プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

東京マラソン2016 日本男子勢惨敗・リオ五輪代表の行方は?

昨日は、東京マラソンを始め、愛知県内では私も一昨年までに2回参加した犬山ハーフ等、
各地で多数の大会があり、ネット上で結果を多数見かけました。
東京マラソンでは、初フルでサブ4.25を出したSax吹き仲間 けこっつさんにはビックリ。(・・;)
名古屋からも、多数のラン仲間が参加したり、応援では東京時代に所属したサクソフォン・
アンサンブル なめら〜かメンバーが、ゴールステージに参加したりしてました。
私は、朝の1時間だけナゴヤサックスフェスタ2016の練習に参加し、夜まで仕事でした。
早くも、繁忙期戦闘モード。(>_<)それでも、早くランを再開したいですが、京都マラソン前の
故障が治っていないので、はやる気持ちを抑えてます。(^_^;)

昨日の東京マラソンは、リオ五輪 男子マラソン代表選考レースでしたが、結果は2時間10分以内を
招待選手さえ誰も切れなかったという、信じられない結末。(・・;)
気温高めながらも、天気は抜群だっただけに、ガッカリです。
そんな中、大学生や実業団1年目選手が、気を吐きました!(^o^)

日本陸連では、来月のびわこ毎日マラソンの結果次第では、派遣選手を絞る話も出てる
らしいですが、その枠を揉めてる女子に回して欲しいぐらい。
または、頑張った若手にチャンスを与えても良いのでは?と思いました。
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その7-ユニータ・デラ・サックス 第2回定期演奏会@三井住友海上しらかわホール

今日は決まった予定も無く、久々に終日自宅に籠ってTVを観たりして、ノンビリ
過ごしました。京都マラソン後はかなり忙しくしていたので、相当疲れていました。(>_<)


昨夜は残業しながらも、やりかけの仕事を置いて、しらかわホールへ。
昨年は月末最終日で聴きに行けなかった、ユニータ・デラ・サックスの演奏会でした。
メンバーは、ナゴヤサックスフェスタ初期の主要メンバーを中心とし、中堅&若手メンバーを
加えた編成。プロフィール、中々楽しく読めました。意外に、O型な方々が多いなとか。(^_^;)
終演後は、打ち上げにまで参加させていただきましたー。(^^)


プログラムは、前半がバッハやマーラーにハイドンという、Saxには馴染みのない
クラシックの定番、後半は近現代の作品。後半2曲とアンコールしか聴けず、ちょっぴり残念でした。
前半ではどんな表現をされていたのか、是非聴きたかったです。
アンコールは、吹奏楽作品というのが意外な選曲。(^.^)
指揮者無しでのパリアメの演奏、テンポが目まぐるしく変わりますが、お見事と言うしか
ありませんでした!

名フィル 首席打楽器奏者の窪田 健志さんが客演されていましたが、パリアメでは
多彩な引き出しに、目が釘付けでした。
窪田さんは、来月の東京オペラシティ リサイタルホール B→Cシリーズにご出演予定。
こんな繁忙期でなければ、行きたかった。(>_<)
そして、Harp奏者の山地 梨保さんは、愛知県芸術大学の大学院生。
アンコールのカンタベリーコラールでしか聴けませんでしたが、一度はソロでも聴いてみたいです。

来年以降も、定期演奏会として開催予定とのこと。
関西のミ・ベモルのように、東海エリアを代表するご活躍、是非期待させていただきます!(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

演奏会のご案内(2016年2月)

♪2016年2月
♯2016年2月7日(日)13:00開演
  宮城・仙台市 太白区文化センター 楽楽楽ホール、展示ホール他
  第4回東北サクソフォンフェスティバル・・・終了★
   ☆ゲスト:Sax・小串 俊寿、ハイパー室内楽ユニット「SMILE!」、本多 俊之、彦坂 眞一郎
         Pf・本多 尚美
   ☆出演:東北地方在住&出身プロ奏者・一般公募団体

♯2016年2月7日(日)15:00開演
  神奈川・川崎市 洗足学園 前田ホール
  The11th Saxcherzet Concert サクスケルツェット・・・終了★
  ☆出演:冨岡 和男、池上 政人、岩本 伸一、大和田 雅洋、宗貞 啓二、原 ひとみ、
       平野 公崇、大城 正司、成田 徹、二宮 和弘、大貫 比佐志、原 博巳、
       大石 将紀、有村 純親、松井 宏幸、江川 良子、國末 貞仁、貝沼 拓実、
       林田 祐和、田村 真寛、田中 拓也

♯2016年2月12日(金)19:00開演
  愛知・長久手市 長久手文化の家 風のホール
   「創造博」コンサートシリーズ 若きアーティストのコラボレーション・・・終了★
    ☆出演:音楽系創造スタッフ・井上 陽香(Pf)、石川 貴憲(Sax)、鈴木 豊大(Perc)他

♯2016年2月14日(日)14:00開演
  埼玉・川口市 川口総合文化センター リリア 音楽ホール
  サクソフォン ラージ アンサンブル アイル 第30回記念演奏会・・・終了★

♯2016年2月16日(火)19:00開演
  東京・台東区 東京文化会館 小ホール
  第23回東京藝術大学 サクソフォーン科定期演奏会・・・終了★

♯2016年2月17日(水)19:00開演
  東京・渋谷区 古賀政男音楽博物館 けやきホール
  Les hommes SKY 1st concert・・・終了★
   ☆出演:Sax・S:完戸 吉由希、Pf:K・小瀧俊治、Sax:Y・山浦 雅也

♯2016年2月26日(金)19:00開演・27日(土)11:00開演
  東京・多摩市 パルテノン多摩
  第35回サクソフォーンフェスティバル・・・終了★
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その6-新進演奏家育成プロジェクト オーケストラ・シリーズ 第29回名古屋@愛知県芸術劇場 コンサートホール

2月も残り4日、最近は日の出が早く、日の入りが遅くなり、梅が満開を迎え、木蓮の香りも
漂い始め、日に日に春めいてきています。


昨夜は、愛知県芸術劇場へ。大ホールでは、小澤 征爾音楽塾オペラプロジェクトの
演奏会でしたが、私はコンサートホールへ。今年に限って、日にちが重なっちゃいましたね。。
4Fから、大ホール入口を望むの図。


コンサートホールは、日本演奏家連盟のオーディション合格者による、毎年恒例のシリーズ。
関東エリア以外の、札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・福岡で開催され、地方出身者には、
新人演奏会の中でも大きな登竜門の1つになっています。何と言っても、各エリアのトップのプロオケをバックに協奏曲が演奏出来るなんて、夢のようなことでしょう。
名古屋は、名フィルがバックを務められついます。
ホール入口は、こちらの貼り紙のみが貼られていましたが。(^_^;)


3人目の演奏直前に到着、国立音楽大学 Sax科を今春卒業予定の西田 剛さんには
何とか間に合った次第。抑制のあるコントロールされた音は、しなやかな弦楽合奏の響きに
マッチしていました。指揮は川瀬 賢太郎氏、音楽的な引き出しは流石です!(^o^)

後半のお2人も、ハイレベルな演奏でした!(^^)ラヴェルのピアノ協奏曲、伴奏オケの管楽器群が、
余りにも難しくて、仰天しました。。(・・;)

終演後、出演者の関係者が集まり、同窓会的雰囲気になるのも毎年恒例。(^^)
今後のご活躍を、益々期待します。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート 四大陸選手権 女子シングル 宮原 知子選手初優勝!

先週末、台湾で開催された、フィギュアスケートの四大陸選手権。

京都マラソン前日の宿泊先で、女子シングル フリーの最終グループのみ、TV観戦しましたが、
宮原 知子選手の秘めた静かな力強さみたいなものに、すっかり魅了されました!
結果は、自己ベストで世界歴代7位に当たる214.91点で優勝!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
使用曲は、リストのピアノ曲「3つの演奏会用練習曲」より第3番ため息。
リストがピアニスト引退後に作曲されたせいか、華やかさは無いものの、しっとりとした
静かさを感じるところが、宮原選手にピッタリだと思いました。
しかし、あれだけ失敗なく、演技をまとめる精神力には脱帽です。(・・;)

2位には、5年ぶりに復活したアメリカの長洲 未来選手。
最近見掛けず、心配していましたが、背が伸びて、すっかり大人の女性でしたねー。(^^)
ダイナミックさは、流石はアメリカ仕込み。
3位には、本郷 理華選手が!(^o^)逆に、ショートプログラム2位の村上 佳菜子選手は、
ジャンプの失敗で残念ながら7位に。浅田 真央選手欠場による繰り上げ出場でしたが、
短期間での準備は大変だったでしょう。

男子シングルは、ショートプログラムで92.99点の自己ベストを更新した宇野 昌磨選手は
2位に付けながら、フリーでジャンプのミスが響き4位に終わりました。
カナダのパトリック・チャン選手がフリーで史上3人目の200点越えで、5位からの逆転優勝!
中国の若手2選手を抑えて、貫禄だったでしょう。
中国は、4回転ジャンプを完璧に決めた金 博洋選手&閻 涵選手が揃って表彰台に。
残念ながら日本選手が4〜6位に甘んじる事態、世界選手権はどんな展開が待っているやら。
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

京都マラソン2016 完走!

京都マラソン2016、完走しました!\(^o^)/

がしかし、先月末の地下鉄名城線一周ランの際、オバーペースが祟って痛めた左脚が
スタート直後に痛みに勃発し、ガマンとの戦いに。(>_<)
ただ、ほぼイーブンペースでネットタイムで5時間切れたので、ホッとしました。。(・・;)
しかし、昨年の静岡マラソンよりもタイムは悪かったです。


ゼッケン、背中にも付けました。


7時には、西京極総合運動公園へ。


スタート直後は、良い天気でした。(^^)


ランナーだらけ。


仁和寺前、通過の図。


京都コンサートホール前。北山通辺りから、急に曇って風が強まりました。。


京都市役所前は好天。


かなり飛んで、ゴールの図。タイムは、グロスタイム。東山は、天気今ひとつでした。


ロームシアター京都が、何と女子荷物受取&更衣室に。。(・・;)


銭湯は、京阪 神宮丸太町近くの桜湯へ。ゆっくり出来ました。(^^)


夜は、前の勤務先でお世話になったパート社員の方に、20年ぶりに再会しました!(^o^)
話は、色々尽きず。

今回、街を走りながら、新卒から5年間過ごした京都の様子を見ながら走るのは、楽しかったです。

来シーズンこそは、サブ4.5目指して、また頑張ります!(^o^)
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

京都マラソン2016 前日!

いよいよ明日、京都マラソン2016本番を迎えます!(^o^)


10時過ぎの新幹線に乗って、40分で京都駅到着。
八条口側の宿泊先のホテルに荷物を預け、一路東山へ。



お昼前に、地下鉄東山駅に到着。
細見美術館→ロームシアター京都を覗きましたが、この件はまた後日に。


13時過ぎに、受付会場のみやこメッセへ。殆ど待たずに、エントリーを完了しました!(^o^)


その後は、スポンサーブースへ。
NTTドコモのブースには、ラグビー トップリーグのNTTドコモ レッドハリケーンズの
小林 正旗選手に遭遇!アプリの紹介を受けたのですが、話してるうちに小林選手だと
判明したんです。既にラグビーU-20代表でも活躍、将来の代表トップチーム
入りをお祈りします!!(^o^)


今年の漢字を毎年文字にして発表して下さる、清水寺 森貫主が書かれた絆の文字。
本物は、本当に迫力満載でした!明日のコースマップが、模型にされてりも。


みやこメッセに入る前、平安神宮へ完走祈願へ。
出た後には、フィニッシュラインへ行き、改めてここまで辿り着きたい想いが強くなりました!


夜は、一緒に参加するラン仲間のN川さん&O田さんと夕食。
コースについて相談したり、スタート会場での打ち合わせをしたりしました。

ここまで来たら、やるしかない!\(^o^)/です。ベストを尽くして、頑張ります!!
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その5-名フィル 2月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール

今日から3連休を取って、京都に入っております。いよいよ明日は京都マラソン2016!(^^)
バタバタだった仕事も、何とか目処が立って、ひと息つきました。


昨夜は、何とか18時半前に勤務先を出て、愛知県芸術劇場での名フィル定期へ。


ロビーには、何だか可愛らしいパネルがあちこちに。(^o^)
この絵で、名フィル50周年記念グッズを造っていただきたいですねー。

今回は、物語の再編という副題でのチェコプログラム。
ヤナーチェクの歌劇「利口な女狐の物語」組曲は、絵本を見ているかのようなファンタジックな演奏。
1度、オリジナルのオペラが観たいところ。
指揮者のローリー・マクドナルド氏は、オペラが得意だけあります!
メインのドボ8は、素朴さよりもオーケストレーションを生かした緩急をつけた演奏。
特に、今回弦セクションが良く鳴ってましたが、弦だけでの叙情的な部分の演奏の引き出し方が、
本当に美しかったです!拍手鳴りやまず、マクドナルド氏は相変わらずの人気ぶり。(^^)

そして、バイエルン放送交響楽団 首席Ob奏者 ラモン・オルテガ・ケロ氏の客演ソロで、
マルティヌーのOb協奏曲は本当に素晴らしく、アンコールのフェルリングは悶絶モノでした。。
マルセル・ミュールが編曲したSaxのエチュードがあるのですが、確かB durの曲、
あんな高速では吹けません。。絶句。(・・;)


演奏会後は、同じく金曜定期会員のSax吹き仲間・issac准教授が、来月末から1年間の
ドイツ研修に 旅立ってしまうので、さかなやでプチ送別会を。(^^)
アンサンブル仲間として初めて出会った16年前は、まだ大学生だったのに。(^_^;)
欧州の音楽&スポーツを、生で体験出来て羨ましい限りです!頑張ってねー。\(^o^)/
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その4-カルフール・サクソフォンカルテット CDリリースツアー in 名古屋@Live DOXY

2月も半ばを過ぎ、段々と春めいてきました。
仕事は、ようやく少し落ち着きを見せ始めていますが、まだまだこれからが本番。


週明け早々、残業を切り上げて、久々に栄のDOXYへ。
広島市を中心にご活躍中の、カルフールSQが初の名古屋公演に当たり、小森 伸二さんが
ゲスト出演と知って、駆け付けた次第です。


到着時にはスタートしたばかりのところ、まだまだ場の空気が温まっていませんでしたが、
テナーの藤井 政美氏の上手いMCで、心配無用という盛り上がりでした!(^o^)
エリザベト音楽大学 Sax科出身メンバーが殆どですが、藤井 政美氏はナント早稲田大学
JAZZ研究会出身で、有名ミュージシャンとの共演も多数という、スーパープレーヤーと
後で知りました。。(・・;)もっと、色々話を聴けば良かった。


小森さん門下の皆さんが多数来場していましたが、小森さんの無伴奏ソロ有り、小森さんメインのクインテットでの演奏もたくさんありました。(^o^)

残念ながら、肝心のCDを購入出来ませんでしたが、いつかゲットしたいです!
また、名古屋でのライブを、楽しみに待ちたいと思います。(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

男子テニスツアー ATP250 メンフィス・オープン 錦織 圭選手4連覇!

昨日の出勤前、平日毎朝観ているTBS「あさチャン!」で、錦織 圭選手がアメリカの
メンフィスで 開催されていた男子テニスツアーのメンフィス・オープン4連覇達成の速報が!
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

出勤途中に、Facebookの大会公式ページやTwitterの大会公式アカウントでは、錦織選手の
4枚の写真がアップされました。それは、優勝毎に貰ったトロフィーを持った4年間分の 表彰式の写真!(^o^)ナントも粋な演出☆、流石はアメリカです!!
今回も、ギブソンのギターがトロフィーになってましたねー。(^^)
この大会の4連覇は、ジミー・コナーズ氏以来とか。
プロ化されてからは、ビッグ4メンバーに続いての快挙は凄いです。(・・;)

トーナメント表を見ても若手選手が多く、楽勝とも思われましたが、下剋上を 目指す選手に
足元をすくわれる可能性もあります。
決勝は、全米ジュニアチャンピオンで、主催者推薦で出場したテーラー・フリッツ選手。
ビッグサーバーで勢いがあるだけに、最初の3ゲームを先行されてどうなるかと思いきや、
若い挑戦者を揺さぶる技を仕掛けまくって、圧勝と言って良い試合運びだった様子。(^.^)
フリッツ選手は、錦織選手所属のIMGアカデミーからの要請で、練習相手になった経験が
あったようですが、練習と試合では全く違ってたとの完敗の弁。

