プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

2014年度終了





勤務先自社ビル内に所属部署が移転してから、間もなく早や1年。
ソメイヨシノの桜が満開となった名古屋市内、昼休憩中にまたまた勤務先近所の
カトリック教会の桜を眺めに出掛けました~。(^.^)
明日から天気が崩れる予報とのこと、晴れた中では最後のチャンスだったかも。

年度最終日でしたが、意外にも様々なことが早く終了し、朝から事務所内は
ややノンビリムード。月内の成績もまずまずだったので、上司は1人ご機嫌
でしたが、粛々と様々に業務をこなさなきゃならない我々下っ端にとっては、
まぁそんな感じです。(^_^;)

締め時間が早まり、今日は早く帰宅!\(^o^)/と決めて終礼に臨みましたが、
社内から嫌な電話が。とあるヒューマンエラー?!からくるミスが発覚(>_<)、
修正・調整作業の末に、結局21時過ぎに退社しました。
やはり最終日は、タダでは終わらなかったです。。・゜・(ノД`)・゜・。


今年度、いきなり事務所移転からスタートし、色々整わないまま落ち着かない日々が
続いたり、夏以降は業務移管による残業激減があったり、お盆過ぎから仕事前の
名古屋城朝ランをスタートしたり、1マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知に仕事で
参加したり、春を前に7月に移管した業務が期間限定で戻ってきたお陰で今月残業続き
だったり、振り返れば変化の大きかった1年でした。

明日から新年度、社会人24年目に突入します。
仕事としては、新たなプロジェクトが加わりそうな予感。明日から、また頑張らねば!
今年の仕事用カレンダーは、地元の全国的人気ゆるキャラ・しまねっこのもの。
疲れた時には、癒されてます。(^^)
関連記事

テーマ : 職場でのできごと - ジャンル : 就職・お仕事

フィギュアスケート 世界選手権 男子シングル 羽生 結弦選手&女子シングル 宮原 知子選手銀メダル!

先週木曜日から、中国・北京で開幕したフィギュアスケートの世界選手権。
一昨日は、男女共にシングルのフリーが開催されました。

女子のショートプログラムは、運良く最終グループかからTV観戦、ロシア選手の
上手さや強さを見せ付けられました。
特に、トゥタミシュクワ選手の女子選手史上6人目のトリプルアクセルジャンブの成功!
インタビューでは、男子は4回転ジャンブを3回プログラムに入れることが鍵に
なっているのに、女子も進化しなくてはと話していたのが印象的でした。
2位に昨年のジュニアチャンピオンでロシアのラジオノワ選手が、こちらも見事な滑り。
日本選手は、3位宮原 知子・4位本郷 理華・5位村上 香菜子各選手となり、
予想以上の大健闘ぶり!

フリーは観戦出来ませんでしたが、金メダル・トゥタミシェワ&銀メダル・宮原&
銅メダル・ラジオノワ各選手となり、宮原選手が逆転しての表彰台へ!!\(^o^)/
6位本郷選手&7位村上選手が入賞し、女子は来年も代表3枠維持となりましたー。

男子は、最終グループをTV観戦出来たショートプログラムで羽生 結弦選手が
自身の今季最高得点で首位に!(^o^) 2位スペインのフェルナンデス&3位には
カザフスタンのテン各選手が順当に付ける状況。しかし、テン選手は演技冒頭で
音楽が出ないという不運なアクシデントが響いたのか、点が伸びなかったとか。
更にそれよりも深刻だったのが、日本選手は他2選手。
20位台と全く振るわず、来季の日本の代表3枠を失う危機に。。(>_<)

フリーはTV観戦出来ませんでしたが、フェルナンデス選手が完璧な4回転ジャンプ
3回を飛んで、羽生選手を僅差で逆転!初の金メダルを獲得しましたー。(^o^)
羽生選手は、残念ながら4回転ジャンプを2回共に失敗し、銀メダルに。
しかし、全日本選手権後の手術や捻挫等の苦難にも屈しなかった精神力、そして、
メダル獲得は、どんなアスリートよりも強靭だと思います!(゜ロ゜)
そして、小塚 崇彦選手が13位に入ったものの、羽生選手が2位だったことにより、
結果的に来季の代表枠が1つ減って2枠になってしまうことに。
女子3枠の確保が心配される報道がありましたが、男子の方が余程深刻。。(>_<)

他の男子選手では、昨年のジュニアチャンピオンのカナダのナニ・グエン選手や、
全米選手権チャンピオンになったジェイソン・ブラウン選手等の、10代から20歳
そこそこの新星の活躍が目立ちました。男子も、いよいよ本格的な世代交代の
波が来てるでしょうか?!

今シーズンは、歌詞入りの音楽が使用可能になり、見せ方やメリハリの付け方が、
断然変わりました。やはり、影響は大きかったですねー。(~_~)
関連記事

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

ナゴヤサックスフェスタ2015 第3回練習会










3月も残り数日、いよいよ仕事の忙しさも佳境に。(+_+)
昨日は、8~21時まで仕事してました。。

そんな中、何とかナゴヤサックスフェスタ2015の最後の練習に参加。
とはいえ、流石に疲れて、今朝はすっきり起きれず、午前中の練習にチョッとだけ
遅刻してしまいました。。(+_+)
午前中の選抜オケの練習は、指揮の堀江 裕介さんが仕事の都合で来られない
ということで、実行委員の皆様による指導&特殊奏法に関するレクチャーが、
たっぷり2時間ありました。

天気予報より、早くに雨が降り始めた名古屋市内。
ランチは、練習会場のあるナディアパーク内の地下にあるNORDIC STYLE CAFEで、
ベーグルランチを食べました。美味しかったー。(^.^)

午後からは、三日月 孝先生の指揮で100人オケの練習。
途中休憩では、7Fの7th Cafeでサックスフェスタの告知を兼ねたライブへ。
今回は、Sax奏者・中山 順次さんのソロで、オリジナル作品からプラネル
「ロマンチック組曲」から2曲とシャイユー「アンダンテとアレグロ」、
そして、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のメドレーを聴いてきました。

練習は17時で終了し、えぬ夫と待ち合わせして、名古屋市内でも有数の
桜の名所・山崎川に夜桜見物へ。
ここにに来たのは、何年ぶり?まだ5部咲きとのことですが、充分でした。
朝から降ってた雨は夕方までに上がり、月明かりも綺麗でした☆(^o^)
関連記事

テーマ : サックス - ジャンル : 音楽

演奏会のご案内(2015年3月後半)

♪2015年3月
♯2015年3月14日(土)16:00開演
  東京・新宿区 アーティスト サロン“Dolce”
  梅沢 洋サクソフォンリサイタル2015・・・終了★

♯2015年3月15日(日)10:30開始
  神奈川・川崎市 洗足学園音楽大学 講堂
  日本サクソフォン協会 第12回アンサンブルコンクール 本選・・・終了★

♯2015年3月15日(日)13:00開演
  宮城・仙台市 太白区文化センター 楽楽楽ホール
  第3回東北サクソフォンフェスティバル・・・終了★
   ☆ゲスト:田村 真寛(S.sax)・伊藤 あさぎ(A.sax)・林田 和之(T.sax)・原 博巳(B.sax)

♯2015年3月16日(月)18:30開演
   香川・高松市 サンポート高松第一小ホール
   昭和音楽大学サクソフォーン専攻生 
    有村 純親門下生によるアンサンブルコンサート 高松公演
・・・終了★

♯2015年3月17日(水)18:30開演
  香川・宇多津町 ユープラうたづ ハーモニーホール
  昭和音楽大学サクソフォーン専攻生 
     有村 純親門下生によるアンサンブルコンサート 宇多津公演
・・・終了★

♯2015年3月17日(火)19:00開演
  東京・新宿区 東京オペラシティ リサイタルホール
  B→C 佐藤 淳一 サクソフォン・リサイタル・・・終了★

♯2015年3月24日(火)19:00開演
  東京・板橋区立成増アクトホール 
  板橋区演奏家協会  サクソフォーンワールドⅨ・・・終了★
   ☆出演:金井 宏光、成田 徹、吉倉 昌紀、有村 純親、二見 容士子、國末 貞仁、山浦 雅也

♯2015年3月28日(土)
  香川・高松市 サンポートホール高松 第1小ホール
  SAXOLINKS vol.1・・・終了★
    ☆出演:Sax:浅野 郁恵、吉田 菜緒、天造 智子、豊田 沙希、中村ひかる、野崎 風太
            大藤 雅士、國宗 舞、細川 玲未、青山 千恵、池田 綾子、吉岡千恵
          Hr:田中 良美、Euph:宮武 浩基、Tp:松原 尚子、Piano:市原 珠美&岡田 知子
          Dr:大池 実

♯2015年3月29日(日)13:00開演
  徳島・鳴門市文化会館 大ホール
  四国サックス・フェスタ  in  鳴門・・・終了★


関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

春のセンバツ開幕から1週間

20(金)に開幕した春の選抜高校野球、今日で1回戦が全試合終了。
抽選結果を見て、初戦からいきなりの強豪校対決続出に、驚くばかりでした。

今大会は、県立岐阜商業の高橋 淳平投手が、今秋のドラフト注目選手として
一際脚光を浴びており、初戦は期待に違わぬ活躍ぶりでした。
しかし、この高校は副主将が新2年生を含めて、レギュラー・控え・スタンド
応援メンバーに至るまで、ナント8人も指名され、約70人もの部員をまとめてるんだとか。
試合後のインタビューで、高橋投手が「全員で日本一を取るのが目標」と語っていたのが
印象的でした。

21世紀枠で出場した愛知県の東三河地方に位置する豊橋市の豊橋工は、今日の第1試合に
ようやく登場しましたが、ちょっとした守備の乱れで、勝利を逃してしまうことに。
夏は、県予選から甲子園を目指して行くことでしょう!

昨日の試合では、21世紀枠・松山東vs二松学舎大附属という、あの大作家・夏目 漱石
繋がり対決に。松山東は旧制・松山中が前身ですが、夏目 漱石が教壇に立ち、
小説「坊っちゃん」の舞台になったことがあまりに有名。
一方、二松学舎大附属は、夏目 漱石自身が1年だけ
在籍したんだとか。
監督同士、抽選の時から何かの因縁を感じていたとのこと。
結果は、松山東に軍配が上がり、昨年の夏の大会から注目を浴びた二松学舎大附属の
2年生バッテリーが、まさかの敗退。
昨日の休憩中にたまたま試合を携帯ワンセグで少し観戦してました。
愛媛県勢は昔から県立校が強いイメージがありましたが、21世紀枠での選出とは
思えない、堂々とした戦いぶり。
82年ぶりの出場ということで、旧制中学時代のメンバーを始め、全国各地から集まったと
思われる大応援団が、アルプススタンドを埋め尽くしてました。
流石は、このエリアの名門校ですねー。(^.^)

試合は、いよいよ2回戦に入り、週末にはベスト8が出揃います。
今年の春の頂点は、さて何処に?!
関連記事

テーマ : 高校野球 - ジャンル : スポーツ

ライブ9題・その8-ワーヘリ 名古屋公演@宗次ホール



15(日)は、毎年恒例の日本サクソフォン協会のアンサンブルコンクールが開催され、
一般の部で福島・いわき市で活動中のIBCサクソフォンアンサンブルさんが、
4年連続で グランプリを獲得とのこと、本当におめでとうございます!\(^o^)/
そして、22(日)に開催された全日本吹奏楽連盟主催のアンサンブルコンテストでは、
職場・一般の部で宮崎のピエ・ドゥ・ブールサクソフォンの皆様&石川の金沢サクソフォン
アンサンブルの皆様が、見事金賞を受賞されたとか!(^o^)
いずれも、ベテラン団体ですねー。(^.^)おめでとうございます☆
学校関係では、アンサンブルの季節も終わりに近づき、夏の吹奏楽コンクールに
向けた動きが始まりますね。


さて、先週木曜日には、一度は聴きたかったワーヘリのリサイタルへ。
ユーフォニューム&チューバという、重量級の金管楽器のアンサンブルなんて、
世界遺産級に珍しいという意味で、世界遺産の英語訳から取られたデュオ名なんだとか。
実質は、作編曲家&ピアニスト・金井 信氏を交えたトリオユニットて言って良いのでは?

Euph奏者・外囿 祥一郎氏&Tuba奏者・次田 心平氏は、ソリストとしても超スーパー
プレーヤーですが、この2人が一緒になれば、更にスゴい演奏会になるに違いないと、
開演からワクワクしました。(^o^)
会場内は、中高生を始めとしてほぼ満席に。関西では、500円のワンコインコンサート
だったとは言え、兵庫県立芸術劇場の1200席が満席だったこともあるとか!

前半はアレンジものでのソロ、後半はMCを交えてのトリオでの演奏。
外その氏の演奏は何度か聴いてきましたが、次田氏の演奏は初めて聴きましたが、
Tubaとは思えない柔らかな音に驚きました。2月に聴いた佐藤氏とは、また違う世界観だなと。

MCでは、会場内にEuph・Tuba吹きの皆様がいるかと挙手で確認がありましたが、
私を含めて、それ以外の楽器吹きの方々も多かったみたいですね。(^.^)
また、是非ぜひ来名していただきたいです♪
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

大相撲春場所 横綱・白鵬関 34回目の優勝

大阪で開催される、大相撲春場所。
春場所が始まると、いよいよ春になるなーということを実感します。

今場所も、横綱・白鵬関が、安定感を見せ、優勝回数を34に伸ばす新記録更新となりました。
がしかし、初場所後に審判部を批判した発言で相撲界内外からバッシングに晒され、
結局優勝回数新記録達成の話題が消し飛ぶ騒ぎに。。
春場所も、そのことを引きずるかのように、場所後のマスコミからの質問にも、
ほぼ無言を通す状態に。
行司という審判はいるものの、背後でチェックするのは審判部、しかも、歴代の力士だった
親方陣営というメンバー構成で、他のスポーツ競技と違い、やや異質な部分は
否めない気はします。夏場所に向けて、どのような展開になるのか。

他の力士で目立ったのは、モンゴル力士の新鋭で関脇・照の富士関。
逸ノ城関と同じ鳥取城北高校出身で、先輩に当たるとか。
横綱・白鵬関に、真っ向勝負で堂々と立ち向かい、勝ち星を挙げて話題になりました。
結果、13勝2敗で殊勲賞と敢闘賞をダブル受賞。益々の活躍、期待します!(^o^)
そして、遠藤関の怪我による離脱。夏場所には、流石に間に合わないでしょうか?(>_<)
関連記事

テーマ : 大相撲 - ジャンル : スポーツ

音の輪コンサート2015 3月練習会参加








今月後半、あまりの暖かさに、名古屋気象台では早くもソメイヨシノが昨日開花
したとのニュース。やばい、花見のピークは今月になっちゃいますかねー。(^_^;)

さて、3月下旬ながら、今日は仕事が入らなかったので、音の輪コンサート2015
練習に参加してきました!
練習開始が11時からの為、音出しを兼ねて早めに到着すべく、6時半の地下鉄に乗り、
7時過ぎの新幹線 自由席に乗り込みました。新横浜駅に着いたのが8時半過ぎ、
JR・東急・東急バスを乗り継いで、10時前に会場無事到着。
流石に、3人程しか来てなかったです。(^_^;)

11時からの合奏には、コバケイこと指揮者・小林 恵子氏がご登壇。
今日は、スリランカから一時帰国し、再度現地に戻るんだとか。
4年前より、更に売れっ子指揮者になられてて、本当にお忙しそう。 (+_+)
音楽的な指摘やアドバイスは的確、且つ、シンプルな返しが本当に良いですね。
中学時代は、Flメンバーとして参加されてた立場上、当時からの多数の年長者が
今回も現役メンバーとして参加しているだけに、Flパートにはやや話し辛そう。(^_^;)
夕方近くからは、指揮者・伊藤 透氏により、2曲の練習。
コバケイ先生とはまた違う曲へのアプローチの仕方が、中々興味深いところでした。

2003年に私が初参加した時は、文京シビックホールでの本番でしたが、この時以来、
カルテットで「サクソフォンカルテットのための5つのカメオ」をThunderさん・おがさん・
銀次さんのサクソフォン・アンサンブル なめら~かのメンバー+元メンバーの私の4人で、
開場前のロビーコンサートで演奏することになりましたその為、練習後はカルテット練習。
なめら~か退団後、他3人のメンバーとはそれ以来久々に一緒に演奏することになり、
最初はちょっと緊張しましたが、この作品はなめら~かで何度も演奏してきただけに、
ブランクがありながらも、何だか自然に入り込めたの不思議な感覚でしたねー。(^.^)
有り難いことでした。2003年のロビーコンサート前には、A.リード博士ご本人から
最初で最後のレッスンをしていただきました。サインは、その時の戴き物。
本番まで1ヵ月強、ナゴヤサックスフェスタが終わったら、個人練習を頑張らなくては!

しかし、春休み中だけに、新幹線はどの列車も指定席は一杯。
帰りは、予定通り予約した列車で名古屋に帰還しました。
関連記事

テーマ : 吹奏楽 - ジャンル : 音楽

サッカー 男子日本代表新監督 ハリルホジッチ氏始動!&サッカーの話題色々

今月初め、ポルトガルのアルガルベで開催された女子サッカーのアルガルベ杯、
残念ながらなでしこJAPANは9位と、全く奮わないまま終了。
4年前、女王に輝いたあの姿は、一体何処に行ってしまったのか。。(>_<)
世界ランクは、4位から落ちてるに違いなく。

今や、なでしこスタイルのサッカーが他国の手本となり、フィジカルでは勝てない
となると、どーなんでしょう?ドイツなんて、女子選手専用のクラブハウスや、
グランドを持ってるチームがある程。環境の差は、あまりに大きすぎますね。

男子は更に深刻で、世界ランクは今や50位台前半。
20位台まで上り詰めて、いよいよ10位台も見えてた時期もあったのに。
ブラジルW杯終了後、新監督にアギーレ氏を招聘したものの、昨年秋のアジア杯では
屈辱のベスト16敗退となった上に、アギーレ氏のリーガ・エスパニョーラでの
不正疑惑で、監督交代となる羽目に。ロシアW杯の予選か迫る中、どうなるか?と
思われましたが、新監督としてハリルホジッチ氏に決定。
就任早々、月末の親善試合で指揮を取り、昨日はその招集選手が発表になりました。
監督自らマイクを持ち、選手の写真映像を見せながら、選考理由を語ったとか。
ベンチ外のバックアップ選手の発表もあり、また現在招集中のU-23代表にも
言及したとのこと。就任会見では、自作のデータノートを見せながら、来日までの
2週間でブラジルW杯・アジア杯等の様々な試合映像はチェック済みとも語ってました。
自分自身で、緻密に策を練るタイプと思われますが、間もなく始まるロシアW杯
アジア2次予選に向け、良い方向に向かうことを祈るのみです!

欧州では、チャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグ、各々のベスト8の組み合わせが
発表されましたが、特にチャンピオンズリーグに日本の主力メンバーが誰もいないのは
何とも残念。トップクラスのチームの主力選手が、早く日本にも出てきて欲しい。
また、EURO2016予選に向け、各国代表選手の発表が続いている模様。
こちらも、また面白い試合が楽しみ。(~_~)

そして、2022年カタールW杯の冬開催が、大きな波紋を呼んでいます。
そもそも、6・7月開催が基本のところ、灼熱の中東で出来る訳もなく。(+_+)
その中東エリアでは、テロの危険を怖れて、ロシアW杯のアジア予選開催国の
変更が相次いでいます。
2次予選の組み合わせによっては、日本代表も他人事では決してありません。
関連記事

テーマ : サッカー日本代表 - ジャンル : スポーツ

ライブ9題・その7-SAXOPET! 名古屋公演@ドルチェ・アーティストホール Nagoya





昨日は、朝から快晴の良い天気♪(^o^)
がしかし、天気予報は夜から雨の予報、まさかー?!と思ってましたが、残業を終えて
帰宅する頃には、どしゃ降りでした。(>_<)
今日も夕方までは雨予報、毎週恒例の名古屋城周回朝ランも中止に。
気温急上昇で、先週は霰と雪に震えてたとは到底考えられません。(^_^;)
急ぎ、衣替えを進めなくては。

さて、昨日の続きで、一昨日行ってきた演奏会について。
演奏会タイトルの通り、Sax・雲井 雅人先生とTp・神代 修氏のDuoリサイタルに
行ってきました。
元は、2008年にCDが発売された直後、リサイタルが開催されましたが、残念ながら
名古屋での開催は無かったんです。
今回、7年ぶりのリサイタル、しかもドルチェ楽器 名古屋・大阪・東京店の主催という
東名阪ツアーの開催!(^o^)発売早々に、チケットを購入しましたー。(^.^)

Jazzでは、Sax&Tpでの2ホーンの演奏は珍しくないですが、クラシックの作品は皆無。
Saxが後発楽器なだけに、仕方ないんでしょうか。
今回、フランスの作曲家の小品を、それぞれSax・Tpで演奏し、聴き比べるのと同時に、
小品の良さを改めて見直すというコンセプト。
Saxでは、タイトルは知ってても、初めて聴いた作品ばかり。
音大生やコンクールの実技試験的な大曲よりも、小品にこそフランス音楽の良さや
特性が見え隠れしてるなと、改めて実感しました。
ちなみに、帰宅して探したら、シャイユーの楽譜を持ってました。(^_^;)
リヴィエの作品は、CDで聴くより、ずっと難しいかも(+_+)
邦人作品では、 徳永 洋明氏の2作品。
「海からの手紙」は、湘南育ちらしい徳永氏の思い入れを感じました。

終演後は、7年前に購入したCDに、しっかりサインをいただきましたー。
第2弾のリサイタル、是非早々の開催を期待したいです!(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ9題・その6-東京都交響楽団 創立50周年記念 名古屋特別演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール





名古屋市内は、先週本当に霰や雪が降ったのか?!と、信じられないくらい気温が急上昇。
最高気温が20℃を越えて、そろそろお花見の話も出てきました。

さて、3月も半ばになり、行ってきた演奏会について。
先週末の土曜日は、待ちに待ったエリアフ・インバル氏指揮&都響の演奏会へ。
名古屋で何度か都響の演奏会を聴きましたが、まさかインバル氏がご来名とは!(^o^)
我々世代が高校・大学時代、当時のフランクフルト放送交響楽団とのマーラーの
交響曲全曲録音で、一気にファンが増えました。まぁ、私と言えば食わず嫌いで、
高校の部活の某先輩の勧めにも関わらず、ずっと聴くのを拒んでたことを、今更後悔中。(^_^;)
インバル氏は、都響ともマーラーを全曲録音し、話題になりました。

今回は、ワーグナーとブルックナーの交響曲の2曲。
ともすれば泥臭く野暮ったくなりがちなこの2曲を、スマートかつシンプルでありながら、
スケールの大きい音楽・バランスの整ったハーモニーを聴くことが出来ました!
いやー、全く崩れないというか。
今回、3F正面席前方を取りましたが、大正解でしたねー。(^.^)
残念だったのは、意外に空席が目立ったこと。
学生さんらは、春休みに定期演奏会が多いので、やむを得ないとは思いますが、
勿体無いと思います。

帰りには、都響のCDから、故・朝比奈 隆氏のブルックナーの7番を購入。
我々の学生時代、ブルックナーと言えば朝比奈氏、と言われていたものでした。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

陸上 全日本競歩 男子20km 鈴木 雄介選手 世界新記録達成!

競歩という、ある決まった形を守らなければ失格になる、ルールの厳しい競技。
そんなことをモノともしない時速15kmのスピードで、颯爽と駆け歩いた鈴木 雄介選手が、
日本陸上界で男子選手としては50年ぶりに五輪種目で世界新記録をマークしました!\(^o^)/

しかも、鈴木選手の地元・石川県能美市で開催された大会での快挙。
能美市は、地域的に競歩が盛んで、鈴木選手は中学生時代からのトップ選手だったとか。
ご両親も、さぞや応援に力が入ったことかと。

マラソンや駅伝がTV中継されて久しいですが、競歩もTV中継されたらさて面白いでしょうか?(^.^)
今は、まだ五輪中継ぐらいです。
マラソンは今やアフリカ・中東勢に席巻されていますが、競歩には未だ進出していないだけに、
リオ五輪・東京五輪でのメダル獲得を大いに期待します!(^o^)
関連記事

テーマ : 陸上競技 - ジャンル : スポーツ

ナゴヤサックスフェスタ2015 第2回練習会




今日は、洗足学園音楽大学内で日本サクソフォン協会のアンサンブルコンクールが、
仙台市では東北サクソフォンフェスティバルが開催されたりと、各地でSax関係の
イベント目白押し。29(日)は徳島市で初の四国サックス・フェスタも開催予定、
名古屋のサックスフェスタはその次の週の日曜日です!(^o^)

今日は、第2回の練習に参加してきました。仕事がどうなるか危ぶまれましたが、
何とかセーフ。(^_^;) 会場は、今回に限り名古屋芸術大学の合奏関係の施設になり、
朝からお邪魔してきました。

中に入ると、高い天井に木の板張りの床や壁面!
ここでずっと吹けば、上手くなった気になりそう?!(^^;
午前中は選抜メンバーのSaxオケ、午後からは100人のSaxオケと、朝から夕方まで
吹きっぱなしでした。(+_+)とは言え、選抜オケの曲が練習しきれてないので、
何とかしなくては!(>_<)

来週末の日曜日は、先月参加出来なかった音の輪コンサートの練習、再来週末の日曜日は
またまたサックスフェスタの練習→翌週の来月第1日曜日本番です。
あとしばらく、T・Saxで頑張ります♪
関連記事

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

再びランニングスタート中




静岡マラソン2015から、早や約2週間。
ジムや治療院でケアを続け、ようやく走れそうな感じになってきました。

木曜日の早朝は、名古屋城周回をゆっくりジョギングで1周のみ。
今朝は、グンゼスポーツクラブのランニングサークルに参加する為、庄内緑地公園へ。
メニューは、レベルアップランということで、ジョギングからスタートし、
最後はキロ6分切るぐらいのスピードで走ってました。(^_^;)
リハビリにしては、かなり速い。。
一昨日の朝、走ってなかったら、今日は付いていけなかったかも。(+_+)

昨日行った治療院で、まだまだ足腰の筋肉が相当張ってると言われました。
足の調子をみながら、また少しずつ距離を延ばしていきます。

来週末からはナノハナ・サクラまつりが開催されるということで、園内の花壇の
植え替え準備が進んでましたー。(^.^)
関連記事

テーマ : ジョギング・ランニング - ジャンル : スポーツ

ライブ9題・その4&5-フレッシュ・アンサンブル・コンサートvol.3@電気文化会館 ザ・コンサートホール&名古屋音楽大学 第36回卒業演奏会@愛知県芸術劇場 コンサートホール






今週は、目まぐるしい天気の変わり様でした。
日曜日は最高気温15度ぐらいまで達したと思ったら、火曜日は霰や雪が降る程の
気温気温が急降下。(+_+)水曜日の朝は、屋根や車にうっすら雪が積もり、
早咲きの桜が寒そうに咲いてました。今日は、晴れて暖かく、気温が上がり始めています。


さて、雪が心配された水曜日の夜は2つの演奏会が重なってしまい、ハシゴして聴きました。
まず、プランディール音楽事務所主催の、若手奏者の方々による演奏会。
今回は、Sax・浅井 ゆかりさんが、マリンバとのDuoで演奏会冒頭にご出演と知り、
残業が押しながらも、何とか湯山 昭/マリンバとアルト・サクソフォーンのための
ディベルティメントを聴きました。名古屋に来てから、この作品を聴くのはもう4度目。
マリンバ奏者の方々のアプローチが各々に違う面白さを、いつも感じます。
Saxは、冒頭で何処か懐かしさを感じるようなソロのフレーズ、中間部ではマリンバとの
連動性・機動性を求められる動きもあり、ピアノDuoとは違う面白さがある作品。
今回は、マリンバ奏者・大石 幸奈氏とブルーグリーンで揃えた衣装のように、
爽やかな風を吹かせてくれるような演奏でした!
アンコールは、東日本大震災への追悼を込めたグノー/アヴェ・マリア。

浅井さんのご出演が終了して即移動し、愛知県芸術劇場へ。
名古屋音楽大学の卒業演奏会で、4年生の國領 さおりさんの演奏を聴きました。
到着した時には既に1つ前の方が演奏中で、ギリギリセーフ。(+_+)
シックなエメラルドブルーのドレス姿で、デニゾフ/アルト・サクソフォンとピアノのための
ソナタをエネルギッシュに演奏。
この作品、これまで何度も聴いてきましたが、愛知県芸術劇場 コンサートホールのような
形状のホールでは初めてで、他のホールでは聴こえて来ないような音が飛んでくる面白さが。
國領さんは、今後様々な新人演奏会にご出演予定とのこと。
これから、益々のご活躍をお祈りしたいと思います♪(^o^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

3.11から4年


昨日3/11は、昼過ぎから仕事で外出し、14時46分は客先へ入る直前の時間待ちの
状態だったので、路上で黙祷を捧げました。写真は、今朝届いたばかりの朝日新聞 朝刊一面。

数日前から4年前から現在に至る、被災地の各地の様子をTV・新聞・ネットのニュースで
読んでいますが、このような場に取り上げられない厳しい現実・痛ましい話等は、
沢山あるのではないでしょうか? 自治体による復興格差、原発被害を負った
福島県内での様々な問題。とても、数年では解決出来ないことばかりです。

そして、愛する人を失った悲しみは、時が過ぎても癒えることはないということ。。

東京五輪・ラグビーW杯開催と、4~5年後には国を挙げてのビックイベントが
迫っていますが、その陰で東北の被災地の復興が遅れたりすることはないのか、
注視すべきことかと思います。

最近では、南海トラフ地震の発生は間近ではと、各自治体・我々一般市民の対策は
急務と言われていますが、いつ・何処でその場面に遭遇するのかは、本当に運任せ
としか言いようがありません。
自覚を持って考えなければならないと、改めて思った1日でした。
関連記事

テーマ : 東日本大震災 - ジャンル : ニュース

ライブ9題・その3-セントラル愛知 3月定期@三井住友海上しらかわホール



今朝の名古屋市内、辺り一面真っ白!最後の冬将軍、到来ですね。
とは言え、道路にまで降り積もって、歩くに支障がある訳ではないので、ホッとしました。
たった3日前に、15℃前後まで上がったとは、とても思えません。(^_^;)


さて、先週金曜日に行ってきたセントラル愛知 3月定期について。
今シーズン、レオシュ・スワロフスキー氏を音楽監督に迎えた、ラストの定期演奏会は、
いつものドヴォルジャーク2曲に、後半はブラームスの交響曲第3番というプログラム。
冒頭、団員の方が先月急逝されたのを偲び、バッハのG線上のアリアが演奏されました。

謝肉祭は、本当に生き生きとしていて、聴いてて楽しくなるよう♪(^.^)
チェロ協奏曲は、神奈川フィル 首席チェロ奏者で、セントラル愛知 客演首席チェロ奏者の
山本 裕康氏渾身の演奏!楽章を追う毎に、満々と溢れるような音楽でした。(^o^)
後半のブラ3は、これぞスワロフスキー氏の真骨頂とも言える演奏!!
ここまでやるかという歌わせ方、新しい発見の多かったひと時でした。
所用で直ぐにホールを出ましたが、アンコールのハンガリー舞曲第5番も聴きたかったー。(>_<)

来シーズンも引き続き定期会員を継続したので、またまたどんな演奏会になるのか、
楽しみにしております。(^_^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

東京大空襲から70年


東京大空襲の一晩で、10万人もの民間人が命を落としたという重い事実。
毎年この日になると、児童作家・高木 敏子氏の自伝「ガラスのうさぎ」のことを
思い出します。作者自身が東京大空襲や戦時中に体験した壮絶な真実が、生々しく
描かれており、大変衝撃を受けました。
私が小学校だった頃は、まだ戦後30~35年という時代。
小学校の読書感想文では、戦争に関する本が、多数取り上げられました。
実際に戦時体験をした方々が多数周りにいて話を聞くことがあり、地元・島根県に
隣接する広島県の広島市で終戦間際に原爆が落とされ、小学校の修学旅行では
原爆ドームや平和記念公園に行き、学んだものです。

あれから更に倍の年月が経ち、東京や名古屋に住むようになって、初めて都市型空襲の
壮絶な体験話を聞き、爆撃の跡を見る機会等がありました。
実は、幸いにも地元・島根県は殆ど空襲を受けなかった、数少ない自治体だったんです。

戦後70年が経過し、当時の出来事は我々の世代・その下の世代に、きちんと継承されて
いるでしょうか?今朝の朝日新聞 朝刊では、作家・早乙女 勝元氏の投書が掲載されて
いました。「平和は歩いてきてはくれない」、本当にその通りだと思います。
関連記事

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

名古屋ウィメンズマラソン 前田 彩里選手 日本歴代8位の記録で日本人最高位・3位

昨日、応援に参加した名古屋ウィメンズマラソン2015の結果は、全選手のゴール終了後、
ネットのニュースで知りました。

日本人最高位はダイハツの前田 彩里選手で、2時間22分48秒、15年ぶりに22分台が
生まれたという、日本歴代8位に当たる好記録!(^o^)これで、世界選手権代表は確実ですね。
15kmの給水ポイントで、転倒するアクシデントに遭ったのをモノともしない強靭さは天晴れ!
ホント、名古屋の大会は毎年良い結果が出ます。
前田選手と言えば、昨年の大阪国際女子マラソンで、親子の合計タイムが世界最速という
ギネス認定された選手と言えば判る方もいらっしゃるのでは?
あれからたった1年で、ニューヒロインに駆け上がりました☆

一方、登録選手の一般参加だった三井住友海上の渋井 陽子選手は、スタート時から先頭集団に
絡むことなく13位でした。実は、地下鉄吹上駅近くで、所属会社の方々が多数応援に駆け付けて
いらっしゃいました。沿道の観衆からも、流石は一番の声援が!
渋井選手は間もなく36歳、今回の結果を受けて引退を示唆する言葉を口にしているとのこと、
何だか寂しい限りです。。

優勝は、昨年のアジア大会 金メダリストでバーレーンのキルワ選手。
日本選手が世界のトップに復活するのは、まだまだ遠いでしょうか。
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知2015 おもてなし沿道応援隊 任務完了!






昨日は、朝から雨模様でしたが、今日は朝から良い天気!朝方は寒かったですが、
お昼を過ぎてから、汗ばむ陽気に。先週日曜日の天気を考えたら、うらやましー。(>_<)

今回、事前の集まりにはには参加しませんでしたが、昨年同様に当日は応援に参戦!
全員でお揃いのピンクのジャンパーを羽織って、午前中は地下鉄吹上駅付近、
午後は地下鉄今池駅付近で声を振り絞り、最後はナゴヤドームのフィニッシュラインで、
制限時間・7時間ギリギリに近いランナーの皆さんをお迎えしました。
地下鉄吹上駅では、名古屋市立工芸高校のビックバンドの演奏にノリノリでしたね♪(^o^)

名古屋ウィメンズマラソンは、完走者全員にTiffanyのペンダントがプレゼントされます。
完走したラン仲間のMさんに見せて貰いましたが、今年は桜の花でした☆

名古屋ウィメンズマラソン&名古屋シティマラソン2015ご出走の皆様、気温が上がった暑い中、
本当にお疲れ様でした!\(^o^)/
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

演奏会のご案内(2015年3月前半)

♯2015年3月1日(日)
  東京・杉並区 杉並公会堂小ホール
  サクソフォン・ラージアンサンブル・アイル 第28回演奏会・・・終了★
   ☆指揮:宮崎 真一&ソプリロ・Sax:各川 芽

♯2015年3月5日(木)19:00開演
  東京・台東区生涯学習センター ミレニアムホール
  テアトルサックス第2回公演
   てあとるさっくす~さくそふぉんで綴るおくの細道~・・・終了★
   ☆出演:Sax・中村 均一、宍戸 陽子、瀬川 香織、三國 弘子、粟野 薫、石森 裕子
           松岡 一樹、岩永 俊介、本田 裕美、河原 昌平、伊藤 舞、熊倉 麻衣
           石塚 美妃、中島 麻美、藤井 一弥、水野 かな枝
   ☆ゲスト: 語り手・さわ きょうこ&太鼓・シンゴ&ピアノ・佐藤 友美

♯2015年3月5日(木)18:30開演
  愛知・名古屋市 熱田文化小劇場
  名古屋音楽大学・金城学院大学・同朋高校の
   小森 伸二門下生による交流演奏会 プチフォレ Vol.1
・・・終了★
   ☆出演:小森 伸二
        <門下生>※50音順
        荒瀬 知春、今春 里恵、今村 奈菜、植田 真由、大野 彩、加藤 佳奈、
        川瀬 崇夫、河野 樹、國領 さおり、小島 健太郎、杉山 小裕美、
        田中 侑依、橋本 愛理、豆畑 里奈、水野 雄太、柳田 恵里、山口 慧、
        山本 愛美、渡辺 麗来 
   ☆ゲスト:Sax・堀江 裕介

♯2015年3月8日(日)17:30開演
  愛知・名古屋市 名古屋音楽大学 博聞館4F めいおんホール
  名古屋音楽大学サクソフォン専攻生による 
   サクソフォンアンサンブルの夕べ
・・・終了★
関連記事

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知2015 マラソンEXPO 業務で初参加







いよいよ明日は、名古屋ウィメンズマラソン2015&名古屋シティマラソン2015!(^o^)

実は、勤務先が今大会のスポンサーになった関係で、夕方から出展ブースで仕事してきました。
ちょうど、来場者がピークに達した時間帯、ブースに着いた途端、ブース周りはスゴい人の流れ!
30分毎のイベントの集客対応や、グッズ配布に追われました。

静岡マラソン2015のピンバッチを持参し、ランナーの方々を捕まえては、ランナートークに
勤しみましたー。(^o^)大荷物な方は遠方組と思われたので、どちらから来られたか質問すると、
北海道・新潟・東京・埼玉・神奈川・静岡・滋賀・京都・大阪・兵庫という回答が。
中には、去年の静岡マラソン2014を走ったという方も。(^.^)
20時に終了し、退出しようとしたら、ちょうどフィニッシュラインの準備中の場面に遭遇。

明日は、おもてなし沿道応援隊として、ご出走の皆様のご健闘を心よりお祈りします。(^o^)
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

ライブ9題・その2-小森 伸二門下生による交流演奏会 プチフォレvol.1@熱田文化小劇場








今月、何故か1週目に演奏会行きが集中しております。(^_^;)
ま、中旬以降は仕事がドタバタで、恐らく早くに帰宅出来ないかと。 (+_+)


一昨日は、Sax奏者・小森 伸二さん門下の学生さんによる演奏会でした。
なので、演奏会タイトルは小森さんの苗字のフランス語訳。(^_^;)
非常勤講師をされている名古屋音楽大学の生徒さんを中心に、昭和音楽大学・金城学院大学・
椙山女子学園大学・名古屋大学・同朋高校と、このエリアの縮図的な皆さんの集まりに。

開演が18時半と、やはり社会人には厳しい時間帯で、19時前に到着した時には既に3組目、
金城学院大学の学生さんによるP.ヒンデミット「コンチェルトシュトゥック」の演奏中でした。
プログラムはアンサンブルメインの内容で、所属する学校は違えど出てくる音が均質なのが、
やはり同門演奏の面白さだなと感じました。

ラストは、Sax奏者・堀江 裕介さんをゲストとして迎えての、バッハの2本のバイオリンによる
協奏曲。小森さんとの2本のS・Saxによる演奏は、やはり一番の聴きどころでした!(^.^)

来年以降も引き続き開催されるんだと思われますが、門下の皆様の未来のあるご活躍を
お祈りします。(^o^)
終演後のロビーで、小森さんとの2ショットを名古屋音楽大学 4年生・國領 さおりさん&
金城学院大学 2年生・柳田 恵理さんと。(^.^)
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ライブ8題・その1-エサ=ペッカ・サロネン&フィルハーモニア管弦楽団 名古屋公演@愛知県芸術劇場 コンサートホール






3月に入って、5日目。
気温が、ジェットコースター並みに乱高下しているお陰で、着るものに悩む時期です。(>_<)

さて、一昨日は仕事後にイギリスの名門オケ・フィルハーモニア管の演奏会へ行ってきました。
このオケを、一度は聴いてみたかったのもありますが、首席指揮者のエサ=ペッカ・
サロネン氏だからこそ。この組み合わせで、アップル社のアプリ「オーケストラ」を
使用したTVCMが、昨年後半に世界的に話題になったばかりでした。

サロネン氏と言えば作曲家でもあり、ナント来シーズンからニューヨーク・フィルの
コンポーザー・イン・レジデンスに就任予定とか。何とも恐るべき才能!
そう言えば、今回初めて指揮を見るより前に、作品を既に何曲か聴いています。

プログラムは、今年生誕150年のシベリウスから2曲。
フィンランディアは、冒頭の金管のハーモニーの分厚さには圧倒されっぱなし。
推進力があり、グイグイと引き込まれました。
一転、シンフォニーの2番は、弦楽器の温かみのある滑らかな音からスタートし、
管楽器が軽やかさを表現。特に、2楽章が良かったのですが、やはり3→4楽章の
聴かせどころは、流石としか言いようがないですね!
こんなにも重たく感じなかったシベ2は、初めてかも?(^.^)

そして、高潔で透明感のある響きが印象的だったヒラリー・ハーンのVnソロで、
ブラームスのコンチェルトに溜め息。
この作品、演奏会で何度も聴いてきた筈ですが、何だか全く違う次元でした。
アンコールのバッハも、リリックで素敵☆数年前にあった、しらかわホールでの
ソロリサイタル、やはり行けば良かったと今更後悔。。

サロネン&フィルハーモニア管は、芸術祭でのインスタレーションを発表したりと、
多彩な表現方法を持ち、特にサロネン氏自身がTwitterやfacebookでの発信力がある等、
これまでの巨匠とは違うモデルの指揮者。日本も、こういう方々がもっと増えて、
芸術祭での作品発表などしていただければ楽しいのになと思います。
関連記事

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

ラグビーW杯2019年 日本大会 開催地決定


一昨日の夜から昨日の朝に掛けて、ローカルニュースでも大きく取り上げられた
ラグビーW杯 開催地決定のニュース。愛知県・豊田市は、見事に当選となったようで、
関係者の皆様には、お祝いを申し上げたいと思います!写真は、昨日の朝日新聞 朝刊から。
流石は、トヨタグループでトヨタ自動車と豊田自動織機の2チームを抱えるだけはあります。
もちろん、自治体や企業体の資金力を当てにされているのも大きいとは思いますが。(^_^;)

東京都の新国立競技場、高校ラグビーの聖地・花園ラグビー場の拠点となる大阪府・
東大阪市や、神戸製鋼の地元の神戸市、旧・新日鉄釜石が存在した宮城県釜石市も選出。
他、札幌市、埼玉県・熊谷市、神奈川県・横浜市、静岡県、福岡市、熊本県・熊本市、大分県と、
ラグビーの強豪エリアや、競技場施設が充実しているエリアが順当に選ばれたという印象。
中・四国・北陸地方からはゼロというのが、競技人口等の地域性を表している気がします。

とは言え、一般の国民にこの大会が知られているかと言えば、疑問符が多数。
東京五輪のプレ大会的イベントになるのは間違いないのですが、これからの課題ですね。

ちなみに、東海エリアのもう1つの大きなニュースが、百貨店の売上ランキングの
首位交代・松坂屋→JR名古屋高島屋でした。JR名古屋高島屋開業15年での快挙、
これも時代の流れでしょうか。
関連記事

テーマ : ラグビー - ジャンル : スポーツ

静岡マラソン2015完走!











2回目のフルマラソン挑戦となった静岡マラソン2015、無事に完走しました!\(^o^)/

一昨日と今日の晴天の合間をぬうように、朝から名古屋市内は雨。。(>_<)
始発の地下鉄→ラン仲間3人の方と新幹線で静岡駅に向かいましたが、東に向かって
段々と少し明るくなって行ったような。
しかし、静岡駅に着いて、荷物預かりの会場に向かう途中から、無情にもポツポツと雨が。。
会場の駿府城公園に向かう途中、スタートラインを通過しましたが、
式典を担当するバンドがスタンバイ中。開会式のアナウンスで知りましたが、
静岡市消防音楽隊の皆様だったようです。
そして、静岡県庁前を通過し、ようやく駿府城公園へ到着。

指定された場所へ向かう途中、突然呼び止められたのですが、Sax吹き仲間・H方さん!(^.^)
娘さんが陸上を始めたのがキッカケで、ご自身もマラソンを始め、今やフルマラソンを
3時間台前半のタイムで走りきる、超高速ランナーです。
15000人もの参加者がいる中、奇跡的な出会いでしたね。時間が無かったけど、やはり写真を
取れば良かった。。
荷物預かりの場所に到着しましたが、同じブロックのラン仲間・Mさんは、まだ着替えをされて
いない中で、結局はぐれてしまいました。
静岡駅に到着したのが7:14、荷物預かりの受付締切が7:50、スタートブロック整列締切が8:00と、
日帰り組にはかなり厳しいスケジュールでした。

スタートブロックに並び、足を動かしながら整列を待っていると、8:20前から急に動き出して
気が付いたのが、靴紐の締め方がキツい!ソックスを新調したのはいいけど、感覚が変わって
いるにも関わらず、走るにはキツいと判った時には既に遅し。列は止まることなく、已む無く
スタートラインを越えました。

そうするうちに、雨が本降りに。ジップアップの長袖シャツにランニングを着て、フード付きの
レインコートを羽織り、フードの部分はしっかり紐で固定、キャップを被り、サングラスを
付けての雨対策。そして、ランニング用グローブの上に、モコモコの指なしロング手袋で、
寒さ対策も。しかし、水溜まりに足を突っ込んで靴は濡れるし、ランニングタイツに雨は掛かるし、
モコモコロング手袋も雨が染みるし、やはり悪条件はどうしようもありません。

寒さもあってか、足の調子がイマイチ上がらず、ハーフまで来るのも結構キツかった。
それでも、2時間11分台で通過しました。
いつものように右足から上がらなくなり、30kmまでは何とか頑張りましたが、それ以降は
正に自分との戦い。左足も上がらなくなり始め、前に進むのがやっとの状態。(;´д`)
しかし、前半の貯金が生きて、止まらず頑張れば5時間切れる可能性が高かったのが
唯一の希望でした。
久能海岸では、強風にも関わらず、沢山の静岡市民の方が応援に来て下さいました。
エイドも、バナナ以外に特産の苺やお饅頭が美味しかった。
体調の問題で5回もWCに行きましたが、中が暖かくて反って生き返ったかも?(^_^;)

雨と寒さと自分との戦いの中、ゴール直前では、清水エスパルスのサポーターの
皆さんが迎えて下さいました。ゴール手前も大歓声、何とか5時間を切ってゴール出来て
本当に嬉しかったです!!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

直ぐに荷物を取りに行って着替える前に、スタッフの方にお願いして記念撮影☆
大阪の時は、そんな余裕も無いぐらい、疲れ切ってました。。(+_+)
着替えた後、完走証を貰いに行きましたが、タイムは4時間55分42秒でした。

参加賞を貰って、ようやく他の3人のお仲間に合流。
無料で食べることが出来たマグロの味噌汁で暖まり、JR清水駅から静岡駅へ移動。
駅構内の居酒屋で、静岡おでん・鮪と桜エビと生しらすのお刺身・黒はんぺん等など、
静岡グルメを堪能して新幹線に乗り込み、19時過ぎには帰宅しました~。

今回は、前腿がパンパンになり、階段が手すり無しでは降りれません。。(>_<)
今日は有休を取って、ジムで加圧のケアメニューを受け、治療院でマッサージを受けました。
ジムでも治療院でも、完走報告に大変喜んでもらえました~。(^_^)
しかし、柔軟性・筋力・体幹等など足りないところが多く、まだまだ力不足です。

次回は、5月のぎふ清流ハーフマラソンに参加し、マラソンシーズンを締めくくります。
3回目のフルマラソンを何処にするか、またゆっくり考えたいと思います。
それまでに、体作りをしっかり行いたいです。
関連記事

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 BLOG TOP