2015-01

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

ライブ9題・その7-上野 星矢フルートリサイタル@電気文化会館 ザ・コンサートホール







今月最終土曜日、朝はランニングに出掛け、夕方から2つの演奏会を聴きに行ってきました♪
がしかし、木曜日に行ってきた演奏会を先にアップし、今日の演奏会は、来月にアップします。

木曜日は、前日に続いて電気文化会館で、Fl奏者・上野 星矢さんのリサイタルに
3年ぶりに行ってきました。当時は、初CDが発売されたリサイタルツアーでしたが、
今回は先週3枚目のCD発売記念リサイタルとのこと。
開場前に到着しましたが、既に長蛇の列!流石な人気ぶりを実感しました。
女性ばかりかと思いきや、男性方もちらほらと。もう何度も来名されていますが、
ファンが着実に増えているのかなと。

ロビーに入ると、プログラムらしくない冊子を渡され、BGMとしてピアノ曲が流れて、
既に演奏会前から独特なの空気感が作られていました。
開演してからは、ステージ照明を上げるスピードを曲によって変えたり、間合いを変えたりと
独特の世界観は変わらず。以前聴いたリサイタルでは、まだどこか学生の雰囲気があるにかなと
思いましたが、今やプレーヤーとして堂々とした佇まい。
演奏が凄すぎるのは変わらず、更にパワーアップしたかのようにエネルギッシュな2時間でした。
アンコールは、CDから2曲とボルヌ「カルメン幻想曲」のハバネラからナント最後まで。(^_^;)
終演後のサイン会も、長蛇の列だったことは、言うまでもありません。

次回のリサイタルを聴くチャンスが、また楽しみになってきました。(^.^)
是非、また来名いただきたいです!
関連記事
entry_header

演奏会のご案内(2015年1月)

♯2015年1月10日(土)15:00開演
  愛知・名古屋市 中川文化小劇場
  中日交響吹奏楽団 第46回定期演奏会・・・終了★ご来場ありがとうございました!

♯2015年1月12(月・祝)14:00開演
  東京・ヤマハホール
  上野 耕平 CD『アドルフに告ぐ』リリース記念 コンサート・・・終了★

♯2015年1月24日(土)13:00開演
  神奈川・横浜市 横浜みなとみらいホール 小ホール
  Saxofono Rosso ~遠藤朱実先生を囲んで~ 第10回記念演奏会・・・終了★
    ☆出演:上野 耕平(ゲスト・サクソフォーン)・ 遠藤 朱実(サクソフォーン)
         西尾 貴浩(指揮)・Saxofono Rossoメンバー

♯2015年1月31日(土)19:00開演・2月1日(日)11:00開演
  東京・多摩市 パルテノン多摩
  第34回日本サクソフォンフェスティバル・・・終了★
関連記事
  • MUSIC
  •  comments(-)
  •  trackbacks(-)
  •  top△
entry_header

イチロー選手 マイアミ・マリーンズ入団記者会見

昨年10月末、ニューヨーク・ヤンキースをFAとなったイチロー選手。

MLBで、様々な選手の移籍が話題になる中、決まらないイチロー選手の移籍先に
ヤキモキしてました。(^_^;)その間、黒田 智樹投手が、MLBの複数球団からの
オファーを蹴ってまで帰国、広島カープ入団が決まった時は衝撃でした。
最後は日本でという想いが、強かったとか。

イチロー選手も、帰国してオックスへ復帰か?と書かれたりしましたが、やはりそれは無かった。
熱烈なオファーをくれたという、フロリダにあるマイアミ・マリーンズと交渉の
報道が出たのは、つい先週から。そして、とうとう契約が決定!
ナント、メディカルチェックから、球団幹部が揃っての記者会見が日本国内で
開催ということで、日米合わせて160人のメディア関係者が集まったとのこと。

昨夜のニュースで断片的に観ましたが、球団からオファーを受けた時の気持ちや、
背番号が51に戻って嬉しかった想い、MLB最年長野手ということで年齢的に
4番手の外野手であること、ファンに対しては応援して貰えるよう納得した
プレーをするだけ等など、言葉を選びながらもイチロー語録満載でした。
facebookの球団公式ページには、アメリカ国内から様々な反応が寄せられています。

これまで所属したア・リーグではなく、ナ・リーグの球団ということで、また違った
チャレンジが出来るのも嬉しそう。ちなみに、同じナ・リーグには、サンフランシスコ・
ジャイアンツに移籍が決まった青木 宣親選手が。(^.^)
不惑越えからの新天地での活躍を、ファンとしては期待するのみです。(~_~)
関連記事
entry_header

ライブ9題・その6-クレセントカンパニー@Live DOXY




電気文化会館を出て、Live DOXYへ移動。同じようなメンバーが、10人ぐらい
いらっしゃいました。(^_^;)

こちらでは、名古屋芸術大学 三日月 孝先生率いるクレセントカンパニーのライブ。
メンバーは、名古屋芸術大学 卒業生3名&愛知県芸術大学 卒業生1名という、
前に行った電気文化会館のカルテットとは、偶然にも真逆の構成。(^_^;)

毎回、ライブは各メンバーの門下生の皆様を始め、いつも満席です。
到着した時には、1stステージの終わり掛けでした。
ディズニーメドレー・ミシェル ルグラン メドレーや、ワールド民謡メドレー・
ドリカムメドレーの中に、A.リード博士の「サクソフォン・カルテットのための
5つのカメオ」から3・5楽章が演奏されたり♪(^.^)
途中、ドラムやピアノが入ったり、MCで会場が沸いたりと、飽きさせない工夫に
いつも関心してしまいます。

差し入れには、今回バレンタインデー前ということで、チョコレート系のお菓子に
してみましたー。(^.^)
関連記事
entry_header

ライブ9題・その5-フレッシュ アンサンブル コンサート vol.2 音楽の手紙~親愛なるあなたへ~@電気文化会館 ザ・コンサートホール



いよいよ1月もあと残すところ2日のみ、年明け早々に演奏会本番やマラソン大会と続き、
既に3ヵ月ぐらい過ぎ去った気分ですが。(+_+)

さて、演奏会を聴きに行く予定が、今月は今週に集中しております。(^_^;)
先ずは、昨夜の電気文化会館では、プランディール音楽事務所主催のアンサンブル演奏会へ。
若手Sax奏者メンバーでのカルテットということで、伺いました。
メンバーは、愛知県芸術大学 卒業生3名&名古屋芸術大学 卒業生1名という構成です。
フランスものを軸に、3曲の演奏。
最後のグラズノフの四重奏曲は、グラズノフがロシアを出て、パリで過ごしていた最晩年の作品。
人生の終焉を感じさせるこの曲を、若手奏者の方が無理なく聴かせるのは難しいなと、いつも思う
のですが、曲に合った息遣い・音色・音量、非常に良かったです。(^.^)

残り3組は、残念ながらこの後の予定の為、聴けないまま会場を退出しました。
関連記事
entry_header

全豪オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手 準々決勝敗退&サッカー アジア杯 5大会ぶりの準々決勝敗退

既報の通り、ベスト4進出はならず。。(>_<)

今日の準々決勝・スイスのワウリンカ戦、相手は世界ランク4位とランキングは1つしか
違いませんが、それ以上の差を見せ付けられた今日の試合だったのでは?
何たって、昨年の全豪のチャンピオンです。

ワウリンカ選手はビックサーバー、サービスエースが20本以上決まり、しかも1stサーブから
厳しいところにビシビシ決まっていく展開。とにかく、相手のペースでゲームが進み、
錦織選手らしいテニスを、全くさせてくれず。
2セット連取された第3セットは、劣性からタイブレークまで持ち込んだものの、
チャンスで決めきれず。(+_+)結局、ストレート敗け。せめて、1セット取っていれば。。
今回、フェデラー選手・ナダル選手が敗れていっただけに、ベスト4に進めたら面白かったのに。

シーズンは、まだスタートしたばかり。次のグランドスラムは全仏、5月末まで待ちましょう!

同じオーストラリアで開催されていたサッカー アジア杯、先週の準々決勝では、
UAEにまさかの?敗退。試合開始早々に失点し、30本以上のシュートを放ちながら、
たった1得点。PK戦にもつれ込み、本田選手・香川選手の失敗で、敗退が決まりました。

今回、他国はW杯 ロシア大会予選を見据えて、20代前半の若手選手を起用し、世代交代を
図っていましたが、日本はブラジル大会と変わらないメンバーばかり。
しかも、4試合連続してスタメンは同じメンバーでは、動きが悪くなって当然。
ベテランメンバーの怪我人が続出、準々決勝の最後には、延長戦早々に故障した
長友選手を、交代枠を使い切って変えることが出来なかったという失態が。。

アジア杯の優勝がなくなり、コンフェデレーションズ杯の出場どころか、5大会ぶりの
準々決勝敗退に、W杯出場そのものが赤信号でしょう。
今年から予選が始まるというのに、これでは最終予選まで残る気がしませんね。
関連記事
entry_header

Alfred Reed没後10周年追悼 第20回A.リード音の輪コンサート 結成式&第1回練習










2011年5月の演奏会から、早や4年。その演奏会の最後、参加した我々も聞かされていなかった、
次回演奏会は4年後とのアナウンス。(@_@)

早いもので、気が付けばもうその時がやって来ました!(^o^)
昨年秋の参加者募集開始の情報がSNS上で流れ、Saxパートだけは早々に定員に達する
どころかオーバーしてどうしようかというところ。(^_^;)
特に、A・Saxの定員オーバーの様子を見て、諦めたという元参加者もいた様子です。
私はT・Saxでのエントリーで問題なくクリア、昨日の結成式を迎えました。

昨日は、8時過ぎに自宅を出発、名古屋駅から9時半近くの新幹線に乗車。
楽器と共に、名古屋系のお菓子のお土産持参で。(~_~)
ホームからは、ビル群の再開発の様子を眺めることが出来ます。
1人だったこともあり、自由席にしましたが、広島駅始発のせいか意外に混んでたものの、
何とか通路側の車両先頭の席を確保。
空は快晴、2週間前には雲が掛かって見られなかった富士山もくっきりと。(^_^)

新横浜駅からJR・東急・バスを乗り継ぎ、自宅を出てから約4時間掛けて、練習会場の
川崎市宮前市民館へ到着。4年ぶりに、またここにやって来たという実感が沸いてきました!
既に10人余りが到着済み、今やSNSで連絡は取れるものの、相手の本当の近況はよく解らない
ものだなというのを、メンバーと再会・会話して、改めて実感。
Saxパートは、写真のメンバーで頑張ります♪全員の写真は、本番当日にでも。(^.^)

結成式では、マネージメント会社・API 青山社長からご挨拶。
話し方を聞いていても、段々とお年は召されてる感じはありつつ、情熱は変わらないなぁ。(^_^;)
実は、この日リード博士の誕生日だったのですね!\(^o^)/

1989年~2004年の間、毎年A.リード博士本人の指揮で、ほぼ自作の作品だけを演奏しつづけてきた
この演奏会、2004年9月に作曲者自身が亡くなってからは、2005年追悼演奏会・2011年生誕90年と、
メモリアルイヤーに演奏会が開催されてきました。今年は、没後10年に当たる年。
私は、恐らく参加回数は10回に満たないと思いますが、今回のプログラムは音の輪や何かの形で、
ほぼ全曲演奏したことがあるものの、T・Saxでは初めての曲が殆どかも。
今回、ソリストを招いての作品が3曲もあり、これも聴きどころだと思います。(^_^)

昨日と来月の練習指揮は、Euph奏者・円能寺 博行氏。
高校時代に、音の輪コンサートに参加したのがキッカケで、プロの道を決意したとのこと。
久々にお目に掛かりましたが、雰囲気は以前と変わらず若々しくもありながら、的確な指導ぶり。
出てくる音は、やはり音の輪サウンド。1回の合奏で、曲が通っちゃうし。(^_^;)
「エルサレム讃歌」は、リード博士ご存命だった2004年のプログラムの最後の曲。
この時の本番のたった4ヶ月後に亡くなりましたが、最後の力を振り絞るかのような指揮ぶりを
思い出したら、涙が出そうでした。。(T_T)
今回、コンサートミストレスとして、Cl奏者・桐岡 万葉子氏が招聘されていますが、「ラフーン」の
ソリストの代吹きでは、見事なソロを聴かせていただきました♪(^o^)
時間がある時に、是非お話してみたいなぁ。(^.^)

終了後は三々五々解散となり、Saxパート遠方組メンバーは北へ西へ別れ、東北・東海道新幹線で
帰宅しました。
2月は急に練習が追加となり、予定があって欠席。3・4月は仕事等のスケジュールの都合次第。
先ずは、とにかく練習せねば!です。(>_<)昨日の写真が、HPにアップされています。

さて、今週末はナゴヤサックスフェスタ2015の参加者説明会、またまたT・Saxと共に出掛けます♪
関連記事
entry_header

横綱・白鵬関 新記録達成・33回目の優勝&新記録更新・11回目の全勝優勝


大相撲初場所で、横綱・白鵬関が、13日目にして名横綱・大鵬の優勝回数を越え、
33回目の優勝を決めました!\(^o^)/写真は、一昨日の中日スポーツ 一面から。
二度と有り得ない記録と言われていましたが、亡き大鵬関との約束を果すことに。

そして、昨日の千秋楽で全勝優勝を決めて、新記録に花を添えました。
優勝インタビューでは、奥様の内助の功に対する感謝の言葉が。
体調管理のサポート、3人の子育てをしながら、並大抵の苦労ではないかとお察しします。

数々の難関を乗り越えての大記録達成、本当におめでとうございます!(^o^)
白鵬関も今年で30歳、少しでも長く頑張って、新星の挑戦を受け続けて欲しいと思います。
関連記事
entry_header

19th Anniversary☆



先週水曜日は、私の名字が変わって19回目の記念日でした☆
がしかし、えぬ夫の仕事の都合で予定が合わず、週末の昨日に。

毎年行ってる西洋料理店は私の誕生日に行ったので、昨日は行きつけのお店へ。
旬の魚のお刺身や、早くもメニューに載っていた春野菜の天麩羅を美味しく
いただきました。(^^)

思えば、結納を交わしたのが1995年の年末、神戸市 三ノ宮駅のすぐ近くのお店。
阪神・淡路大震災直後の時期、瓦礫となった建物が未だ多数ある街を歩いたことを、
忘れることはありません。
今年は震災から20年ということで、尚更思い出すことが沢山ありました。

いよいよ来年は20周年、何か特別な企画はあるのかなぁ~と密かに期待して
良いのでしょうか?!(~_~)先ずは2人共、健康に気を付けたいと思います。
関連記事
entry_header

グンゼスポーツクラブ 名古屋ランニングサークル参加&豊国神社 参拝ラン










気が付けば、1月も残すところあと1週間。
まだ今年が始まったばかりなのに、楽器本番2つにマラソン大会1つを終えているので、
もう数ヵ月経ったような気分になっております。(^_^;)

いよいよ3/1(日)静岡マラソン2015を直前に控え、来週末2/1(日)の2度目の3時間走が
迫ってきました。とは言え、先週末の木曽三山マラソンが終わったばかりのところ、
今週は無理せず1週間しっかり休みました。

今日は、たまたまグンゼスポーツクラブのランニングサークルの日だったので、
参加に合わせてラン再開。
庄内緑地公園に少し早めに着いたので、公園内の短いコースを1周してから合流。
参加者は、いつもより少な目の10人前後。
この時期、小さな大会が各地で行われているせいでしょうか?
スローランの講座でしたが、ストレッチやトレーニングの仕方はいつも参考になります!
園内には、寒桜や寒椿が綺麗に咲いてました。
来月は、公園内でラン関係のイベントが様々ある様子。

終了後、昨年内には果たせなかった豊国神社へ、大阪マラソン完走御礼&静岡マラソン
完走祈願ランを、ようやく決行!先週末同様、本当に良い天気で、気持ち良く走れました~。
参拝した後は、大阪マラソン前の参拝と同様に絵馬を奉納しました。

インフルエンザや胃腸風邪が、子供だけでなく大人にも大流行中。
とにかく、体調管理だけは気を付けたいと思います。
関連記事
entry_header

ライブ9題・その4-地元アーティストによる コンサート・ア・ラ・カルト vol.10@電気文化会館 ザ・コンサートホール




今日の名古屋市内は、早朝から雨模様。
お陰で、毎週木曜日の名古屋城周回朝ランは中止になってしまいました。。(+_+)
同じ市内でも、場所によってはかなり強い雨だった様子です。
まぁ、先週末の大会明けなので足休めとして、今週末にまた頑張ります!(^o^)


さて、昨夜になりますが、電気文化会館 ザ・コンサートホールで開催された
福田音楽事務所主催の演奏会に行ってきました。
奇数月に開催されてきた演奏会シリーズが、今回めでたく10回目を迎え、
記念として最後に所属管楽器奏者による吹奏楽の演奏もありました。

冒頭は、男性ばかりのSaxカルテット「よんじゅうそうだん」。
前回は、リヴィエの「グラーヴェとプレスト」をパワフルに演奏された
記憶がありますが、今回はマスランカ「マウンテン・ロード」。
演者の精神の高みと高揚を求められるマスランカの作品。
集中した気合いで最終楽章に収斂した音楽、お見事でした。

他、マリンバをメインとした打楽器&ピアノのアイリッシュダンスと
ハチャトゥリャン作品は楽しくダンサブルに、木管5重奏による
ドヴォルジャークの弦楽四重奏曲「アメリカ」は、
楽器の特性を最大限に生かしたアレンジ、まるでサロンで聴いてるかの
ような響きがしました。

吹奏楽によるホルスト「第1組曲」は、作曲家・伊藤 康英氏の編曲版。
各パートほぼ1本ずつという当最小限の人数で、Saxはバリトンが無い中、
中低音をスッキリ書いてあり、非常に素朴な響きがしました。
敢えて言うなら、現代の楽器では少人数でも煩すぎることでしょうか。(^_^;)
そして、Sax2名の奏者が加わり、スーザ「星条旗よ永遠なれ」という
マーチの王道で終演に。

3月以降も既にプログラムが決まっている様子、予定が合えば伺いたいと
思います。(^_^)
関連記事
entry_header

訃報・ロス&ソウル五輪 金メダリスト 柔道家・斉藤 仁氏

昨日は、朝から良くも悪くも様々なニュースが駆け巡った1日。

そんな中でも衝撃だった斉藤氏の訃報、スポーツ好きなら彼を知らない人はいない筈です。
私の学生時代の間、日本柔道の最重量級は世界最強と言われ、特に山下 泰裕氏と
全日本チャンピオンを争った戦いは、つとに有名でした。
えぬ夫の大学時代、斉藤氏はまだ現役選手で、実際に試合を観たこともあるとか。
最近、体調が良くないとの話は、柔道関係者には噂になってたらしいですね。

斉藤氏は引退後、国士舘大学 監督や日本代表のコーチ・監督を勤め、特に鈴木 桂治氏との
シドニー五輪 金メダルまでの道のりは有名となりました。
国際大会で振るわない代表選手を憂い、ここ何年かの女子代表でのゴタゴタに奔走、
再生はこれからというところで病に倒れ、さぞ無念の想いだったのでは。

facebookの国際柔道連盟の公式ページで、斉藤氏のことが伝えられると、世界各地から
追悼のコメントが寄せられています。中には、山下氏との試合映像を貼り付ける人も。

国内外問わず、柔道家の目標とされていた方でした。54歳とは、まだ早すぎます。。 (>_<)
心よりご冥福をお祈りします。
関連記事
entry_header

全豪オープンテニス 男子シングル 錦織 圭選手初戦突破!&サッカー アジア杯 日本代表 グループD首位通過!!

週末から、注目の競技が目白押しでしたが、今日はやはりこの話題でしょう。(^.^)
オーストラリアのメルボルンで、注目の2競技が同時進行中。
日本のマスコミ関係者が、大いに殺到中では?

先ずは、昨日から開幕した全豪オープンテニス。
時差が日本時間より2時間も早いということで、平日はTV観戦は中々難しいところ。
錦織 圭選手が今日初戦を迎えましたが、相手はスペインのアルマグロ選手。
世界ランク65位とは言え、過去には世界ランク9位まで上がったこともある実力者、
やはり競った試合となった様子。しかし、錦織選手は慌てる様子なく落ち着いた
ゲーム運び、サービスエースも多数決まり、結果1セットも落とすことなく
3-0で勝利!\(^o^)/ 今回は、目指せ優勝☆なのですが、順調に勝ち進めば、
準決勝でジョコヴィッチ選手と当たるようですが。(^_^;)

そして、6時間後にはサッカー アジア杯 グループDの最終戦のヨルダン戦がキックオフ。
ナント、錦織選手が会場内で観戦中の写真をTwitter&facebookにアップしており、
テレビ朝日の中継でも映ってたんだとか。(^.^)
2戦目のイラク戦は1-0の辛勝、ヨルダンはW杯 アジア予選等で、いつも苦しめられている
相手だけに、苦戦も予想されました。負ければ、グループリーグ敗退の危機。。
がしかし、蓋を開けてみれば、あっさりとは言えなくとも、
実力差で勝ち切った試合でした。(^o^)前半は本田 圭佑選手が、後半は香川 慎司選手が
ゴールを決めて、2-0で勝利!\(^o^)/ 途中交代で入った若手選手らも、中々の活躍ぶり。
特に、武藤 嘉紀選手は香川選手のアシストを決めました。(^.^)

いよいよ、一発勝負の決勝トーナメント初戦の相手はUAEと、中東諸国との試合が続きます。
何があっても、連覇達成は絶対果たして欲しいです!(^^)d
関連記事
entry_header

ライブ9題・その3-グループ・ブランシュ発表会~尾家 幸枝門下生による~@ドルチェ・アートホール NAGOYA






昨日は、一昨日の木曽三川マラソンのアフターケアということで、ジムで加圧&
岩盤浴のメニューを受けて、溜まった乳酸が流れるようにしていただき、随分楽に
なりましたが、まだまだ筋肉痛が。(+_+)


さて、一昨日のマラソンの帰り道、ドルチェ楽器 名古屋店へ立ち寄って、Sax奏者・
尾家 幸枝さん門下生の発表会を途中から聴いてきました。
門下生の京都芸術大学 Sax1年生の福田 彩乃さんは、私と同じ國末門下生でもあります。

到着した時には、東京芸術大学 別科1年生の儀賀 詩織さんが熱演中。
ソロは、最後の男性メンバーお2人しか聴けませんでした。

後半のアンサンブルステージで、デュオ・トリオ・カルテット・門下生全員による
ラージアンサンブルへ。
メンバーは、音大受験を目指す中高生から現役音大生・音大卒業後プロ奏者として
ご活躍中の方々と、幅広い年代のメンバーでした。
それぞれに刺激を受け、切磋琢磨している様子が伺える演奏会でした。

終演後は、福田さんと記念に♪(^.^)
福田さんは京芸Sax1期生ですが、今春の2期生の受験倍率がかなり高くなって
いるらしいとの噂。4月からは、後輩を迎えての活動になるとのこと、益々楽しみですねー。
関連記事
entry_header

第17回木曽三川マラソン ハーフマラソン完走!&女子の部10位!!






1月半ば、この東海地区でも寒波で非常に寒く、場合によっては雪がちらつく時期。
強風に晒された昨日とは一転、今日は早朝は寒かったものの、思いがけず晴天の
良い天気でした♪(^.^)

今日は、岐阜トライアスロン連合主催の第17回木曽三川マラソンのハーフマラソンに
参加してきました。
参加賞はナント土付き大根&Tシャツ、受付横のトラックには山盛りの大根の山が。(^_^;)

この大会、3km・クォーター10.55km・ハーフ・フルの4部門での開催です。
スタートは、大きな大会によくあるタイム順では無くカテゴリー順の為、前列から2番目へ。
晴天に加えて、ほぼ無風と、想定よりかなり条件が良かったこともあり、1km・5分という
今までに走ったことがないタイムで突っ込んで入ってしまいました。(+_+)
そして、10.55kmの周回コースを1周目は51分台で走破!
しかし、後半はジワジワと右足にきてしまい、1kmのタイムは落ちましたが、昨年2月の
犬山ハーフから 6分以上短縮したタイムでゴール出来ました!\(^o^)/
しかも、開催地の岐阜県海津市は市制10周年ということで、10位には副賞が付くとの
事前アナウンスがありましたが、まさか自分が当たるとはビックリ。(~_~)

今回、ラン仲間では4人のうち2人が棄権し、結局T島さんと2人のみの参加でした。
T島さんは、先週のみのかもハーフマラソンに参加されたばかり。
今日は、本来はフルマラソンでのエントリーでしたが、お疲れでハーフで終了に。
2人で会場近くの海津温泉で温まった後、直ぐ近くのうどん屋さんでエネルギーチャージして
帰宅の途につきました。

いよいよ、3/1(日)の静岡マラソンが迫ってきましたが、先ずは完走・可能ならサブ5を
目指します!取り敢えず、来月2/1(日)のRUN-UP主催の3時間走を頑張ります!!(^o^)
関連記事
entry_header

20年目の1.17

この日が、とうとう20年目を迎えました。

今、えぬ夫実家に帰省する度に神戸市内を通過する為、阪神高速から街並みを
眺めることが出来ます。しかし、道路や建物は新しく変わって行っても、
亡くなった方々は戻ってくる訳ではない。大事な人を失った、辛く深い悲しみを
抱えたまま、これまでの20年を過ごされて来られたんだと、新聞・TV・ネットの
記事を読んで、改めて感じました。

今朝、Yahoo!JAPANのトップページには、当時の写真と共に、今後の教訓として
備えるべきことを提示していました。今住んでいるエリアは、南海トラフ地震が
そう遠くない時期に来ると言われています。
地震だけではなく、あらゆる災害に対して、より敏感にならなければと思います。
関連記事
entry_header

ライブ8題・その2-上野 耕平 CD「アドルフに告ぐ」リリース記念サクソフォンリサイタル@銀座ヤマハホール






一昨日の誕生日には、親族・知り合いの様々な方々よりお祝いのメッセージをいただき、
本当にありがとうございました!m(__)m勤務先には、5つ下の男性社員メンバーが
偶然同じ誕生日なので、ひっそり年を取るのが難しくなっております。(^_^;)


さて、今週も終わろうかというところ、先週末3連休の最後の記事を。
月曜日の午前中に大手町・日本橋界隈を少しだけ散策した後、銀座へ移動。
久々に、UNIQLO 銀座店を覗きました。
銀座自体に、海外から物凄い数の旅行客がやって来ているのは一目で判りましたが、
UNIQLOも同様。(^_^;)免税店が増えたり、英語や中国語の表記が増えて、
街の風景が変わりつつありますね。
ヤマハ 銀座店に着いた時、観光客の方々がお店を指して「YAMAHA、YAMAHA!」と
しきりに話してました。流石は、グローバル企業。(^.^)

昨年の発表会の上京中は、前日に渋谷のノナカ・アンナホールで白井 奈緒美さんの
リサイタルに行きましたが、今年は発表会翌日に上野 耕平さんのリサイタルが
あることを知って、速攻チケットを手配!\(^o^)/
ファンクラブ経由でお願いしたところ、ナント前から3番目のど真ん中近くの席でした。
初めて来たヤマハホール、ホールの響きが楽しめる真ん中ぐらいの位置にしたかった。。(+_+)
とは言え、せっかくのかぶりつき席(^.^)、目の前で繰り広げられる圧巻のパフォーマンスを
堪能した次第です。

思えば、ちょうど10年前ぐらいの日本Sax協会のアマチュア・アンサンブル・コンクールで、
とんでもないスゴい小学生がいる!と風の噂を聞いたのが始まり。
そして、須川 展也先生の前でモンティ「チャルダッシュ」を吹いて入門を許可されたとも。
その後、2008年のヤマハの浜松管楽器アカデミーで、まだ高1になったばかりの上野さんの
デザンクロ「プレリュード,カデンツァとフィナーレ」を聴いて、大人びた表現に完璧な技術、
腰が抜けそうな程の衝撃を受けました。。(゜ロ゜)
翌年、2009年の日本Sax協会のJr.サクソフォンコンクールで優勝。
Sax協会のSaxフェスティバルの音源と共に、Jr.サクソフォンコンクール優勝者の演奏が、
Sax協会員全員に配布されますが、上野さんのラーション「協奏曲」は、当時までこの曲を
聴いた中では抜群の安定感で、とても高校生が演奏しているとは思えない完成度に絶句。。
東京芸術大学に入学したばかりの2011年には、日本管打楽器コンクールのSax部門で優勝&
全部門を通じて大賞を受賞。昨年2014年のアドルフ・サックス国際コンクールで2位入賞、
いよいよ今春卒業の東京芸術大学は首席での卒業が決まったばかりとか。
卒業試験で演奏したのは、意外にもグラズノフ「協奏曲」とのTwitterからの情報でした。

一昨年、名門・日本コロンビアからからCDデビューが決まり、昨年10月末に発売、
今回のリサイタルとなった訳です。とにかく、同世代より何歩も先を行く活躍ぶり。
若干22歳ながら、これまでの10年間を集大成するような、今回のリサイタルだったのでは。
CDでは新しい作品からから古い作品へ、アドルフ・サックスの時代へ遡るように
トラックされていましたが、リサイタルは古い作品からほぼ順に演奏。
最後には、全てを凌駕するかのような吉松氏の作品で締め括られた次第。
前半の最後には、年末の東名高速SQのリサイタルでも演奏された東京芸術大学 作曲科
4年生の逢坂 裕氏「サクソフォンとピアノの為のソナタ」の演奏も。
休憩中、偶然逢坂さんにお会いすることが出来たので、年末からの再会となりましたが、
今回リサイタルで作品が演奏されたお祝いを伝えることが出来て良かったです。(^_^)

そして、伴奏ピアニストの佐野 隆哉氏の冷静且つ深みのある表現や音使いが光りました。
佐野氏の伴奏は、Fl奏者・上野 星矢氏のリサイタルで初めて聴きましたが、
特にフランクのヴァイオリン・ソナタでは、ソリストを引きずり込むかのような
音楽のうねりに圧倒されたことが、今でも忘れられません。
今回、席が余りにも前過ぎて、ピアノの音がどのようにホールに響き、満ち渡ったのか、
楽しめなかったのが本当に残念でした。

会場内は、高校生・音大生・若手プロ等の世代が多数集まり、一心にステージを見詰める姿が
非常に印象的でした。終演後のサイン会は、もちろん大盛況!
残念ながら、帰りの新幹線の関係で、早々に失礼した次第です。

いよいよ、本格的にプロとしての一歩を踏み出される訳ですね。
今後のご活躍をお祈りすると共に、また上野さんの演奏が聴けるチャンスがあることを
心から願うばかりです。
関連記事
entry_header

とうとうアラフォー卒業Brithday☆








ということで、とうとうこの日がやって参りました。

四捨五入して、アラフィー。。アサラー・アラフォーというと、まだ若々しさを
感じますが、もうそんなことはうっかり言えなくなります。(>_<)

勤務先では、入社当時にお世話になった方々が次々と定年退職・早期退職をされて、
何だか寂しくて不安になってしまいます。
自分も、いつかは第2のステップを考えねば!と感じる今日この頃です。
健康面でも、何だか不安な症状が出てくると、ドキッとしますね。。(+_+)

今夜は、だんなサマと自宅近所のお店でディナーでした☆(^_^)/□☆□\(^_^)
ちなみに、オードブルとスープとデザートは1人前で、メインとパスタは
取り分けました。(^_^;)
関連記事
entry_header

サッカー アジア杯開幕&全国高校選手権 星稜高初優勝

真夏のオーストラリアで開幕した、サッカー アジア杯。
日本代表は、前回王者として連覇が掛かる大事な大会であり、欧州サッカー界へ
各選手が活躍をアピール出来る絶好の場にもなります。

日本は、イラク・ヨルダン・パレスチナという中東3ヶ国とのグループリーグの戦いに。
特に、イラク・ヨルダンは、これまで何度も苦しめられていた相手だけに、全く侮れず。

昨日の初戦はパレスチナ戦、格下相手に7得点ぐらい挙げたのだとばかり思ってました。
4-0で快勝という報道、前半3得点・後半1得点でそんな風に言い切れる?
パレスチナにとっては、占領下の中での初出場となりましたね。
残りの2試合が、これまで同様接戦になるだろうと思われるだけに、得失点差で
+4は心もとない気がするのは、私だけでしょうか?

そして、昨日決勝戦があった高校サッカー。今年は波乱もなく、強豪校が順当に
勝ち上がったかなと。そして、石川県の星稜が悲願の初優勝!
大会直前、河原監督が交通事故で不在の中、生徒達が結束して掴んだ栄光でした。
特に、キャプテンのプレッシャーは半端無かったでしょうね。。
関連記事
entry_header

皇居ラン&大手町・日本橋へ









3連休最終日。東京都内は、快晴の良い天気でした!(^o^)

午前中は、先ずは8時前から皇居ラン。前日が遅かったので、3周15kmを走りたかったのですが、
2周10kmで終了。何とか、1時間を切るタイムで走れました。
来週末の木曽三川ハーフマラソン、気象条件がかなり厳しいと聞いていますが、どうなるやら。

今回、初めて大手町で宿泊しましたが、静かだし、東京駅も皇居も近いし想像以上に便利でした!
大手町を通過し、皇居ランに向かう途中、読売新聞 東京本社前を通過。
敷地内にあった、箱根駅伝の歴代優勝校パネルを発見しました。
思わず、2週間前の箱根駅伝を思い出しました。

日本橋エリアにも近く、日本銀行 本店を初めて見ました。
そして、日本橋三越からも近かったのですが、約10年前に東京在住に、1度だけ店内で仕事を
したことがあるんです。最高クラスの富裕層顧客を持つお店、外観だけでも圧倒されます。
その真向かいにある、島根県のフラッグショップ・にほんばし島根館に、久々に行ってきました。
松江じゃ中々買えない利休饅頭・源氏巻を、思わず買ってしまいました。(^.^)
そして、ちょうどお腹が空いてきてしまって、隣にある主水で割子そばまで食べてしまった。(^_^;)

その後、TVでよく観ていたCOREDO室町へ。面白い専門店を、直接見ることが出来ました。
その近くにある、福徳神社にもお参りしてみました。名前からして、いいことあるかな。(^o^)

午後の件は、また後日に。
関連記事
entry_header

門下発表会終了、ご来場ありがとうございました!










バンドの本番&門下発表会が終了、やっと!年末年始が終わった気分です。(+_+)

昨日の朝は7時前に名古屋を発って、新幹線で東京へ。
途中、富士山の山頂付近だけ、何とか見れました。(^_^;)

先ずは、新宿区内の某リペア室へ。S・Saxの調整を半年以上しておらず、特に音が出づらい
という不安を抱えた状態でしたが、今月から第2土曜日も営業の旨の案内が年賀状で届き、
新年早々に予約を入れて駆け込んだ次第。本当に助かりました。(+_+)
他にも、社会人らしき方々が多数来店されてましたね。

同じ新宿区内のドルチェ楽器 東京店で練習した後、文京区の同仁キリスト教会へ。
目白台周辺、東京在住時に何度か来たことがありましたが、今回10年ぶりでしょうか?
同仁キリスト教会は、以前から様々なリサイタル会場になっていますが、私は初めて伺いました。
セッティング準備中やゲネプロで響きを確認しましたが、中々良い残響感。
ただ、ゲネプロでは時間があまり取れなかったのと、緊張で走り気味だったので余裕無く。
本番は、出来るテンポで落ち着いて集中することだけを考えようと言い聞かせました。

ピアノの生徒さんからスタートし、中盤からSaxメンバーの演奏もスタート。
私は、社会人メンバーが3部に集中するプログラム順で、私は3部冒頭の出演順でしたが、
休憩中にお知り合いの皆様が多数来場して下さった姿がちらほらと。
遅い時間にも関わらず、ありがとうございました。m(__)m
本番は、特に1・2楽章でミストーンをやらかしまくり、流石に練習開始3ヵ月では厳しかった。。
残念ながら録音を聴いても全く満足いくレベルでは無いので、またの機会に今回の作品や、
他のバッハにトライ出来たらと思います。
他の学生・社会人メンバーも、毎年ながら各々頑張ってました!参加の皆様、お疲れ様でした!!
最後に、講師お2人の先の演奏による石川 亮太氏の「日本民謡による狂詩曲」。
流石という演奏を、堪能しました。

終了が20時半を過ぎて、21時撤収の為、個別の写真を撮り切れず。
何とか集合写真は、撮影して貰いました。そして、地下鉄の終電までワイワイと打ち上げ。

國末先生のレッスンをスタートして、今年の3月で丸10年。
来年の発表会は節目の10回目、第1回の発表会に参加した者としては是非参加したいのですが、
バンドの本番が1/30らしく、発表会の日に休日練習が入れば難しいかなと思ったり。。(>_<)
関連記事
entry_header

【1/7更新】演奏会直前情報:1/10(土)中日交響吹奏楽団 第46回定期演奏会&1/11(日)第9回ピアノ・サックス合同発表会

46定期
※しばらく2番目の記事として、UPさせていただきます。
 来年早々、2日連続で本番をこなすという暴挙に出ることとなりました。(^^;
それぞれ、ご来場をお待ちしております。

          ★まずは、所属バンドの演奏会です。こちらでは、B・Saxで参加します♪
          中日交響吹奏楽団 第46回定期演奏会
          *日時:2015年1月10日(土)14:30開場・15:00開演
          *会場:名古屋市中川文化小劇場
               ※交通アクセス
               ・名古屋駅より、あおなみ線「荒子」下車 南へ徒歩1分
               ・地下鉄東山線「高畑」下車 4番出口より東へ徒歩10分
               ・市バス「荒子駅」下車 南へ徒歩1分(金山22号系統)
               ・市バス「荒子観音」下車 北へ徒歩3分(金山21号系統)
          *指揮:西谷 容一
          *入場料:前売500円、当日700円
                 ※チケット発売
                  チケットぴあ・名古屋市文化振興事業団 関連施設
          *プログラム
            ヤン・ヴァンデルロースト/プスタ~4つのロマの舞曲
            久石 譲・木村 弓(森田 一浩編曲)/
                   スピリティッド・アウェイ《千と千尋の神隠し》より 他

          ★毎年恒例の門下発表会が、今年は同仁キリスト教会での開催となります。
           私は、S・Saxで参加します♪出演時間は、19時頃の予定です。
           *バッハ/フルートの為の無伴奏パルティータ イ短調BWV1013 
                 第9回ピアノ・サックス合同発表会
          *日時:2015年1月11日(日)16:30開演予定(開演時間決定しました)
          *会場:同仁キリスト教会(東京都文京区) 
         
  
関連記事
entry_header

間もなく全豪オープンテニス開幕!



つい先日、コンビニで表紙買いをしてしまったNumber 最新号。
何たって、地元のヒーロー、いや今や日本のヒーローとなったプロテニスプレーヤー・
錦織 圭選手でしたから!(^o^) いよいよ19(月)から開幕する全豪オープンテニスを前に、
特集が組まれたのでしょう。この雑誌で、テニスについてここまで紙面を割いて特集を
組むなんて、初めてなのでは?
錦織選手の歴代のコーチやトレーナーや、過去一緒にアメリカ留学したメンバーのコメントや、
ライバル選手関連の記事に興味深々でした。
他には、往年の名テニスプレーヤーらの回顧録的な
内容もあり、懐かしく感じたり。

既に2015年のツアーはスタートしており、全豪の前哨戦となるプリスベン国際は、
昨日の準決勝でラオニッチ選手に僅差で敗退。
3セット全てタイブレイクに持ち込まれたなんて、両選手の好調さが伺えます。
さて、全豪では初優勝なるかどうか?
NHKでの地上波OAが決まったらしいので、絶対に決めて欲しい!です。(^o^)

2枚目の写真は、島根県限定発売中のメリーチョコレート。
大雪の為、正月に帰省しそびれましたが、母が他の荷物と共に送ってくれました。
錦織選手繋がりということで、アップしてみました~。(^.^)
関連記事
entry_header

ご来場ありがとうございました♪&明日は門下発表会!





中日交響吹奏楽団の定期演奏会、無事?!終了しました。
いつも利用している名古屋市中心街の名古屋市芸術創造センターのホールが
耐震工事で利用出来ず、郊外の中川川文化小劇場での初開催となりました。

1Fが図書館と併設のホール、エントランスにはホールの催し案内が出ていました。
今日のリハーサル&本番は、ホールに慣れたのもあってか、昨日に比べたらずっと
まとまりがあったかも。
今回、いつものB・Saxだけでなく、「ムーンライト・セレナーデ」では、T・Saxとの
持ち替えがあり、とうとうスタンドを買いましたが、B・Sax用はバンドのメンバーから
借りることが出来て、楽器を倒す等のトラブルも無く、何とか上手くいきました。

今まで利用していない郊外のホールだったことや、三連休と重なったりしたものの、
約300名の皆様に来場をいただきました。
最前列で楽しそうに聴いて下さった男性の方に励まされた思いです。(^_^)

打ち上げは明日になったので、早々に解散に。
いよいよ明日は発表会ということで、練習して帰宅。こちらも頑張ります!
関連記事
entry_header

いよいよ明日♪




新年明けて、仕事初め後の最初の週が終了。
電話を掛けたり掛かってくるものに対して、新年の挨拶から始まりました。

今夜は、いよいよ明日に迫ったバンドの本番の通しゲネプロ練習。
流石に、開始の19時には間に合わずでした。(^_^;)
会場の中川文化小劇場、実はステージどころか客席に座った機会がこれまでなく、
初めてホールに入りました。客席・450ということで、ステージも小さめ。
これまでのホールと全く響きも違い、勝手が違ってちょっと大変かな。
エントラス周りも同じで、準備やら何やら明日は色々大変かも。(+_+)
いよいよ明日15時開演、ご来場をお待ちしております♪(^_^)

名古屋駅からの行き帰りの交通機関は、あおなみ線を利用。
この路線、元は名古屋港から発車する貨物列車の為のもの。近隣沿線住民の足に
なりつつも、荷揚げされた貨物が行き交ってます。夜だったせいか、コンテナを
積んだ車両が行き交うのを多数見掛けました。昼間はJR東海道本線を走ることも
ありますが、恐らく三河地区の工場に向けた荷物を積んでるものだと思われます。
関連記事
entry_header

ライブ8題・その1-名古屋音楽大学 めいおん新春コンサート 室内楽・アンサンブルの夕べ15@三井住友海上しらかわホール





今日は1月7日、暦の上ではお正月も今日まで。
とは言え、月半ばぐらいまでは新春という感じです。(^.^)

昨日は有休を取得し、午前中は家事を様々した後、昼過ぎから治療院へ。
ランニングで、足に自覚の無い疲れや痛みが溜まっており、状態を確認してもらいました。

そして、夜は伏見のしらかわホールで開催された名古屋音楽大学の演奏会へ。
室内楽・アンサンブルの夕べは、何年ぶりかにお邪魔しました。※前回の記事はこちらから。
オーディションで選抜された8組中3組が打楽器アンサンブル、そして講師演奏2つを含め、
10曲中7曲が現代曲・内5曲が邦人作品という、中々見掛けない面白いプログラムでした。
打楽器の皆さんの演奏・パフォーマンスは本当にお見事!、聴き応えありました。

Sax専攻の皆さんは、打楽器アンサンブルの間に挟まった出演順でしたが、長生 淳氏の
八重奏曲を好演。一瞬で、会場内の空気感が変わりましたね。お疲れ様でした!(^o^)
この作品はダブルカルテットということで、女性メンバーの衣装が1st白色&2nd青色と
中々キマってました。(^.^)
プログラムに様々チラシが挟んでありましたが、Sax関係では名音で非常勤講師を
勤められている小森 伸二さん門下初の演奏会チラシが。
タイトルは、なるほど小森さんの名字をフランス語にした訳ですねー。(^_^;)

最後には、講師演奏ということで、Euph・露木 薫氏&Sax・亀井 明良氏による
マリンバとの各々のデュオ作品での演奏。
Saxは、もちろん湯山 昭氏のディベルティメントでした。
亀井先生の演奏は何年か前にも聴きましたが、この作品が生まれた時代の空気を
感じられる故・阪口 新先生門下らしい音色というのは、やはり魅力的です。

年が明けて、次はいよいよ卒業演奏会の季節がやって来ますね。
関連記事
entry_header

夜の大須観音へ初詣





昨日は仕事初めでしたが、暖かくて良いお天気でした。
年末年始の、あの悪天候は何だったんだ?!というぐらい。

夜は、12月まで他部署の責任者をやっていた東京時代の上司が起業の為に退職&
後任者を交えての歓送迎会でした。
会場は、大須観音に近いカフェ兼ダイニングバー的なお店。
21時過ぎまで、新年会的な雰囲気もありながら過ごしました。
部下だった皆さん力作の、メモリアルビデオの披露もあったり。
解散後、真っ直ぐ帰宅しようと思いましたが、せっかく大須観音に近いからと、
暗い中でしたが1人で初詣を決行しました。

商店街は、既に殆どが店じまい済み。
お寺の境内では、縁起物を売っていたと思われるテントを撤収作業の真っ最中でした。
しかし、同じように参拝に訪れる方がちらほらと。
ちょうど満月の夜で、薄明かりの中でしたが、素敵な風景を満喫して帰宅しました。(^_^)
関連記事
entry_header

いよいよ今週末♪



年末年始の休みも、今日が最終日。昨日は、ようやく初詣に出掛けてきました。

今日は、朝から楽器を3本持ち出して、午前中は来週日曜日の本番の練習を2時間。
がしかし、本当に本番を迎えていいのか?!という出来映え。(>_<)
あと少しの間、頑張ります。。

午後から20時まではき、今週土曜日のバンドの本番の練習。
ようやく!、ほぼ全メンバーでの練習が出来ました。

各々に至らないところが多々ありますが、お時間ありましたらお待ちしております。m(__)m
関連記事
entry_header

第91回箱根駅伝 青山学院大学 初の総合優勝!


写真は、今朝の中日スポーツ 朝刊一面。
流石は地元紙、愛知県津島市出身で中京大中京高校から青山学院大学に進学し、
「新・山の神 3代目」となった神野 大地選手が、全面に大映りとなりました~。(^o^)

今日の復路も、青学の選手達は1区間毎に2位との差を1分ずつ広げ、5選手共に
区間賞か区間2位という快走!選手によっては、あと一歩で区間新という状況に。
圧倒的な強さを見せ、10時間50分を切るタイムで総合優勝!!(^o^)
もう、驚きしかないですね。

原 晋監督就任から、11年目の快挙。
当初は、練習拠点も確保が難しい時があったとのこと。
2009年、現在中国電力に所属するOB・出岐 雄大選手が入学した年に箱根駅伝の
予選会を8位通過、出岐選手が本大会の1区を8位走り、大学としても41年ぶりに
シード権を確保したことで話題になりました。その後、出岐選手は注目選手として
取り上げられるようになり、特に2011年の大学2年生の時は2区で11人抜き・5位浮上、
2012年の大学3年生の時の2区9人抜き・3位浮上は、未だ記憶に新しいところ。
出岐選手在学中の青学は、彼にしかスポットが当たらなかった一面もありましたが、
その間にもチームとして着実に人材を集め、力を付けてきたことが伺えます。
原監督の優勝インタビューは、選手への愛情を感じるものでした。

2位に青学から11分差で駒澤大学、3位に東洋大学、4位に明治大学、5位早稲田大学
というベスト5の結果でした。駒大は東洋と、明大は早大と競り合うシーンがあったり、
見所満載でしたね!(^.^) シード権争いも、熾烈を極めました。
結果、東海大学・城西大学・中央学院大学・山梨学院大学・大東文化大学に決定。

超高速駅伝時代の幕開けと、来年以降のチーム作りにどう影響するか?!とも
言えるのではないでしょうか?
関連記事
entry_header

第91回箱根駅伝 青山学院大学往路初優勝

前日の雪が心配されたものの、予定通り朝8時にスタートした、今年の箱根駅伝。

11月の全日本大学駅伝は、駒澤大が優勝。
昨年の箱根で優勝、連覇・2冠を目指す優勝候補筆頭と目されていました。

しかし、蓋を開けてみれば、上位4校の駒大・東洋大・明治大・青山学院大が、
各区間を通じて同じ順位が続いたことが全くない程のデットヒートに!
3区までは駒大&東洋大の一騎討ちか?と思っていたところ、力を付けてきた
明大&青学が追走、4区で青学・田村選手が区間賞を獲得する勢いで2位上昇、
最後の5区では46秒差で独走していた筈の駒大・馬場選手が急ブレーキ。
猛追した青学・神野選手が、10km過ぎで先頭に立ち、軽やかな走りで独走!
昨年までのルートとは違う為、参考記録ながら区間新とも言える走りでゴール!!
青学は、創部97年にして初の往路優勝を果たしました。
いやー、神野選手はゴール後も冷静に歩いてたなんて、本当にタフです。

2位に明大・3位に東洋大、最後1kmで止まりかけた駒大・馬場選手は、必死にゴールに
向かって4位でゴール。体調急変の理由は、麓で大量に汗をかき、山に登って
体を冷やしたのが原因ではないかとのこと。
何があるか判らないのが、箱根の怖さ。。(+_+)

2区は、駒大・村山 謙太選手&城西大・村山 紘太選手が同一区間を走ることでも
注目されました。紘太選手は、8人抜きで区間2位の快走で魅せてくれました!(^.^)

上位が速すぎて、明日の復路の繰り上げスタートは14校になるとか。
まだまだ僅差と言える上位校、明日の復路の結末が楽しみだったりします。(^.^)
関連記事

side menu

side_header

プロフィール

えぬ(別HN・京青)

  • Author:えぬ(別HN・京青)
  • 小2の頃から母の影響で
    プロ野球(巨人戦しか放映
    されない田舎育ち)や高校
    野球を見始め、相撲好きの
    祖父の影響で大相撲を
    見たのがそもそもの始まり。

    オリンピック・世界選手権
    等、メジャーな大会は
    外せません!
    ほぼ全ての競技をTVや
    生で観戦しちゃいます。

Twitter

 

旬の花時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

アクセスランキング参加中☆

blogram投票ボタン

皆様のお住まいは?


ジオターゲティング

今日の運勢は?

ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

MATERIAL

【背景、記事テーブル素材】
レースの壁紙
レースの壁紙 様

【素材の加工】
FC2blogの着せ替えブログ

Powered By FC2 blog