松岡 修造氏は自身のブログで「エルヴィス・圭!」と、かの地のヒーローでもある
エルヴィス・プレスリーを引き合いに出し、「ラブミー・テンダー」等の替え歌まで
披露してました。(^_^;)

次週以降もツアーは続いて行きますが、またまた吉報を待ちたいです!(^o^)
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

ボストン美術館 ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年@名古屋ボストン美術館

週末は、気温急上昇でしたが、今日は一転冬の空気に逆戻りです。(>_<)
寒暖差、気を付けなきゃ!


一昨日の土曜日になりますが、朝の名古屋城周回朝ラン後、帰宅して急ぎ準備し、
17時から治療院に行く前に、金山の名古屋ボストン美術館へ。
午後はすっかり雨模様、午前中はギリギリセーフでした!

アメリカのボストン美術館の所蔵作品から、イタリアの人工都市・ヴェネツィアの歴史や、
影響を受けた外国人作家の作品が展示されていました。
街の形成は5世紀、キリスト教だけではなく、隣接するトルコ等の異教徒からの影響が
色濃く反映されているのに驚きました。一番の繁栄は、ナポレオンに制服されるまでの
ルネサンス期でしょうか。

多くの有名作家の絵画や、作曲家の音楽、はたまた映画にも名前が出てくるヴェネツィア、
いつか一度は行ってみたいです。


来月からは、ルノワール関連の展示予定、こちらも行かなくては。(^^)
関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ナゴヤサックスフェスタ2016説明会参加

いよいよ、今年もナゴヤサックスフェスタの季節がやって来ました!(^o^)


4/21(日)と、今年は遅めの4月3週目開催となるナゴヤサックスフェスタ2016、
今年の参加者説明会は久々にヤマハ 名古屋店での開催。会場の7Fに到着したところ、
実行委員長・瀧 さんが 参加者を迎えて下さってました。
今日はバレンタインデー、早速持参したチョコをお渡しちゃいましたー。(^^)

14時から説明会がスタートし、直ぐに楽器別に分かれ、パート決めの為の演奏チェックが開始。


各自終わった後は、16時前まで自由時間。
広小路ヤマハホールのイベントでピアニスト・玉田 裕人さんの演奏や、店舗1Fで
愛知県芸術大学 Sax科メンバーによるカルテットの演奏を聴いたりしました。
16時からは今年の演奏曲音源を聴いて、16時半過ぎには解散に。

練習は28(日)が第1回となりますが、中々の難曲揃い(・・;)、さてどういう感じに
仕上がっていくんでしょうか?!(^.^)
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その3-山内 敦子ピアノリサイタル@電気文化会館 ザ・コンサートホール

2月も、早や2週目が終わろうとしています。
2016年がスタートしたばかりですが、いやはや早いですねー。(・・;)


一昨日の祝日は、庄内緑地公園でのランニング後、ダッシュで準備して電気文化会館へ。
ピアニスト 山内 敦子さんのリサイタルへ行ってきましたが、残念ながら2曲目のベートーヴェンが
始まっており、親子室に初めて入室し、1楽章最後の辺りから聴くことが出来ました。
4楽章冒頭の和声、見事なまでに調和した響きに、目が覚めるような思いに。(・・;)

後半、ホールに入ってショパンとシューマン。
今回は、特にシューマンの幻想曲が聴きたかったんです。
ショパンの舟歌は作曲家自身がヴェネチアを旅した情景を元にしただけに、ロマンチック。
シューマンは重厚な響きながらも、溢れんばかりのほとばしりも感じました。
アンコールは、ドビュッシーの月の光とリストの愛の夢。

ホール内、8割は埋まってたでしょうか?終演後は多数の方々が山内さんに挨拶をとお待ちになってました。


私も一緒に。(^^)


プログラムと、来場者全員に配られたクッキー。(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

京都マラソン2016直前 名古屋城周回朝ラン

昨夜も、21時まで仕事してました。(>_<)
帰りの地下鉄車内、洋菓子メーカーの紙袋を持ったスーツ姿の男性を結構見かけましたが、
きっと会社内か何処でバレンタインチョコを貰ったんでしょうね。(^.^)


いよいよ、 京都マラソン2016が来週末とカウントダウンに入ってきました。
今朝は、一緒に参加予定のOさんを始めとしたラン仲間有志で名古屋城周回朝ランへ。
雨が心配されましたが、走る時間帯には上がって良かった。(^^)
今朝は、多数の観光客に混じって、ランナーな方々が多数練習に来ていました。
ナゴヤウィメンズマラソン&シテイマラソンまで、ちょうど今日であと1ヶ月ですね!(^o^)

Oさんのアドバイス、色々考えさせられました。身体作りは、未だ途上です。(>_<)
3周 9kmで今日は打ち止め、大会までしばらく脚を休めます!

集合場所の二の丸大手ニ之門付近が、現在絶賛工事中。
黒松が素敵に映えるよう整備され、ガタガタだった歩道が歩き易くなってました。

関連記事

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

京都マラソン2016まであと10日!

2月に入り、仕事の方は人手不足もあって、いよいよ忙しくなってきました。(>_<)
遅い日は、22時前になるのもザラです。。


いよいよ、京都マラソンまで今日であと10日!(^o^)
今日の祝日は、朝から庄内緑地公園へ。
今シーズン、2回目の参加となるランニングステーション Run upの3時間走に参加しました。
とはいえ、30km走ると来週の大会までに疲れが残るので、1km 6分チームで走り、16km迄で自主終了。
天気は快晴!気温も上がり、コンディションは申し分無かったです。(^^)
後は、今週末に少し走って大会に備えます。
インフルエンザが流行ってますが、何とか切り抜けたいですね。

今回、北京五輪 女子マラソン代表の中村 友梨香さんが急遽来名され、途中一緒に走って
お話することが出来ました! スタッフ関係者のお知り合い?で、今回来て下さったようです。(^o^)
まさかのオリンピアンな方とのトークに、ドキドキ。(^^)
一昨年引退されて、今は所属の天満屋社員として勤務されてるんですねー。


こういう花を見ると、春が近づいてくることを感じます☆
関連記事

テーマ : ランニング - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その2-鈴村 真貴子ピアノ・リサイタル@電気文化会館 ザ・コンサートホール

昨日から中華系の皆様は正月に当たる春節ということで、明けましておめでとうございます!(^^)

さて、一昨日のセントラル愛知の定期演奏会のプログラムに挟み込まれていたチラシを見て、
慌てて昨日の昼間に電気文化会館へ駆け付けました。


しらかわホールのクラリノッツはパスして、ピアニスト・鈴村 真貴子さんのリサイタルに
行ってきました。鈴村さんとは、知多半島春の音楽祭2013に東京藝術大学同期のSax奏者・
東 涼太さんの伴奏を務められたのをキッカケに、お知り合いになりました。
大学院時代に作曲家・プーランクのピアノ作品を研究され、卒業後はフランス留学もされています。
実は知多半島のご出身で、明和高 音楽科のご出身。
今は都内を中心にご活躍され、名古屋のリサイタルはナント10年ぶりとのこと。
いつかはソロリサイタルに伺いたいと思っていましたが、昨年秋に東京都内の
KAWAIのピアノサロンでリサイタルを開催されたのを知り、聴きに行ったSax吹き仲間を
羨ましく思っていました。全くノーチェックでしたが、こんな形で念願叶って感激でした!(^o^)


プーランクの晩年と初期の作品を軸に、プーランクが好きだった作曲家の作品が
プログラムされた内容。作品によって、響きや音の重み・音色が、まるで水彩画の
パレットのように変わっていく様は、正にフランス音楽を熟知した演奏家ならではの表現。
圧巻はプーランクのテーマ・ヴァリエ、この作曲家の全てが詰まっているようでした!
奇しくも1/30はプーランクの亡くなった日から、まだ数日というこのタイミング。
アンコールは、今年生誕150年を迎えるサティのジュ・トゥ・ヴ。

終演後、鈴村さんにご挨拶がてら、記念の2ショットを撮らさせていただきましたー。(^^)
また機会があれば、是非聴きに伺えたらと思います。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ7題・その1-セントラル愛知 2月定期@三井住友海上しらかわホール

いよいよ、京都マラソンまで今日であと2週間となりました!(^o^)
昨日は、昼前から20km走へ。がしかし、思ったより帰宅が遅くなってしまい、
かなり悩みましたが、大会直前の為、今回ばかりはランを優先しました。
帰宅後、大慌てて準備し、しらかわホールへ。


セントラル愛知の久々の土曜定期、こんな訳で残念ながら前半は最後のモーツアルトの
オペラアリアのみを鑑賞。ソプラノ歌手の伊藤 晴氏、初めて聴いたのですが、
伸びやかな艶のある歌声でした。(^^)
若手有望株として大きな舞台をこなされ始めている様子、今後のご活躍に大いに期待します!(^o^)

後半は、今年生誕120年の作曲家&指揮者 山田 耕作の交響曲「かちどきと平和」。
1912年に留学先のベルリン高等音楽学校の卒業作品として作曲され、ナント日本人初の
交響曲作品に当たるとか。タイトルが、第一世界大戦からきているのは明白です。
中々滅多に聴ける作品ではない選曲をするところが、流石はセントラル愛知。(^.^)
メロディは、後々の山田作品に繋がるようなフレーズが満載。
実は定期初登場だったセントラル愛知 指揮者の角田 鋼亮氏が、見事にその世界を
体現して下さいました!(^o^)角田氏は若手指揮者としてメキメキと頭角を
現されているので、これからのご活躍が益々楽しみです。(^.^)


今回の定期のメンバー配置表も、アップしてみました。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

立春

先日、年が変わったばかりと思っていましたが、気が付けば2月。


節分の日の昼休み、恵方巻を食べました。(^^)あ、豆は買いましたが、未だ食べてないです。(^_^;)


一昨日は立春、暦まで変わりました。
昨夜は、自宅近くの居酒屋で、愛知県の銘酒・蓬莱泉の立春朝搾りを飲みました。
もはや、毎年恒例行事。(^.^)

これから段々と日が長くなり暖かくなっていく、筈です。
この冬は、急に冷えてきたので、さてどうでしょう?
近所でも、梅の花がチラホラ咲き始めたのを見掛けますねー。(^^)
関連記事

テーマ : 外出先から - ジャンル : モブログ

春のセンバツ 出場校決定&プロ野球 キャンプイン

先月末、3月末に開催される選抜高校野球の出場校が発表されました!
地元からは、開星高が6年ぶりに選出されました。\(^o^)/
昨年の、秋季中国大会でベスト4に入りましたが、中四国枠の中に入るかどうかという
ボーダー上にありましたがら、数字の面で様々に評価が高かったのが決めてだったようです。
愛知県からは、秋季東海大会優勝校として、東邦高が選出されています。

注目の21世紀枠は、岩手県釜石・兵庫県長田・香川県小豆島の各高校。
釜石高は東日本大震災の、長田高は阪神淡路大震災の被災地。
長田高は、このエリアでは有数の県立進学校でもあります。

開幕まで約2ヶ月、新たなスターの誕生を、楽しみに待ちたいです。(^^)

そして、2月からはプロ野球各球団が一斉に春季キャンプをスタート。
監督の世代交代で、40代の監督が一気に増えました。
ドラフト1位入団の注目選手が、毎日ニュースを沸かせてくれています。
晴れて入団出来ても、本当の厳しい戦いはこれから。2〜3年後も、話題を振りまいて欲しいです。

しかし、シーズン冒頭からニュースに流れた元大物選手の事件は、華やか空気に
完全に水を差す事態。。高校時代から知る選手だっただけに、本当にショックです。(>_<)

関連記事

テーマ : 野球 - ジャンル : スポーツ

全豪オープンテニス 男子シングル ノヴァク・ジョコビッチ選手優勝

先月半ばから日曜日まで、今年も大いに盛り上がった全豪オープンテニス。

錦織 圭選手は、ベスト8まで順調に勝ち進み、特に先週日曜日のドゥンガ選手との試合は
圧勝との言っても良い出来で、今年こそは優勝?!と期待しましたが、またまた立ちはだかった
準々決勝でのジョコビッチ選手の壁。良いところ無く、ストレート負けでした。
これで、世界ランキングは9位に上昇。
来週からの、相性の良いメンフィス・オープンに期待します!(^o^)

準決勝は、ジョコビッチ選手vsフェデラー選手という、これまでの対戦成績五分の
戦いに。
フルセットまでもつれ込みましたが、ジョコビッチ選手が逃げ切りました。
決勝はマレー選手と対戦、流れをモノにし、見事に優勝!(^o^)
メルボルンの地元紙は、ジョコビッチ選手に勝てるのはジョコロボットしかいないのでは?!
と書き立てて話題になった程、強かったなという印象。まだ暫くは、天下が続きそうです。
女子シングルは、第7シードのケルバー選手が、ドイツ人選手としてグラフ選手以来の
優勝が大きな話題になりました。

車いすテニスでは、国枝 慎吾選手が男子シングルでナント初戦敗退にビックリ。(・・;)
男子ダブルスは、準優勝でした。
上地 結衣選手は、女子シングル ベスト4敗退、女子ダブルスは3連覇の偉業達成です!\(^o^)/
関連記事

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ

第35回大阪国際女子マラソン 福士 加代子選手 日本歴代7位の記録で優勝!


一昨日日曜日は、いよいよ20日を切った京都マラソンの為、午後から名古屋市内を走り込み。
街中は、ナゴヤウィメンズマラソン2016関連の告知が目立ち始めました。
野口 みずき選手が参加を表明し、益々盛り上がりそうです!(^o^)


この日は、大阪でリオ五輪の女子代表選考レースとなる大阪国際女子マラソンが開催され、
福士 加代子選手が圧倒的な強さで優勝!\(^o^)/日本陸上連盟が設定した派遣標準記録を上回り、
リオ五輪代表有力候補に名乗りを挙げました!!(^o^) 写真は、ニッカンスポーツ 裏一面から。

解説の増田 明美氏は、福士選手のゴール直前に号泣し、ネットで話題になったようですね。福士選手は10000mの選手としては国内で無敵でしたが、マラソン転向後は苦難続き、それを思っての 涙だったとか。
これまで福士選手が五輪代表選考に失敗してきたのは、直前に食べれなかったことだとのこと。
フルマラソンを走る今なら解りますが、エネルギー切れは致命的です。
しかし、今はレース直前にどんぶり飯を平らげるほどとか。(^_^;)

これでメデタシとならないのが、これまでのマラソン五輪代表選考。
福士選手は派遣標準記録を上回ったにも関わらず、日本陸連が確約の発表もしない為、
3月のナゴヤウィメンズマラソン参戦を検討してるとか。(・・;)
脚に良い訳ないので、本気?と思いますが。。
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

男子サッカーAFC U-23選手権 日本代表逆転優勝!

先週末も様々な競技目白押しでしたが、先ずはやはりサッカーでしょう。(^^)


日本時間の先週土曜日深夜に開催された、男子サッカーのリオ五輪最終予選となる
AFC U-23選手権 決勝 対韓国戦。バンドの本番&打ち上げを終えて帰宅したら、
ちょうど後半が始まったばかりでした。
既に0-2の劣勢に、やはり優勝は無理?、と思った途端に立て続けに得点!\(^o^)/
そして、トドメの追加点が入り、大逆転優勝!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
正直、今回のこの世代がココまでやれるとは思って無かったです。(・・;)
韓国に初勝利したのが、まさかこんな試合になるとは。
写真は、ニッカンスポーツから。

様々な記事を読んでいくと、手倉森 誠監督就任前のこの世代に対するチーム作りの
問題点が様々上がっています。それを一から立て直した手倉森監督の努力と執念に、
敬意を表します。技術はあっても精神的な未熟さは、やはり致命傷ということですね。

3位にはイラクが入り、アジアの代表が出揃いました。

来年のリオ五輪には、18人しか選ばれません。U-23代表残留への戦いが始まりますが、
五輪メダルへ近づけるチーム作りを希望します!(^o^)
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP