人。
1回2時間の練習会を、たった3回だけで本番なんて、高校と大学時代に演奏経験が
あるだけに、本当に大丈夫なのか?!と、かなり心配しましたが(・・;)、メンバー全員が
個人練習等で頑張ってきた成果が実りました!(^o^)
昨日のゲネプロでは本当に大丈夫?という通しで、かなーり不安でしたが、本番は全てが
上手くハマり、まさにミラクルを感じましたねー。(^.^)
指揮をして下さった、堀江 裕介さんも驚かれてましたが。皆で、写真を撮ればよかった。。
個人的には、明け方に雨が降って湿度が高かったせいか、ゲネプロで全くリードが反応せず、
かなり焦りましたが、昼間は湿度が下がり、何とか吹けるリードが探せてホッとしました。(>_<)

その後は、各音楽大学のラージアンサンブルの演奏や、ナゴヤサクソフォンコンクール
各部門の優勝者の演奏、スペシャルゲストの雲井 雅人先生&原 博巳さんの演奏を堪能しました。
コンクールのU-25若手部門優勝者として、大阪芸術大学出身の関西の若手奏者・
佐藤 宏亮さんがラーションのSax協奏曲の1楽章を柔らかに演奏、全曲通して聴いてみたかったです。
原さんは、ボルヌのカルメンラプソディを、蝶が舞うようにヒラヒラと演奏される様は、
この作品が技術的に超難曲ということを忘れそうになりました。。(・・;)
雲井先生は、1910年のアドルフ・サックス製の楽器で小品を演奏されましたが、如何にも
古楽器的な上品な音色や響きは、本当に素晴らしかったです。(^^)
最後に、雲井先生&原さんのバッハの演奏を聴きたかったですが、ラストステージの準備で
泣く泣くモニター越しに聴きました。。(>_<)

最後に、100人オーケストラでの演奏。
ナント、恐れ多くも右に雲井 雅人先生&左には友情出演されていた関西のトゥジュールSQ
T・Sax奏者・岩本 雄太さんという中で演奏することになり(・・;)、非常に緊張しましたが、
幸せなひと時でした。(^^)


ロビーでは、各楽器メーカーや出版社や楽器関連の会社のブースが並び、どこも大盛況。
初出展は、石森楽器店さん。雲井先生や原さんの、新譜CD販売もありました。
友情出演ということで、トゥジュールSQの皆様が、2部と3部の休憩中に演奏されたり。
他にも、吹奏楽コンクール 課題曲講習等も、かなりの皆さんが集まっていたとか。
私は、結局ホールでずっと聴いてました。


30分押しの終演だった影響で、短めでしたが参加者全員のレセプションでは、協賛会社
提供商品争奪の恒例のジャンケン大会では大盛り上がり。(^o^)


そして、大人の打ち上げは昨年と同じ会場。終電近くまで、楽しく過ごしました。
ゲストの皆様とも、写真を取っていただきましたー。(^o^)

練習開始からを含め、今年も充実した数ヶ月間を過ごすことが出来ました。
実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。m(__)m
来年こそ、参加出来るか微妙な状況ですが、可能性は探りたいと思います。


遅くなりましたが、今年のプログラムをアップしました。(^^)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

演奏会直前情報‐4/17(日)ナゴヤサックスフェスタ2016@名古屋市青少年文化センター アートピアホール

 しばらく、2番目の記事として掲載します。

 今年も、ナゴヤサックスフェスタの季節がやって参りました!
ナント、15回目の開催になるそうです。またまたT・Saxを吹きますので、
多数のご来場をお待ちしております♪(^^

フェスタチラシ2016

           ナゴヤサックスフェスタ2016
      *日時:2016年4月17日(日)13:30開演
      *会場:愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
      *入場料:前売2000円・当日2500円(前売の段階で、完売の可能性有)
      *スペシャルゲスト:雲井 雅人原 博巳
      *友情出演:トゥジュール・サクソフォンクヮルテット
      *出演:東海地区のプロ奏者・各音楽大学生
           100人のサクソフォン愛好家

関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

マラソン 野口 みずき選手&卓球 平野 早矢香選手 現役引退

2人の女子五輪メダリストが、続けて引退記者会見を開きました。

先週金曜日、記者会見をしたばかりのアテネ五輪 女子マラソン金メダリスト 野口 みずき選手。
北京五輪前の故障が引き金となり、長くレースから遠ざかることに。
リオ五輪を目指して再起を図ったものの、3月のナゴヤウィメンズマラソンでは、トップ集団から
かなり遅れた様子に、これが最後かなと思いながら、おもてなし沿道応援隊の一員として
観ていました。しかし、金メダルを取った時の輝きは、今でも強烈に目に焼き付いています!

そして、卓球の平野 早矢香選手は、世代交代による部分は大きいでしょう。
強気のプレーが、本当に好きでした。ロンドン五輪 団体銀メダルは、彼女の頑張りが
大きかったし。
今や、10代の若手が日本代表選手になる時代です。
記者会見では、清々しい笑顔が印象的でした。

お2人共に、今後は指導者としてのご活躍を、心からお祈りします。(^^)

関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その1-北村 朋幹ピアノリサイタル@宗次ホール

4月も、早や折り返し。
いよいよナゴヤサックスフェスタまで、あと3日となりました!(^o^)


今月、演奏会に行く予定を余りいれてませんが、これは絶対!と思って行ってきた
ピアニスト・北村 朋幹さんのリサイタル。5年前の同日のリサイタルを聴いてから、
この日が来るのを楽しみに待っていました。5年前のリサイタル後に、ドイツへ留学。
国内では、ラ・フォル・ジュルネや武生国際音楽祭、昨日3回目のリサイタルが開催された
トッパンホールのエスポワールシリーズへのご登場等、活躍目覚ましい若手ピアニストです。

前回は東日本大震災直後の時期、ミュライユの別れを意味する作品や、シューベルトの
天国を思わせるような作品まで、煌めく感性をまざまざと見せ付けられました。
今回は、オールドイツ語圏作品と、自身のライフワーク的プログラム。
ベートーヴェン&ブラームス&リストの最晩年作品から、シェーンベルクやブラームスの
若い時代の作品と、かなり対称的な作品が並びましたが、やはりブラームスの2作品でしょうか?
ちょっとやり過ぎ?な面もあるのかなと思わせる箇所もありました、情感溢れる演奏。
正に、北村ワールド全開の2時間でした。アンコールには、その分意表を突かれたかも。(^.^)

前回は20歳の年、今回は25歳になろうかという年、是非3回目のリサイタルの機会を、
楽しみに待ちたいと思います。(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

リオ五輪 柔道・競泳 日本代表決定&北島 康介選手引退表明

いよいよ、リオ五輪まであと4ヶ月を切りました!各競技の代表選考会も、本格化しています。

柔道は4/3(日)の全日本選抜体重別選手権が最終選考会となり、男子100kg超級以外の代表が、
即日発表されました。男子100kg超級は、月末の全日本選手権で決定との。
以前とは違い、選考審査は公開され、国内試合をポイント化・国際大会での実績を重視した結果、
順当な選出だったのでは。今や、JUDOは日本だけの競技ではなく、海外選手に強いことが必須。
日本国内で正統派の戦いで勝つだけでは、日本代表になれない時代になりました。
以前とは違い、スター選手がいない為、注目度が下がってるのが勿体無い。
今や、TVでもゴールデンタイムに試合がOAされなくなる始末。。

そして、先週末は競泳のリオ五輪選考会で、ニュースが大いに盛り上がりました!(^o^)
競泳は競技歴関係なく、最終選考会決勝で2位以内且つ派遣標準記録をクリアしない限り、
日本代表にはなれません。だからこそ、様々なドラマが生まれます。
中学生や高校生の、若い代表が続々誕生しました。今回、代表選手34人のうち、
21人が初代表入りしたとのこと。
昨年の世界選手権直前、フランスでの合宿中に自転車で練習会場へ向かう途中、転倒して
腕を骨折した萩野 公介選手も、順当に代表入りを決め、瀬戸 大也選手とのライバル争いが楽しみ。(^^)

やはり、注目は平泳ぎの北島 康介選手。予選の結果から毎日ニュースとなりましたが、
100m・200m共に僅かな差で代表入りを逃したことを受け、その場で現役引退を示唆。
一昨日は、平井 伯昌代表監督と共に記者会見を開き、爽やかに現役引退を表明。
正に一時代を築き、競泳ブームを牽引した立役者。
アテネ五輪&北京五輪の金メダル獲得後のインタビューでのたった一言が、
流行語にまでなりました。
素人目にも肉体の衰えは隠せなかったですが、いざという競技会にはピタリと
合わせてくる凄さ。結婚して子供が生まれ、平井監督にとって、最近は同志のような
感じだったとも。生徒とのコーチから、大人の関係への変化を感じさせました。
今後は水泳界を超えて、スポーツ界の為にきっと何かをやってくれるでしょう。
本当に、お疲れ様でした!(^o^)

一方で、人気上昇中のバトミントン界の一部のトップ選手の醜聞は、本当に目を覆いたく
なるぐらい。(>_<)他のリオ五輪代表候補選手に、大きな影響が出ないことを祈るばかりです。。
関連記事

テーマ : 水泳日本代表 - ジャンル : スポーツ

男子プロゴルフ 第80回マスターズ 松山 英樹プロ 7位タイ

男子プロゴルフの中で、世界4大メジャー大会の1つに当たるマスターズが、アメリカの
ジョージア州 オーガスタGCで先週木曜日に開幕、つい先程閉幕しました。

何と言っても昨年5位タイだった松山 英樹選手が、初日から優勝争いに絡む戦いを
繰り広げ、上位陣が崩れたこともあって、3日目を終わって3位タイにまで浮上!(^.^)
さて、最終日どうなるか?と楽しみに、今朝の6時過ぎに起きてTV観戦。
がしかし、前半から出入りの激しいスコアに。松山選手の10番ホールのプレーから
TV観戦を始めましたが、後半は2バーディノーボギーだったものの、あと幾つか
バーディが取れたら。。結局、イーブンパーで7位タイという結果に。
今年は、グリーンジャケットを着る姿が観れるかも?と思わせただけに、本当に残念でした。

優勝は、イングランドのダニー・ウィレット選手。
マスターズ初出場のダークホースが、安定したスコアで栄光を勝ち取りました!
欧州勢の優勝は、ナント1999年以来約20年ぶりとか。
イングランドと言えば、ローリー・マキュロイ選手がいますが、今大会振るわなかったところを、
10位タイまで持ってきたのは流石。今大会、イングランド勢はベスト10以内に
5選手がランクインしました。

昨年優勝した地元アメリカのジョーダン・スピース選手、前半は-7までスコアを伸ばし、
独走か?と思った矢先、10番11番ホールで、連続してまさかの池ぽちゃ。。(・・;)
正に、万事休す。しかし、最後は-2まで戻して2位タイに。連覇は、それだけ難しいという
象徴的な結末でした。

気が早いですが、来年こそは松山選手のグリーンジャケット姿を、絶対に観てみたい!です。(^o^)
関連記事

テーマ : ゴルフ - ジャンル : スポーツ

ナゴヤサックスフェスタ2016 第3回練習会

今週末は、久々に連休でした。


今日は、来週末に迫ったナゴヤサックスフェスタの練習。打楽器を交えての最後の練習てした!


練習会場の外では、栄ミナミ音楽祭が開催されており、大津通は歩行者天国になっていました。


午後からの練習の合間には、7th Cafeで若手奏者の方々の演奏も聴きました♪

いよいよ来週末が本番、多数のご来場お待ちしております。(^.^)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート 世界選手権 in USA

アメリカのボストンで開催された、今年のフィギュアスケート 世界選手権、今シーズンを
象徴する結末が待っていました。

先ず、男子シングルスは、ショートプログラムで羽生 結弦選手が自身がマークした自己ベストに
近い特典で首位に!(^o^)スペインのフェルナンデス選手、カナダのチャン選手がベスト3入り。
しかし、フリーでの羽生選手はジャンプの失敗が響き、銀メダルに。
大会翌日、左足甲の靱帯損傷が発表され、そのような状況でもあれだけの演技を!(・・;)
と却って驚くばかり。ベストな状態ならば、結果は違ったでしょう。
金メダルは314点台の自己ベストをマークしたフェルナンデス選手、銅メダルは難度の高い
ジャンプが跳べる中国の金 博洋選手が、シニア初参戦逆転の表彰台でした。
宇野 昌磨選手は、7位と健闘!同じシニアデビューの金選手が表彰台に上がり、悔しいとは
思いますが、宇野選手の頑張りで、来季の世界選手権3枠も復活しました。 (^o^)

女子シングルスは、ショートプログラムで地元のグレーシー・ゴールド選手が首位に立つも、
年末のロシア選手権で220点台を出したエフゲーニャ・ラジオノワ選手がまた220点台を
マークして逆転金メダル&アンナ・ポゴリラヤ選手が銅メダルというロシア勢に割って
入ったのは地元のベテランアシュリー・ワグナー選手が銀メダルに。
ロシア勢はやはりという感じでしたが、今季のワグナー選手は安定してました。
宮原 知子選手はショートプログラムと変わらず5位だったものの、200点台をマーク!(^.^)
昨年銀メダルだった得点が193点台だったことを考えると、今年は一気にレベルが上がりました。(・・;)
浅田 真央選手は、ショートプログラム9位からフリーでは7位に。(^o^)
現役続行を表明し、来季も注目の的でしょうね。
本郷 理華選手も、200点近くをマークしての9位。
女子も、来季の世界選手権3枠を、ギリギリ確保出来ました!

しかし、今季はジャンプの難易度が一気に上がって、怪我をする選手が増えたのが、
本当に気掛かりです。(・・;)女子のロシア選手は、毎年出場する選手が変わるという、
ハイレベルな戦い。来季は、誰の姿があるんでしょう?
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

犬山祭

午後は、念願の犬山祭に行ってきました。
この時期、仕事やナゴヤサックスフェスタと重なり、なかなか行けませんでした。


地下鉄→名鉄を利用して犬山遊園駅へ到着し、木曽川沿いを歩いて犬山城方面へ。


木曽川沿いや犬山城周辺の桜並木が、本当に綺麗でした。(^o^)



犬山城城下の小学校も、桜が満開に。(^.^)


針綱神社前で、鍛冶町の車山のからくり人形奉納&どんでんを鑑賞。
昨年秋、犬山城&城下を見て回った時に、以前の犬山祭の様子をDVDで見ましたが、
からくり人形の生演技はDVDで見るよりずっと面白かったです!(^o^)


13基ある車山を全部見れませんでしたが、やはりお祭りならではの雰囲気を満喫出来ました。
各町内の車山のお囃子は小学校低学年ぐらいの子達が勤め、車山を引くのは男性陣。
車山を引くのはかなりの重労働、奉納後は途中休憩しながら所定の位置へ移動していました。
本当は、夜の提灯が灯された様子も見たかったですが。

元々は江戸時代に針綱神社への奉納神事として始まったこのお祭り、今年で382回目の
開催になるとのこと。天気が心配でしたが、雨は降らず、気温もちょうど良くて本当に良かったです。(^^)
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

名古屋城周回お花見ラン

昨日は仕事でしたが、今日は何とか休みが取れ、朝はラン仲間の皆様と名古屋城周回ランへ。


満開の桜の樹の下、ラン仲間の皆様と合流する前に、1周だけ撮影ランを結構しましたー。(^.^)
いやー、正に春爛漫!途中からは、名古屋能楽堂の桜も見に行きました。

朝ランが平日早朝から日曜日に変更となって、先週から11月末以来の再スタートとなりましたが、
可能な限り参加する予定です。

いよいよ、ぎふ清流ハーフマラソンまであと1ヶ月と2週間。左脚の調子は随分マシになり、
今日は8〜9kmぐらい走れましたが、少しずつ距離を伸ばしたいです!
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

春のセンバツ 智辯学園初優勝

今年のセンバツは、雨で順延になることがなく、順調に一昨日の決勝戦で閉幕しました。

決勝戦は秋の神宮大会優勝・香川県の高松商と奈良県の智辯学園という、公立vs私立のカードに。
高松商は、香川県内で同世代の間で有名だったという浦 大輝投手が高松商に進学することが
分かってから、同学年の有力選手がこぞって入学したとのこと。
第1回センバツ優勝校として名高くも、最近は出場した記憶も無かったのですが、
昨年秋から急に名前を聞くようになったのは、そういう理由だったんですね。
野球の神様の裁定なのかどうなのか、智辯学園のエースで4番の村上 頌樹投手のタイムリーで
延長サヨナラ勝ち・初優勝を果たしました。春に優勝していなかったのが、何となく意外でしたが。
村上投手は、一躍ドラフト注目の選手になりそうな予感。(^.^)U-18代表候補にも、選出されました。

今年のセンバツは、新顔の活躍やベスト8に関西勢が5校も残る等、新たな流れに繋がりそうな傾向が。
21世紀枠同士で対戦した2校に加え、兵庫県神戸市の名門進学校・長田の活躍も光りました。
残念ながら、地元・島根県の開星が初戦敗退したり、住んでいる愛知県の東邦は、
優勝候補でしたが2回戦負けでした。

次は夏の大会、また楽しみに待っています!(^o^)
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP