プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

2015年振り返り


昨日、仕事納めの前に走り納め。月が、ちょうど南中していました。
仕事納めの後、帰宅して深夜まで年賀状書きをスパート、お陰で今日は起きたら昼前。。(^_^;)


写真は、名古屋高速からの夕日。今年は、久々に私の実家で年越し。昨年一昨年と違い、
雪の心配が無く何より。しかし、昼過ぎに自宅を出てから色々立ち寄り、結局高速に
乗ったのは夕方になってしまいました。今日中に、実家に着くのかどうか。

と言うことで、毎年恒例の帰省中の1年振り返り。

楽器関係は、バンド活動と1月&8月の発表会と4月のSaxフェスタに加え、5月の4年ぶりの
音の輪コンサート、6月の関西Saxフェスにも参加と、様々な本番を経験しました。
8月の発表会ではピアノトリオに初挑戦が長生 淳氏のパガニーニ・ロストだったという、
超難関作品にトライ。(・・;) 不安で一杯でしたが、何とか辿り着き、本当に安堵しました。。
名古屋生活が長くなり、楽器関係のお知り合いが年下世代まで幅広く広がっております。(^_^;)
演奏会も、色々行きました。

マラソン関係は、1月木曽三川マラソン ハーフ・3月静岡マラソン フル・5月ぎふ清流ハーフ・
10月ナゴヤアドベンチャーマラソン フル・12月愛知池ハーフと、5つの大会に参加。
フルではそれぞれ自己ベスト更新、ハーフは1月と12月で自己ベスト更新しました!\(^o^)/
特に、愛知池ハーフは、まさかの1時間50分切りにビックリでした。(・・;)

仕事では、社内の大幅組織変更が一番でしょうか。
事前の説明無く、30年あった組織が9月にほぼ解散、所属営業本部から切り離されて
地域の組織に所属変更したものの、色々不自由なことが噴出しています。

プライベートでは、2度目の名古屋生活も9年目。えぬ夫共々、元気に過ごせて何より。
マラソンのお陰でお酒の量が減り、ジム通いも間もなく4年目、身体が少しずつ締まって
きてます。(^.^)

来年は、年明け早々に結婚20周年を迎えます。えぬ夫と力を合わせて、楽しく過ごして
行けたら。どうか、来年もよろしくお願いします!(^^)
関連記事

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

CDリリース情報・2015年

・5/18 on sale:大石 将紀「NO MAN'S LAND Masanori Oishi plays JacobTV」
         (ZIPANGU・ZIP-0053)

・5/20 on sale:はやぶさ四重奏団「VARIATIONS 」
         (NEW VINTAGE RECORDS ・ NVRC-2926 )

・9/26 on sale:浅利 真「Vongole!」(Wako Record ・WKCD-0076)
関連記事

テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート 全日本選手権

昨日の女子サッカー続いて、フィギュアスケート 全日本選手権について。

男子シングルは、羽生 結弦選手が4連覇を達成!
しかし、疲れが見えるのは明らかで、ジャンプでの転倒も。本人、相当悔しがってましたね。
世界選手権では、新たな4回転ジャンプを跳ぶと公言、更なる進化が楽しみ。(^o^)

2位は宇野 昌磨選手、3位無良 崇人選手が表彰台へ。
但し、世界選手権の切符は2枠しか 無くなったので、残念ながら代表は上位2選手のみ。
期待した村上 大介選手、この大会では精彩を欠いたのが本当に残念でした。
ジュニアの山本 草太選手は、ショートプログラムのジャンプのミスが痛かった。
しかし、フリーでは順位を上げて、6位入賞。ジュニア世界選手権では、巻き返しに期待します!(^.^)

女子は、中学生世代が中心となり、一大旋風を巻き起こしました。
優勝は、高校生の宮原 知子選手がGPファイナルからの好調を維持して連覇達成!(^o^)
2位は、ジュニアの樋口 新葉選手が昨年3位から更にランクアップ!
秋のシーズンは怪我が元で不調になり、ジュニアGPを逃す結果からの大逆転。
3位には、ショートプログラム5位と絶不調だった浅田 真央選手が、逆転で3位に!\(^o^)/
ショートプログラム2位だった本郷 理華選手が4位に入り、宮原・浅田・本郷各選手が、
世界選手権代表に決定。村上 佳菜子選手はショートプログラムが良かっただけに、
フリーでジャンプを跳び忘れたりと順位を落としてもったいなかった。。(>_<)
そして、ベスト10にはジュニア世代6選手が占めて、完全に世代交代を感じる大会でした。
ジュニアGPファイナル3位の本田 真凛選手は10位と不調でしたが、実績を考慮しての
ジュニア世界選手権代表に!(^o^)

いやはや、見どころ満載で、今年も中々面白かったです。(^.^)
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

女子サッカー 皇后杯 INAC神戸優勝&澤 穂希選手引退

昨日の朝日新聞 朝刊によると、日曜日はバレーボール・ハンドボール・フェンシング・
フィギュアスケート・女子サッカーの、計5つの競技で全日本選手権タイトルの決勝が
行われたようですが、やはり一番は女子サッカーでしょう!(^^)


澤 穂希選手のラストマッチとなった、女子サッカー 皇后杯決勝 INAC神戸vsアルビレックス新潟戦。
試合を決めたのは、やはり澤選手でした!らしいと言えばそうなんですが、こういう嗅覚や
貪欲さのある選手が彼女しか見当たらないのが、サッカー界の不幸かなと。。(>_<)
写真は、スポーツ報知 表裏一面から。彼女には、女王の輝きが似合います。\(^o^)/

競馬の有馬記念では、3着だったキタサンブラックの馬主の歌手・北島 三郎が、
優勝セレモニーに飛び入り参加、カラオケで「まつり」を熱唱してましたねー。(^.^)
有馬記念は、投票で選ばれた人気の馬しか出走出来ませんから、ある意味ファンへの
恩返しでしょうか。

関連記事

テーマ : ★☆女子サッカー☆★ - ジャンル : スポーツ

ライブ7題・その7-サクソフォン サロンコンサート 昼の部@アーク栄Kサロンホール

今日を入れて、今年もあと5日。
街中、賀正や新春という言葉にアッと言う間に早変わりですね。

さて、先々週の土曜日になりますが、今年行ってきた最後の演奏会について。


この日は、翌日のマラソン大会の為に午前中はランニングしてから、伏見駅方面へ。
オフィスビルの中に、こんな感じのサロンホールがありました。
以前からここでの演奏会チラシを目にしてましたが、来たのは初めて。
土曜日とは言え、同じフロアの他の部屋では、仕事中の会社も多かったようです。

名古屋音楽大学 Sax科講師で、来春のナゴヤサックスフェスタ2016 実行委員長でもある
瀧 さんのサロンコンサートの昼の部を聴きに来ました。もちろん、客演3人のSax奏者を迎えての
夜の部もありましたが、翌日のマラソン大会を控えて迷ってる間に、完売となってしまいました。(^_^;)

プログラムの通り、前半はいわゆる宮廷のサロンで聴かれていたかのような作品群、
後半はリサイタルプログラム並みの重量級のトマジの作品なども。
ホールと違い、演奏者との距離が近く、瀧さんのキラキラとした響きをダイレクトに
聴けるのは、このようなサロンの魅力でしょうか。(^.^)
終演後に、アマ吹き仲間のAさんも交えて記念に♪

一昨日の土曜日にもう1つ行きたい演奏会がありましたが、予定外に仕事が延びてしまい、
敢え無く断念。(>_<)これで、2015年聴き納めとなりました。


こちらが、伺えなかった夜の部。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

バンドの年内最終練習へ

学校関係は冬休みに入り、クリスマスが過ぎで、仕事納めの会社が多数あり、良いお年を!
との掛け声を聞く季節になりました。ま、私は昨日は仕事、年内30日迄ですが。


今日は、朝からバンドの練習の為、日本特殊陶業市民会館 リハーサル室へ。
会場確認の為、出掛ける前にiPhoneを見ようとしたら、電源が入ってない。。
前の晩は問題無かっただけに、非常に焦りました。(>_<)慌ててiPad Airを用意して外出。
練習の合間、docomoの補償サービス部署に連絡して、最悪交換も検討した程です。
幸いにも、とある操作で事無きを得てホッとしました。。(ー ー;)やれやれ。

練習には、3分の2ぐらい集まったでしょうか?
本番まであとひと月、テンポも随分上げての合奏でした。
写真は、TP新入団メンバーの入団面接の様子。他のパートが中々人数が増えない中、
何故か10〜20代女子がTPに集まってきて、羨ましい限り。

次回は、年明け3連休最後の日が練習日です。
2つ目の記事の通り、いよいよ迫ってきました!どうか宜しくお願いします。(^o^)
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

演奏会のご案内(2015年12月後半)

♪2015年12月
♯2015年12月19日(土)14:00開演
  香川・高松市 アルファあなぶき 小ホール
  Sプロジェクト クリスマスコンサート4・・・終了★
   ☆出演:Sプロジェクトの白井 奈緒美門下の
         小、中、高校生、一般のサクソフォーン愛好家
      
♯2015年12月19日(土)19:00開演
  香川・高松市 アルファあなぶき 小ホール
   白井 奈緒美サクソフォーンリサイタル7 「輝」・・・終了★

♯2015年12月21日(月)19:00開演
  岡山・倉敷市芸文館アイシアター
      12月23(水・祝)19:00開演
  東京・台東区 東京文化会館 小ホール
  クローバー・サクソフォン・クヮルテット 
   結成10周年記念リサイタル・・・終了★

♯2015年12月22日(火)19:00開演
  愛知・名古屋市 ドルチェアートホールNagoya
  堀江 裕介サクソフォンライブ in  Dolce vol.1・・・終了★
   ☆出演:Harp・山地 梨保、Pf・中根 浩晶、Sax・河合 佑里奈
    
♯2015年12月25日(金)14:00・19:00開演
         26日(土)14:00開演
  愛知・名古屋市 千種文化小劇場 ちくさ座
  コトダマ×オトダマユニット 
   妄想会議コンサート 音即是空・・・終了★
    ☆出演:声とことば・白樺 八靑&Sax・竹内 幸枝、所 克頼

関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その6-ラ・スース ANN チャペルコンサート

今日は、クリスマス・イブ☆ですが、残念ながらいつも通り仕事なのが日本です。
ハーフマラソン大会が終わってまだ数日ですが、どうやら治り切って無かった鼻風邪が
ぶり返してきました。。(>_<)

さて、先週金曜日に行ってきた、ディナー付き演奏会について。


私が通うジムの親会社が、元々ブライダル事業をされており、ジムの近くの自社ビルに、
写真のようなパイプオルガンを所有されています。故・辻 宏氏が制作した、世界的に有名な
辻オルガンです。2年前には、ジム主催のパイプオルガン演奏会&ディナーで、専属オルガニストの
演奏を聴きました。
辻氏の晩年の弟子に当たるイタリアのオルガニスト ロドルフォ・ベラッティ氏が、
昨年末にもここで演奏されていたそうですが、今年はイタリアのSax奏者 エマニュエル・フレジオ氏も
帯同とのことで、聴きに行くことにしました。とはいえ、フレジオ氏の情報はFacebookで
ヤナギサワのユーザーであることや、チラシにある経歴以外に、事前情報は何も無い状態。
たまたま見つけたHPで、ベラッティ氏とは盛んに活動されている様子を垣間見ました。


詳細のプロフィールを見ると、イタリア・スイス・イギリスで学び、フランスの
GAPやハバネラ・アカデミー等でも学んだと思われます。プログラムは、写真の通り。
Saxのオリジナル作品としては、八木澤 敦司氏・ジュナン・サンジュレーを取り上げていました。
まさか、八木澤氏のコンチェルティーノを、こんな形で初めて聴くことになるとは。
フレジオ氏の音は、ヤナギサワ特有のストレートな音質ながら、丸みを帯びた柔らかな質感でした!(^^)
残念ながら、ソプラノ&アルト共に使用モデルや、マッピやリガチャーやリードも
使用メーカーは判らずじまい。


休憩無しで1時間演奏を聴いた後、パーティ会場でディナー。
相席で知らない方ばかりでしたが、直ぐに打ち解けて楽しく過ごすことが出来ました。
特に、美容事業の方の美容院の顧客の方々が多数来場されてたようです。

最後に、演奏家のお2人にもご挨拶。 写真左がオルガニストのベラッティ氏、
右がフレジオ氏。
フレジオ氏とはFacebookでメールでのやり取りをしていましたが、このような形で
お会い出来て、感激ひとしおでした。コンサート中、ヤナギサワ本社やヤナギサワ・
クロッシュに訪問したことも紹介されてました。後日、Facebookのフレジオ氏のページには、
来日した時の写真が多数アップされており、初来日を満喫された様子を見ることが出来ました。
また、何かの形で是非演奏を聴くチャンスがあればと願っています。(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

水球男子日本代表 男子ポセイドンジャパン リオ五輪出場決定!

リオ五輪代表が続々と決まる中、中国で開催されていた水球のリオ五輪最終予選で、
男子代表がなんとロス五輪以来32年ぶりに!五輪出場が決まったというニュース。

今回注目されたのは、代表選手の中にフジテレビ「テラスハウス」のメンバーだった選手が
いることもあるでしょう。私は一度も観てませんが、若い世代に人気があった番組、
影響力は大きいでしょうから。

そして、水球に関する芸能人なら、歌手&俳優 吉川 晃司。早速、コメントが出てました。
広島・修道高時代は、五輪代表候補だったとのこと。
つい先日最終回を迎えたTBS「下町ロケット」では重要な役どころを演じて、注目を浴びたところに
この吉報、しばらくは露出度が増えるんでしょうね。(^.^)

女子は、残念ながら出場権を逃し、アベック出場はなりませんでした。(>_<)
その分、男子の活躍に期待します!\(^o^)/
関連記事

ライブ8題・その5-名古屋音楽大学 第39回オーケストラ定期演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール

2015年、いよいよ残り10日となり、各地で第9を聴いたなんて話を多数聴くようになりました。

さて、駆け足で今月後半聴きに行った演奏会について。


久々に、名古屋音楽大学のオケ定期に行ってきました。
お目当は、もちろんピアニスト・田村 響氏!(^o^)
オール・ラフマニノフ プログラムで、ピアノソロはピアノ協奏曲 第2番が聴けるとなれば、
もう行くしか ないかと。(^.^)しかも、入場無料!そんな訳で、18時半開演だった為、
遅れて到着した時には、案の定大入り満席に近く、3Fを案内されましたが、運良く下手
バルコニー席でピアニストを真下に拝める席を確保しました。(^o^)
実は、ラフマニノフのピアコン2番を生で聴くのは初めて。
音源で様々なピアニストの演奏を聴いてきましたが、ロシアの大地を思わせるダイナミックに
弾きまくるというイメージがありました。しかし、田村氏の演奏は、やや遅めのテンポで美しく繊細な音が響き渡り、予想を覆されました。
彼らしいと言えば、そうなんですが。演奏後は、ブラボーの嵐。管楽器のソリストも好演でしたね。

後半の交響的舞曲も、初めて生で聴きました。1楽章のSaxソロは、大学院生・國領 さおりさんでした。
良く見える位置で聴けて、良かったです!
音源だけでは解らなかったフレーズの掛け合いや楽器の使い方、改めて驚きの連続。(・・;)
アンコールは、やはりな選曲でしたね。(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2015愛知池ハーフマラソン 自己ベスト更新で完走!


先週末の30km走に続いて、参加してきた昨日のハーフマラソン大会。
2週続いての大一番、足が持つのか?!とやや心配ながらも、エントリーしたのでした。

愛知池は自宅最寄駅から2駅・車で10分ぐらいの距離なので、朝早過ぎない時間に
出ずに済むのが助かりました。気温がかなり低くかったですが、昼間はそこそこ気温が
上がると予想して防寒対策をして行きました。
大会開催が未だ2回目ということで運営面が心配でした。昨日は寒かったこともあり、
ハーフマラソンの受付終了の9時前に参加者が殺到。案の定、案内係のスタッフの対応がまずく、
待たされて少し焦るも、早めに到着したのでまずまずの時間に登録が出来て良かったです。
ハーフマラソンだけで参加者は約1000人弱、女性はWCで待ち過ぎることもなく、
アップジョグ出来る時間もあり、その後もう1回WCに行ける余裕があった程。
男性WCが少な過ぎて、かなり気の毒でした。

会場到着時に出ていた雲が、スタート前には綺麗に晴れました!(^o^)
予定通り、10時にスタート。スタート前に、子供達の和太鼓の演奏で励まされました。
コースは、愛知池運動公園内発・グランド着で、愛知池1周7kmを2周+αでハーフマラソンの距離を
走るというもの。途中、緩い上り坂や急な下り坂がありましたが、ほぼ平坦なコース。
流れに乗って走ってみたら、気が付けば1km4分49〜50秒ぐらいで走ってました。(・・;)
ついて行った男性ランナーの方が速かったらしく、途中からペースアップされたのを見送りました。
徐々に落として、4分55〜58秒辺りで15kmぐらいまで我慢。
しかし、段々と足が動かなくなり、1km毎に1秒ぐらい遅くなり、最後は5分3秒掛かりましたが、
こんなタイムで練習してこなかった自分には、信じられないぐらいでした。(・・;)
途中から、1時間50分切れるかも?!と思いましたが、ナント1時間47分27秒でゴール!\(^o^)/
1月の木曽三川ハーフマラソンから、自己ベストを4分以上更新しました!!\(^o^)/\(^o^)/
今月始めまでの体調不良を考えたら、何だか信じられません。。
今回、メリー・フェイス・ランニングクラブの企画で参加しましたが、
7kmのジョギングランに参加した3人のメンバーを含め、全員完走出来ました。(^o^)
私がゴールする時には、メンバー全員が迎えて下さり、感激ひとしおでした。(>_<)


ゴール後は、出された豚汁とトマトとぜんざいを食べ、メリー・フェイスのメンバーと
ひとしきり歓談した後、メンバーと別れてバスで駅に向かい、会場最寄駅から東に3駅目にある
スーパー銭湯で身体をケアし、ひとりプチ打ち上げをして帰宅しました。

いよいよ京都マラソン2016まであと2ヶ月!
この調子を維持しながら、大会に備えたいと思います。
課題の30km以降の走り、何とかしなくては。
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

女子サッカー 澤 穂希選手 電撃引退発表


3日前の昼間、突然ニュースで流れた女子サッカー 澤 穂希選手の引退発表。
一昨日は記者会見があり、昨日の全国紙 一面トップに掲載されました。
写真は、朝日新聞 朝刊から。

日本代表としてトップレベルのパフォーマンスが出来ないから、というのが
一番の理由とのこと。
W杯 カナダ大会ではスタメンになることは無かったものの、やはりここぞ!
という身体を張った攻守に渡る働きは一番でした。
リオ五輪の最終予選が迫り、考え抜いた結論なんでしょう。
このタイミングの発表は、サッカー皇后杯の終結が間近となり、チームメイトに
キチンと伝えたかったことや、皇后杯優勝を目指してチーム一丸となりたかったからとか。
なでしこジャパン 佐々木 則夫監督も突然伝えられ、戸惑いは隠せない様子。
やはり、替わりはいない選手ですから。

時を同じくして、アメリカ代表のワンバック選手の引退試合が一昨日あったとのこと。
女子サッカーの1つの時代が、正に終わろうとしています。

夏に結婚したばかりながら別居状態、これを機に新たな人生の門出をお祈りする
と共に、
女子サッカーに新たな形で還元&貢献していただきたいものです。
関連記事

テーマ : 女子アスリート - ジャンル : スポーツ

ライブ8題・その4-名フィル 12月定期@愛知県芸術劇場 コンサートホール


そして、翌日の先週土曜日は、名フィル定期のマチネへ。
到着したら、ロビーコンサートの真っ最中でした。(^^)

振り替えの席は、上手側の2Fバルコニー席に。
いつもと逆サイドだけあって、見え方や聴こえ方が違うのも面白いです。

今回は日本民謡の昇華というサブタイトル、冒頭がホルストの日本組曲&メインに組曲「惑星」
という2曲に挟まれて、藤倉 大氏の委嘱新作・フルート協奏曲というプログラムでした。
日本組曲は、ホルストが出会った当時世界的に活躍していた日本人舞踊家・伊藤 道郎氏から
聴いたという日本民謡を元に書かれた作品。残念ながら、伊藤氏本人が聴くことはなく、
ホルストが第一次大戦に従軍する前に初演されたとのこと。
今シーズン中で、一番楽しみにしていた作品の一つでした。哀愁たっぷりのフレーズは、
とてもイギリス人が書いたものとは思えません。
そして、惑星は中学時代からFMラジオのエアチェックで録音したりしたしたが、生演奏は
実に初めて。音源だけを聴いただけでは全く判らなかったパイプオルガンの入り等、
聴きどころ満載でした。

そして、名フィル コンポーザー・イン・レジデンスの藤倉氏作品。
舞台にはピッコロからバス&コントラバス・フルートまでもが並び、フルートという楽器の
奏法&機能や可能性をふんだんに使って表現。
まさか、カデンツァがコントラバスで演奏されるとは。(・・;)
クレア・チェイス氏の切れ味鋭い演奏、何処か武士道にも通じるものが。
終演後のポストリュード、歯医者の予約があり、聴けなかったのが惜しまれます。。


実は、名フィルの前に、中電ホールの名古屋音楽大学Saxオケの演奏会もありましたが、
治療院に行った都合で、後半1曲だけしか聴けませんでした。久々だったのですが、残念でした。(>_<)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その3-サクソフォン・ヴァリエ@熱田文化小劇場

しばらく暖かい日が続いてましたが、昨日辺りから一気に真冬の空気に入れ替わってきました。
忘れてしまってた寒さ、体に堪えます。。(>_<)


さて、先週金曜日は名古屋音楽大学からフランス留学を終えて帰国して3年以内という、
辻 友香里さん・国枝 雅代さん・中島 諒子さんという、3人の若手Sax奏者の方々の
演奏会へいってきました。しかし、肝心な母校の後輩の皆さんは翌日の演奏会を控え、
残念ながら来場出来なかったようです。何だか勿体ない機会な気がしますが、やむなしでしょうか。

それぞれが、Saxオリジナル作品とアレンジ作品をソロで1曲ずつ演奏。
今回、初めて中島さんの演奏を聴きましたが、溌剌とした演奏、非常に印象的でした。
特に、サン=サーンスの演奏にはお見事というしかありません。(・・;)

最後に、尾家 幸枝さんが加わってのカルテットでの演奏。実は、1年近く掛けて準備して
きたとのこと。決め所がバチッと決まったアプシルでした!(^.^)
実は、国枝さん&中島さんの高校時代に、尾家さんが指導されていたんだそうです。

写真はありませんが、打ち上げにもお邪魔させていただいて、大ベテラン先生から
中堅・若手のSax奏者の方々に混じって、楽しいひと時でした。(^^)

東海エリアは年末から春にかけて、まだまだSax関係の演奏会ラッシュは続きます。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その2-三日月 孝サクソフォーンリサイタル@電気文化会館 ザ・コンサートホール

12月も半分が過ぎて、いよいよ年の瀬が迫ってきました。
今月、昨夜で既に5つ目の演奏会に行きましたが、ぼちぼちと書いていきます。


先週水曜日は、三日月 孝先生のリサイタルへ。前回は都合で伺えなかったので、久々でした。

前半は、珍しくT・Saxでの演奏が。何だか、ちょっと意外な気がしなくはないです。
ウォーレイのソナタのみ、A・Saxで。R・ラッシャーの為に書かれただけあり、
フラジオが多用された、アメリカ作品らしい雰囲気を持っていました。
後半のバッハ&シューマンは、B・Saxで。バッハの無伴奏チェロ組曲は、リサイタル毎に1曲を演奏されていますが、今回は3番のハ長調。
2曲共に、自然な音楽の流れを感じさせる力は、大ベテランならではのお力でしょう。

今回、Facebookがキッカケで、高校時代に三日月先生に師事していたと以前から伺っていた
みけやま姉さまがご来名・三日月先生と30年以上ぶりの再会を果たしたという場に立ち合いました。(^^)
みけやま姉さまは、来春4月のナゴヤサックスフェスタの100人オケの指揮者が三日月先生と知り、
参加を検討するとのこと。是非、お待ちしておりますよー。(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート グランプリファイナル in バルセロナ 閉幕&バドミントン BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2015 in ドバイ


先週末のスポーツ界、快挙ラッシュでした!\(^o^)/
写真は、昨日のニッカンスポーツ表裏一面から。

先ずは、フィギュアスケートのグランプリファイナル。一昨日は、男子シングル フリーの
途中から TV観戦。またまた羽生 結弦選手が自己ベスト更新=世界最高得点更新を、
たった2週間のうちにあっさり!?達成してしまいました。。(・・;)
正に、異次元の境地。。年末の全日本選手権、3月の世界選手権が未だ残ってるんですが。
特に、4回転ジャンプが、フリーも出来栄え点が満点!(・・;)
パトリック・チャン選手からスタート、3位の宇野 昌磨選手&2位の地元・スペインの
ハビエル・フェルナンデス選手が立て続けに
自己ベスト更新という演技を披露する中で、羽生選手の最終滑走。
プレッシャーを感じながら、リンク中に響いたフェルナンデス選手に対するゴールに対して、
闘志が湧いてきたというのが羽生選手らしいというか、驚異的な精神力を感じずには
いられません。(・・;)
呆気なく、3連覇達成という偉業を打ち立てました。

宇野選手は、ジュニアからシニアにランクアップして、いきなりの表彰台に!\(^o^)/
村上 大介選手は、ジャンプの失敗が響き、6位でした。
4位は、フリーで盛り返したカナダのパトリック・チャン選手。
5位の中国の金 博洋選手、ようやく初めて観ましたが、未だ未だ荒削りながら高いジャンプを
飛べるし、宇野選手と同い年ということで、様々な可能性を秘めた選手だと感じました。

女子シングルは宮原 知子選手が、ショート4位から自己ベスト更新で逆転2位に!\(^o^)/\(^o^)/
優勝は、ロシアのエフゲニア・メドベジェワ選手。
昨年のジュニアチャンピオンにして、今季シニアデビューからいきなりのチャンピオンに。
とにかく、全てにおいて質が高い技術を持ってるのが、とても魅力的でした。
3位は、同じロシアのエレーナア・ラジオノワ選手、やはり女子はロシア勢強し!!
一方、浅田 真央選手はジャンプの失敗等で精彩を欠き、結局6位に。
胃腸炎と発表がありましたが、ずっと体調が悪かったんでしょうか。無理しないで欲しいです。

そして、バドミントンは全日本選手権を同時に制した若き2選手が、世界大会まで同時に制覇!\(^o^)/
これは、凄いことです。(・・;)バドミントン界からも、目が離せません!!
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

Run up 30km走@庄内緑地公園 参加


12月にしては暖かい日が続き、体調もようやく持ち直して来ました。

昨日は、ランニングステーション・Run unが企画の30km走に参加。体調回復は、この為に
頑張ってきました!

ペースは、今回初めて1km 6分でトライ。最後尾で6分10秒で走る計画でした。
しかし、ペースメーカーの方が5分45秒で引っ張った為に、最後尾の私でも5分49〜47秒に
徐々に上がっていくペースへ。10月末のフルマラソンの30kmまでと、ほぼ変わらない状況に。(^_^;)
最後の5kmはやや辛かったですが(>_<)、最後まで付いていけたのは収穫。\(^o^)/
10人いた集団は、最後は5人になってましたし。

昨日は気温&湿度が高く、無風という気象条件。寒さよりも、この時期珍しく暑さ対策が重要に。
1周2.3kmの周回コースですが、毎周給水は取りました。
今回、finetrackのインナーを着て走りましたが、汗対策に絶大な効果が!(^.^)
お陰で、汗でTシャツがベトついてストレスになることは、全くありませんでした。

来週末は、愛知池ハーフマラソンに出走です。天候が、昨日のようにバッチリ合えば良いのですが。
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

演奏会のご案内(2015年12月前半)

♯2015年12月1日(火)19:00
  東京・港区 JTアートホール アフィニス
  クワチュールベー 第2回演奏会
   〜To“B”Continued… 未来へ続くクァルテット〜 ・・・終了★

♯2015年12月4日(金)19:00開演
  東京・大田区民プラザ 大ホール
  リエゾン サクソフォン アンサンブル 第5回定期演奏会・・・終了★
   ☆指揮:栗田 博文

♯2015年12月11日(金)19:00開演
  愛知・名古屋市 熱田文化小劇場
  サクソフォン・ヴァリエ・・・終了★
   ☆出演:Sax・辻 友香里、国枝 雅代、中島 諒子
   ☆共演:Pf・尾家 幸枝&Pf・倉田 弓

♯2015年12月12日(土)14:00開演
  愛知・名古屋市 中電ホール
  名古屋音楽大学サクソフォン専攻生による
   ~めいおんサクソフォンオーケストラ~・・・終了★
   ☆指揮:瀧 彬友
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その1-クワチュールB 第2回演奏会@JTアートホール アフィニス

ボヤボヤしてたら、12月も折り返しが近づいています。早いなぁ。(・・;)

ということで、ぼちぼち12月に入って行ってきた演奏会について

1(火)に有休を取り、朝9時に来年5月の第5回ぎふ清流ハーフマラソンのエントリーを済ませ、
10時から人間ドックへ。終了後は、いつものように名古屋東急ホテルのランチを急ぎ食べました。

そして、名古屋駅から一路東京へ。國末先生がS・Sax奏者を務められるクワチュールBの
リサイタルが、この日のもう一つのメインでした。
プログラムの通り、時代も雰囲気も全く違う5作品。
モーツァルトは超メジャーなD-durのディベルティメントをしっとりと、切なさのあるウェーベルン、音の楽しみ方を知るようなフィリップ・ガイスの新作、そして、オリジナルは
グラズノフとシュミットの四重奏曲。特にシュミットは、ハバネラQ並みの軽やかさに、
もう唖然とするしかありませんでしたね!(・・;)
JTアートホール アフィニスは、初めて聴きに来ましたが、終演後はさっと東京駅に
向かう為、
最後列近くにいましたが、音響がイマイチで、特にグラズノフは演奏の良さが伝わらないのが
勿体なかったです。前回の、紀尾井ホールなら。。(>_<)
それでも、グラズノフの冒頭の和声の 美しさ・透明感は、ピカイチでした!
アンコールは聴けませんでしたが、ピエルネの守護天使の夜だったとか。

会場には、首都圏内はもちろん、遠方組も多かった様子。
写真は、久々にお会い出来たヴィーヴ!SQのB・Sax奏者・浅利 真さん&浜松交響吹奏楽団の
Mさんと。彼女も、何度か國末先生レッスン会に参加下さってます。(^^)

Bカル結成8年ながら、日本各地での演奏活動や夏のアカデミー参加者等で、毎年ファンが増えてる筈。
今回もチケットは早々に完売、今後もチケットを取るのに苦労しそうなんて、嬉しい悲鳴かもです。(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

フィギュアスケート グランプリファイナル in バルセロナ 開幕


一昨日から、フィギュアスケートのジュニア&シニアのグランプリファイナルが、スペインの
バルセロナで開幕しています。

ジュニアては、男子シングルで昨年のファイナル2位だった山本 草太選手&女子シングルで
ファイナル初出場の本田 真凛選手が、共にショートプログラムを終えて3位に付けています!(^o^)

そして、昨日日本時間早朝の男子シングルでは、羽生 結弦選手が自身の持つ
史上最高得点を更新して首位に!\(^o^)/写真は、昨日の朝日新聞 夕刊 スポーツ面から。
採点表を見ましたが、技術点では4回転ジャンプの出来栄え点が、ナント満点!(・・;)
スピンやステップがレベル3評価にしても、出来栄え点の加算要素が凄い。
芸術点は、表現力が10点満点!!他の要素も9点台ばかり、NHK杯の記録を更新したのも納得です。
昨日の午前中にyou tubeで上がった羽生選手の演技の動画を観ましたが、あんなに綺麗な
4回転ジャンプを観たのは初めてかも。(・・;)現地の放送局の映像で、解説は全て英語でしたが、演技後はしきりにNHK杯のことを
口にしていましたね。
とにかく、アンビリーバブル!を連発してました。(^_^;)
いやー、フリーは一体どんな感じになっちゃうんでしょう?!
宇野 昌磨選手4位&村上 大介選手5位ですが、まだまだ逆転の余地を信じます!\(^o^)/

一方、昨年のソチ五輪を争ったカナダのパトリック・チャン選手が、ナント最下位に。
採点表を見て、何だか信じられない点数でした。。(・・;)

そして、先程終了した女子シングルは、浅田 真央選手3位&宮原 知子選手4位との速報。
浅田選手は、やはりジャンプが上手くハマらないようですね。こちらも、フリーに期待です!(^^)


関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

11月のライブ11題・その11-トゥジュール サクソフォンクヮルテット いつもSax‼︎ スペシャル2015@ドルチェアートホール Nagoya

実は、先月から引張てきた体調不良が、今月に入って、鼻風邪という形で発症しました。(>_<)
未だ鼻声なままですが、今週は寒さもひと息ついて、やや気温高めな日が続いて助かります。

さて、先月行った演奏会も、ようやく最後に。(^_^;)


トゥジュールSQの、東名阪ドルチェ楽器ツアーに今年も行ってきました!(^o^)
ナント、今年で結成20周年ということで、息はピッタリ。
各メンバーがアレンジした1曲を演奏するというおもてなしコーナーを始めとしたお客さんを
楽しませようとする姿勢は素晴らしく、櫛田先生に新作委嘱を依頼されるという
新たなチャレンジや、Saxカルテットの古典的作品を敢えて取り上げたりと、聴きどころ満載でした。
貝殻のうたは、一度は聴いてみたかった作品、歌詞付きで理解も深まります。

終演後は、またまた楽しく打ち上げに参加させていただきました。(^o^)

来春のナゴヤサックスフェスタへのご出演も決まったとのこと、ご一緒出来るのが楽しみです!(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

11月のライブ11題・その10-雲井 雅人サックス四重奏団 第13回定期演奏会@ドルチェアートホールNagoya

12月も早やら1週間が経過、2015年もあと23日です!(・・;)

さて、先月半ばから今月初めに掛けて、立て続けに3つのSaxカルテットを聴いてきました。


先ずは、雲カル。今回、ゲストにアメリカのSax奏者のケネス・チェ氏を迎えた、
初の定期演奏会が大阪&名古屋で開催されました。
なので、今までのような面白トークは無く、演奏一本のみ。
今回、初めて最前列で聴いたせいか、差音を極めた濃密で分厚いサウンドが迫ってくる!
という印象でした。

プログラムも、アカデミックな内容ばかり。
個人的な注目は、1988年に川崎市で開催されたワールド・サクソフォン・コングレスで
初演されたD・ケックレーのTSUNAGARI。どうやら、初演を聴いていたらしいですが、
残念ながら記憶に無いのです。。チェ氏が、雲カルとはひと味違う熱のある音楽を
聴かせて下さいました!そして、ヴィラ=ロボスでは、しっとりと。
チェ氏と雲カルという組み合わせは意外でしたが、やはり元は雲井先生同様アメリカで
学んだという繋がりやスタンスの共通点になるんでしょう。また、是非再公演を望みたいです!(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

5年ぶりのM-1グランプリ トレンディエンジェル優勝

スポンサーがUNIQLOに変わって、5年ぶりに開催されたM-1グランプリ。
決勝に残ったコンビも新顔が増え、審査員はお笑い界の重鎮では無く、過去10回のチャンピオンから
ネタ作りをしている側の芸人を揃え、MCに今田 耕史&産休からの初復帰となる女優・上戸 彩と、
話題には事欠かなかったかと。

残念ながら予定の関係で、TVOAは観れませんでした。(>_<)

優勝は、昨年のTHE MANZAI 準優勝だったトレンディエンジェル。
敗者復活戦からの大逆転、やはり期するものがあったんでしょうか?
以前のスポンサーがオートバックスだった時は、副賞にCM出演がありましたが、
今回は流石に無いですね。(^_^;)
ファイナルラウンドには、他にジャルジャルと銀シャリという実力派が揃ってた様子。

さて、来年以降の開催は、どーなるんでしょう?
関連記事

テーマ : M-1グランプリ - ジャンル : お笑い

第69回福岡国際マラソン マカウ選手連覇達成

昨日、TV観戦した福岡国際マラソン。
いよいよリオ五輪の代表選考に向け、最終コーナーに掛かってきました!(^^)
今回、川内 優輝選手出場ということもあり、更に注目度アップ。
テレビ朝日は、現場リポートにナント松岡 修造氏を投入する気合いの入れ様でした。(^_^;)

スタート直後から、レースは波乱含み。
世界記録保持者のケニアのキメット選手が、5km過ぎから遅れ始め、ペースメーカーが
慌てる状況に。結局、早々に棄権。
そして、川内選手は5kmの給水を取り損ねるミス。
更に、10km過ぎから遅れ始め、最後まで先頭集団に追い付くことはありませんでした。
左足に水を掛けたり、必死の形相。途中で追い上げるも、結局8位入賞とはなりましたが、
日本人4位となり、現状だとリオ五輪選考外に。
左足に原因不明の痺れが出て、どうにもならなかったとか。
好調と伝えられてましたが、やはり五輪選考には魔物がいます!(>_<)

先頭集団は、早々に数名に振り落とされ、NTNに所属するモンゴルのバトオチル選手も
途中から遅れ始めました。昨年は3位だっただけに、優勝争いに絡むとばかり思ってましたが。
最後は、ケニアの2選手とエチオピアの選手に割って入ったのが、旭化成の佐々木 悟選手。
2時間9分に差し掛かる間際に、8分台で3位・日本人1位に。
これで、五輪選考レースに初名乗りを挙げましたねー。
優勝は、世界歴代4位のタイムを持つ、ケニアのマカウ選手。
余裕のレース運びは、圧巻でした!(^^)

男子のリオ五輪選考レースは、残り東京マラソンとびわ湖マラソン。
こちらは、どんなドラマが待ってるんでしょう?!
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

2015Jリーグチャンピオン サンフィレッチェ広島

今週末の大きなスポーツニュースと言えば、先ずはサッカーJリーグチャンピオンシップでしょう。

チャンピオンシャーレを掲げたのは、やはりサンフィレッチェ広島。
今年から2ステージ制にまた戻り、2ndステージ優勝の勢いそのままというところ。
決勝の2戦共に、サンフィレッチェ広島の流れでしたね!
まだ天皇杯やクラブW杯が残ってますから、どうなるか要チェック。(^.^)

しかし、森保 一監督の優勝インタビューのコメントは、いつも笑えます。(^_^;)
対戦相手だったガンバ大阪は、長谷川 健太監督。
J2→J1昇格を果たしたアビスパ福岡は、井原 正巳監督と、ドーハの悲劇を経験した世代が、
次々と監督として成功し始めているのは、何だか皮肉な気がしますが。。
関連記事

テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

11月のライブ11題・その9-セントラル愛知 11月定期@三井住友海上しらかわホール

12月に入り、早くも最初の週末がやって来ます。早いなぁ。
先月書き残した、3つの演奏会があります。(^_^;)


先ずは1つ目、セントラル愛知 11月定期から。
音楽監督のレオシュ・スワロフスキー氏&コンミスに島田 真千子氏のコンビでの、
ドヴォルジャークプログラム。
弦楽セレナードは作曲家が未だ駆け出し時期で、繊細ながらも瑞々しさに溢れた作品。
出だしの密やかさがとても良かったのに、観客の誰かがビニール袋をガサガサさせる音に
打ち消されたのが、本当に残念。。余りに、無神経過ぎるのでは?(ーー;)
次のが管楽セレナードは、Vc&Cbが加わった意外な組み合わせ。

後半のチェコ組曲は、交響曲までの規模は無くとも、音使いに後々の片鱗を感じさせる部分が多数。
最後に、スワロフスキー氏が客席に向かってドヤ顔しながら締めるのは、もはや定番?(^_^;)
終演後は、サイン会もありました。

来シーズンの定期の演目チラシが挟み込まれていましたが、やはり目玉はスターバト・マーテル
でしょうか?!楽しみです♪(^^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

2015ユーキャン新語・流行語大賞に異論続出!?

一昨日発表となった、新語・流行語大賞。
ここ最近は、その年に大ブレイクしたお笑い芸人が受賞し、年明けまで何かと
話題になってました。

今年は、爆買いとトリプルスリー。
爆買いは、中国からの観光客の皆様の豪快さを表していて、新語に相応しいでしょう。
しかし、トリプルスリーは打率3割・30盗塁・30本塁打というプロ野球における年間の
選手の結果を表した言葉で、新語でもなく、流行語でも無いのでは?野球好きな私でも?!な結果です。
もちろん、同時に素晴らしい結果を出した柳田 悠岐選手&山田 哲人選手には、全く罪はありません!
五郎丸・まいにち、修造!まだしも、多くは政治色が強すぎて恣意的過ぎるのでは?
と嫌悪感さえ抱きましたが。

かえって、ユーキャンより先にグーグルジャパンが発表したという、google検索による
年間流行語ランキングの方が、確かに時世を現してます。
大賞はマイナンバー、お笑い芸人ネタではラッスンゴレライ・あったかいんだから・
火花がランクインしてました。他、北陸新幹線・ドローン・おにぎらず・モラハラ・
大阪都構想・エンブレムがランキング上位だとか。

来年は、もうちょっと面白さがあると良いなと感じる年の瀬です。
関連記事

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

訃報・漫画家 水木 しげる

とうとう、この時が来てしまったのか!と思わせた漫画家 水木 しげる氏の訃報。
我々世代にとっては、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」を何度も観て育っただけに、
何とも言えない想いがあります。

実は、鳥取県境市出身ということで、自宅から車で1時間という近さ。
水木 しげる記念館には、もちろん行っています。
全国的にはやはりNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」を、向井 理&松下 奈緒という
コンビで水木 しげる夫妻を演じたことが大きかったかと。
一挙手一投足まで報道され、老いてなお好奇心旺盛さに驚かされました。

しかし、ハタチそこそこで第二次大戦に駆り出され、死の淵を彷徨った様子を
後世に伝え、我々日本人にとっての戦後とは?と、常に課題を突き付けられた
思いがしました。

40過ぎまで日の目を見なかった苦労人、報われて今頃は妖怪たちの仲間入り中
でしょうか?!ご冥福をお祈りします。
関連記事

テーマ : 訃報 - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP